教材一覧
CHALLENGE PROBLEM

【挑戦問題】最大整数関数の微分

問題

問題

実数\(x\)を超えない整数の中で最大のものを\(\left[ x\right] \)で表記します。例えば、\begin{eqnarray*}
\left[ -2.5\right] &=&-3 \\
\left[ -1\right] &=&-1 \\
\left[ 0\right] &=&0 \\
\left[ 1\right] &=&1 \\
\left[ 2.5\right] &=&2
\end{eqnarray*}などが成り立ちます。それぞれの実数\(x\in \mathbb{R}\)に対して、\begin{equation*}
f\left( x\right) =\left[ x\right] \end{equation*}を定める関数\(f:\mathbb{R}\rightarrow \mathbb{R}\)の導関数を求めてください。

プレミアム会員の方は下部にあるメールフォーム(ログインすると表示されます)から答案を送ってください(手書きの答案を撮影した画像を送ることもできます)答案の提出期限は2021年3月7日です。

 

結果

2021年3月7日以降に公開予定。

回答者 正解者

 

解答

2021年3月7日以降に公開予定。

Share on facebook
Share on twitter
Share on email

プレミアム会員だけが質問やコメントを投稿・閲覧できます。

RELATED INFO

過去の問題

【挑戦問題】最大整数関数の微分

プレミアム会員向けの挑戦問題です。入力した実数に対して、それを超えない最大の整数を返す関数の導関数を求める計算問題です。回答提出期限は【2021年3月7日】です。

【挑戦問題】2変数関数の連続性と微分可能性

プレミアム会員向けの挑戦問題です。スカラー場(2変数関数)が定義域上の点において連続、偏微分可能、方向微分可能、全微分可能であるかをチェックする計算問題です。回答提出期限は【2021年2月28日】です。

【挑戦問題】イプシロン・デルタ論法を用いた「関数の連続性」の定義の妥当性

プレミアム会員向けの挑戦問題です。関数が定義域上の点において連続であることの意味は様々な形で表現されますが、その中でも、関数の極限を用いた定義とイプシロン・デルタ論法を用いた定義が必要十分であるか否かを示してください。回答提出期限は【2021年2月7日】です。