完全情報ゲームと不完全情報ゲーム

動学ゲームに参加するすべてのプレイヤーが、自身が意思決定をおこなうすべての時点において、それ以前に行われたすべてのプレイヤーによる意志決定の内容を観察できる場合には、そのようなゲームを完全情報ゲームと呼びます。一方、完全情報ゲームではない動学ゲームを不完全情報ゲームと呼びます。

完全情報ゲーム

繰り返しになりますが、動学ゲームのプレイヤーは意志決定を行う際に、自分より前に意志決定を行ったプレイヤーの意志決定の内容を観察できるとは限りません。自分より前に行われた意思決定を観察できる場合とそうでない場合とではプレイヤーによる意思決定の内容が変わってくるため、動学ゲームを分析する際には、そこにおいてプレイヤーたちが自分より前に行われた意思決定をどの程度観察できるかを事前に明らかにしておく必要があります。

動学ゲームについて復習する

動学ゲームに参加するすべてのプレイヤーが、自身が意思決定をおこなうすべての時点において、それ以前に行われたすべてのプレイヤーによる意志決定の内容を観察できる場合には、そのようなゲームを完全情報ゲーム(game of perfect information)と呼びます。

 

不完全情報ゲーム

完全情報ゲームではない動学ゲームを不完全情報ゲーム(game of imperfect information)と呼びます。具体的には、動学ゲームにおいて、少なくとも1人のプレイヤーが、意思決定を行う少なくとも1つの時点において、それ以前に行われた少なくとも1人のプレイヤーが行った意思決定の内容を観察できないのであれば、それは不完全情報ゲームと呼ばれます。

例(完全情報ゲームと不完全情報ゲーム)
将棋や碁、チェスなどのゲームでは自分や対戦相手が打った手をすべて観察できるため、これらは完全情報ゲームです。一方、麻雀やポーカーなどのゲームでは対戦相手が打った手を観察できないため、これらは不完全情報ゲームです。

次回は完備情報ゲームと不完備情報ゲームの違いを解説します。
次へ進む 演習問題(プレミアム会員限定)

Share on facebook
Share on twitter
Share on email
Share on print

ワイズをさらに活用するための会員サービス

ユーザー名とメールアドレスを入力して一般会員に無料登録すれば、質問やコメントを投稿できるようになります。さらに、有料(500円/月)のプレミアム会員へアップグレードすることにより、プレミアムコンテンツ(命題の証明や演習問題、解答など)にアクセスできます。
会員サービス

ディスカッションに参加しますか?

質問やコメントを投稿するためにはログインが必要です
ログイン
アカウント
ログイン