教材一覧
教材検索
SEQUENCE

数列を用いた点列の収束判定

目次

< 前のページ
次のページ >
Share on twitter
Twitterで共有
Share on email
メールで共有

点列の極限と座標数列の極限の関係

イプシロン・デルタ論法を使ってユークリッド空間上の点列が収束することを証明するのは面倒です。点列の極限は数列の極限を用いて表現することもでき、そちらの定義を利用した方が点列が収束することを容易に示すことができます。順を追って説明します。

ユークリッド空間\(\mathbb{R} ^{n}\)上の点列\(\left\{ x_{v}\right\} =\left\{x_{v}^{\left( 1\right) },\cdots ,x_{v}^{\left( n\right) }\right\} \)が点\(a=\left( a_{1},\cdots ,a_{n}\right) \in \mathbb{R} ^{n}\)へ収束する場合、この点列\(\left\{ x_{v}\right\} \)のそれぞれの座標数列\(\left\{x_{v}^{\left( k\right) }\right\} \)は点\(a_{k}\)へ収束することが保証されます。

命題(点列の極限と座標数列の極限の関係)
ユークリッド空間\(\mathbb{R} ^{n}\)上の点列\(\left\{ x_{v}\right\} \)が\(\mathbb{R} ^{n}\)の点へ収束するならば、それぞれの\(k\ \left( =1,\cdots,n\right) \)について、点列\(\left\{x_{v}\right\} \)の第\(k\)座標数列\(\left\{x_{v}^{\left( k\right) }\right\} \)は\(\mathbb{R} \)の点へ収束するとともに、それらの極限の間には、\begin{equation*}\lim_{v\rightarrow \infty }x_{v}=\left( \lim_{v\rightarrow \infty
}x_{v}^{\left( 1\right) },\cdots ,\lim_{v\rightarrow \infty }x_{v}^{\left(
n\right) }\right)
\end{equation*}という関係が成り立つ。

証明

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録

上の命題の逆も成立します。つまり、\(\mathbb{R} ^{n}\)上の点列\(\left\{ x_{v}\right\} \)のそれぞれの座標数列\(\left\{x_{v}^{\left( k\right) }\right\} \)が有限な実数\(a_{k}\)へ収束する場合、点列\(\left\{ x_{v}\right\} \)は点\(\left(a_{1},\cdots ,a_{n}\right) \)へ収束することが保証されるということです。

命題(点列の極限と座標数列の極限の関係)
ユークリッド空間\(\mathbb{R} ^{n}\)上の点列\(\left\{ x_{v}\right\} \)が与えられたとき、それぞれの\(k\ \left( =1,\cdots ,n\right) \)について、点列\(\left\{ x_{v}\right\} \)の第\(k\)座標数列\(\left\{ x_{v}^{\left( k\right)}\right\} \)が収束するならば、もとの点列\(\left\{ x_{v}\right\} \)もまた収束し、それらの極限の間には、\begin{equation*}\lim_{v\rightarrow \infty }x_{v}=\left( \lim_{v\rightarrow \infty
}x_{v}^{\left( 1\right) },\cdots ,\lim_{v\rightarrow \infty }x_{v}^{\left(
n\right) }\right)
\end{equation*}となる。

証明

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録

以上の2つの命題より、ユークリッド空間上の点列の収束は、数列の収束概念を用いて以下のように特徴づけられることが明らかになりました。

命題(点列の極限と座標数列の極限の関係)
ユークリッド空間\(\mathbb{R} ^{n}\)上の点列\(\left\{ x_{v}\right\} \)が\(\mathbb{R} ^{n}\)の点へ収束することと、それぞれの\(k\ \left( =1,\cdots,n\right) \)について、点列\(\left\{x_{v}\right\} \)の第\(k\)座標数列\(\left\{x_{v}^{\left( k\right) }\right\} \)が\(\mathbb{R} \)の点へ収束することは必要十分であり、さらにそれらの極限の間には、\begin{equation*}\lim_{v\rightarrow \infty }x_{v}=\left( \lim_{v\rightarrow \infty
}x_{v}^{\left( 1\right) },\cdots ,\lim_{v\rightarrow \infty }x_{v}^{\left(
n\right) }\right)
\end{equation*}という関係が成り立つ。

上の命題より、ユークリッド空間上の点列の収束に関する議論を数列の収束に関する議論に置き換えて考えることができます。

例(点列の極限と座標数列の極限の関係)
ユークリッド空間\(\mathbb{R} ^{2}\)上の点列\(\left\{ x_{v}\right\} \)の一般項が、\begin{equation*}x_{v}=\left( x_{v}^{\left( 1\right) },x_{v}^{\left( 2\right) }\right)
=\left( 1+\frac{1}{2v},2-\frac{1}{2v}\right)
\end{equation*}で与えられているものとします。\(\left\{ x_{v}\right\} \)の第\(1\)座標数列\(\left\{ x_{v}^{\left(1\right) }\right\} \)に関しては、\begin{equation*}\lim_{v\rightarrow \infty }x_{v}^{\left( 1\right) }=\lim_{v\rightarrow
\infty }\left( 1+\frac{1}{2v}\right) =1
\end{equation*}が成り立ち、第\(2\)座標数列\(\left\{ x_{v}^{\left( 2\right) }\right\} \)に関しては、\begin{equation*}\lim_{v\rightarrow \infty }x_{v}^{\left( 2\right) }=\lim_{v\rightarrow
\infty }\left( 2-\frac{1}{2v}\right) =2
\end{equation*}が成り立つため、先の命題より点列\(\left\{x_{v}\right\} \)もまた収束し、その極限は、\begin{equation*}\lim_{v\rightarrow \infty }x_{v}=\left( \lim_{v\rightarrow \infty
}x_{v}^{\left( 1\right) },\lim_{v\rightarrow \infty }x_{v}^{\left( 2\right)
}\right) =\left( 1,2\right)
\end{equation*}となります。

例(点列の極限と座標数列の極限の関係)
ユークリッド空間\(\mathbb{R} ^{2}\)上の点列\(\left\{ x_{v}\right\} \)の一般項が、\begin{equation*}x_{v}=\left( x_{v}^{\left( 1\right) },x_{v}^{\left( 2\right) }\right)
=\left( \frac{1}{v},\frac{\cos v}{v}\right)
\end{equation*}で与えられているものとします。\(\left\{ x_{v}\right\} \)の第\(1\)座標数列\(\left\{ x_{v}^{\left(1\right) }\right\} \)に関しては、\begin{equation*}\lim_{v\rightarrow \infty }x_{v}^{\left( 1\right) }=\lim_{v\rightarrow
\infty }\left( \frac{1}{v}\right) =0
\end{equation*}が成り立ちます。第\(2\)座標数列\(\left\{ x_{v}^{\left( 2\right) }\right\} \)に関しては、任意の\(v\in \mathbb{N} \)に対して、\begin{equation*}-1\leq \cos v\leq 1
\end{equation*}が成り立つことを踏まえると、\begin{equation*}
-\frac{1}{v}\leq \frac{\cos v}{v}\leq \frac{1}{v}
\end{equation*}すなわち、\begin{equation*}
-\frac{1}{v}\leq x_{v}^{\left( 2\right) }\leq \frac{1}{v}
\end{equation*}を得ます。さらに、\begin{equation*}
\lim_{v\rightarrow \infty }\left( \frac{1}{v}\right) =\lim_{v\rightarrow
\infty }\left( -\frac{1}{v}\right) =0
\end{equation*}が成り立つため、はさみうちの定理より、\begin{equation*}
\lim_{v\rightarrow \infty }x_{v}^{\left( 2\right) }=0
\end{equation*}となります。したがって先の命題より点列\(\left\{ x_{v}\right\} \)もまた収束し、その極限は、\begin{equation*}\lim_{v\rightarrow \infty }x_{v}=\left( \lim_{v\rightarrow \infty
}x_{v}^{\left( 1\right) },\lim_{v\rightarrow \infty }x_{v}^{\left( 2\right)
}\right) =\left( 0,0\right)
\end{equation*}となります。

 

点列が収束しないことの証明

ユークリッド空間\(\mathbb{R} ^{n}\)上の点列\(\left\{ x_{v}\right\} \)が\(\mathbb{R} ^{n}\)の点へ収束することと、点列\(\left\{ x_{v}\right\} \)の任意の座標数列が\(\mathbb{R} \)の点へ収束することは必要十分であることが明らかになりました。したがって、点列\(\left\{ x_{v}\right\} \)の少なくとも1つの座標数列が\(\mathbb{R} \)の点へ収束しない場合、点列\(\left\{ x_{v}\right\} \)は\(\mathbb{R} ^{n}\)の点へ収束しません。ユークリッド空間上の点列が収束しないことを示すためには、その座標数列の中に有限な実数へ収束しないものが存在することを示せばよいということです。

例(点列の極限と座標数列の極限の関係)
ユークリッド空間\(\mathbb{R} ^{2}\)上の点列\(\left\{ x_{v}\right\} \)の一般項が、\begin{equation*}x_{v}=\left( x_{v}^{\left( 1\right) },x_{v}^{\left( 2\right) }\right)
=\left( 1+\frac{1}{2v},2v\right)
\end{equation*}で与えられているものとします。この点列\(\left\{ x_{v}\right\} \)の第\(2\)座標数列\(\left\{ x_{v}^{\left( 2\right) }\right\} \)に関しては、\begin{equation*}\lim_{v\rightarrow \infty }x_{v}^{\left( 2\right) }=\lim_{v\rightarrow
\infty }2v=+\infty
\end{equation*}となるため、\(\left\{ x_{v}^{\left(2\right) }\right\} \)は有限な実数へ収束しません。したがって、先の命題より、点列\(\left\{ x_{v}\right\} \)は\(\mathbb{R} ^{2}\)の点に収束しないことが明らかになりました。

 

演習問題

問題(点列の極限)
\(\mathbb{R} ^{2}\)上の点列\(\left\{ x_{v}\right\} \)の一般項が、\begin{equation*}x_{v}=\left( x_{v}^{\left( 1\right) },x_{v}^{\left( 2\right) }\right)
=\left( \frac{\left( -1\right) ^{v}}{v},\frac{\left( -1\right) ^{v}}{3}\right)
\end{equation*}で与えられるとき、この点列が\(\mathbb{R} ^{2}\)の点へ収束するか否かを理由とともに述べてください。
解答を見る

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録

問題(点列の極限)
\(\mathbb{R} ^{n}\)上の点列\(\left\{ x_{v}\right\} \)が与えられたとき、そこから、一般項が、\begin{equation*}\left\Vert x_{v}\right\Vert
\end{equation*}であるような\(\mathbb{R} \)上の数列\(\left\{ \left\Vert x_{v}\right\Vert\right\} \)を定義します。ただし、\(\left\Vert \cdot \right\Vert \)はノルムを表す記号であり、\begin{equation*}\left\Vert x_{v}\right\Vert =\sqrt{\sum_{i=1}^{n}x_{v}^{\left( i\right)
}\cdot x_{v}^{\left( i\right) }}
\end{equation*}と定義されます。以上を踏まえたとき、\begin{equation*}
\lim_{v\rightarrow \infty }x_{v}=0
\end{equation*}が成り立つ場合には、\begin{equation*}
\lim_{v\rightarrow \infty }\left\Vert x_{v}\right\Vert =0
\end{equation*}が成り立つことを証明してください。

解答を見る

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録

次回は点列が有界であることと収束することの関係について学びます。

< 前のページ
次のページ >
Share on twitter
Twitterで共有
Share on email
メールで共有
RELATED KNOWLEDGE

関連知識

コーシー列

数列の極限

数列の項が先に進むにつれてある実数に限りなく近づく場合には、その数列は収束すると言い、その実数を数列の極限と呼びます。ただし、「限りなく近づく」という表現は曖昧ですので、イプシロン・デルタ論法を用いて収束列の概念を厳密に定義します。

数列の極限

数列の無限極限

数列の項が先に進むにつれて限りなく大きくなる場合には、その数列は正の無限大に発散すると言います。また、数列の項が先に進むにつれて限りなく小さくなる場合には、その数列は正の無限大に発散すると言います。正ないし負の無限大に発散する数列は収束しません。また、収束列ではなく、正ないし負の無限大に発散しない数列を振動列と呼びます。

拡大実数

数列の定数倍の極限

数列が収束するとき、その数列の一般項の定数倍を一般項とする数列もまた収束します。また、正の無限大や負の無限大に発散する数列と、その数列の定数倍の極限の間にも同様の関係が成り立ちます。

単調数列

有界単調数列の収束定理

実数の連続性を特徴づける上限性質や下限性質を公理として認めると、そこから上に有界な単調増加数列や下に有界な単調減少数列が収束することを示すことができます。

点列

点列の極限

ユークリッド空間上の点列の項が先に進むにつれてある点に限りなく近づく場合、その点列は収束すると言います。また、点列の項が限りなく近づく先の点のことをその点列の極限と呼びます。点列の収束は数列の収束を一般化した概念です。

数列の極限

数列を用いた関数の収束判定

関数が収束することをイプシロン・デルタ論法を用いて証明するのは困難です。関数が収束する・収束しないことを数列を用いて判定する方法を解説します。

DISCUSSION

質問とコメント

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録