WIIS

距離空間の位相

距離空間における連結集合・非連結集合(連結距離空間・非連結距離空間)

目次

次のページ:
Mailで保存
Xで共有

非連結集合(集合の切断)

距離空間\(\left( X,d\right) \)が与えられているものとします。つまり、\(X\)は非空集合であるとともに、距離関数\(d:X\times X\rightarrow \mathbb{R} \)が以下の4つの公理\begin{eqnarray*}&&\left( M_{1}\right) \ \forall x,y\in X:d\left( x,y\right) \geq 0 \\
&&\left( M_{2}\right) \ \forall x,y\in X:\left[ d(x,y)=0\Leftrightarrow x=y\right] \\
&&\left( M_{3}\right) \ \forall x,y\in X:d(x,y)=d\left( y,x\right) \\
&&\left( M_{4}\right) \ \forall x,y,z\in X:d\left( x,z\right) \leq d\left(
x,y\right) +d\left( y,z\right)
\end{eqnarray*}を満たすということです。

距離空間\(X\)の部分集合\(A\)が与えられたとき、それに対して、\(X\)上の2つの開集合\(A_{1},A_{2}\in \mathcal{O}\left(X\right) \)が以下の条件\begin{eqnarray*}&&\left( a\right) \ \left( A\cap A_{1}\right) \cap \left( A\cap A_{2}\right)
=\phi \\
&&\left( b\right) \ \left( A\cap A_{1}\right) \cup \left( A\cap A_{2}\right)
=X \\
&&\left( c\right) \ A\cap A_{1}\not=\phi \\
&&\left( d\right) \ A\cap A_{2}\not=\phi
\end{eqnarray*}をすべて満たす場合には、すなわち、開集合\(A_{1},A_{2}\)との交わりをとることにより集合\(A\)を互いに素な2つの非空な集合である\(A\cap A_{1}\)と\(A\cap A_{2}\)に分割できる場合には、このような開集合からなる組\begin{equation*}\left\{ A_{1},A_{2}\right\}
\end{equation*}を\(A\)の切断(disconnection)と呼びます。さらに、\(A\)の切断が存在する場合には、\(A\)は\(X\)上で非連結(disconnected on \(X\))であるとか不連結(disconnected on \(X\))であるなどと言います。

集合\(A\)が空集合\(\phi \)である場合には、どのような開集合\(A_{1},A_{2}\in \mathcal{O}\left(X\right) \)を選んだ場合にも先の条件\(\left( c\right) ,\left( d\right) \)の左辺がいずれも空集合になるため\(\left( c\right) ,\left(d\right) \)は成り立ちません。つまり、空集合の分割は存在しないため、空集合は非連結ではありません。

非空の集合\(A\subset X\)が与えられた状況を想定します。空集合\(\phi \)は開集合ですが、開集合\(A_{1},A_{2}\)の少なくとも一方が空集合\(\phi \)である場合には先の条件\(\left( c\right),\left( d\right) \)の少なくとも一方が成り立ちません。したがって、集合\(A\)の切断\(\left\{ A_{1},A_{2}\right\} \)を構成する2つの開集合\(A_{1},A_{2}\)はいずれも非空である必要があります。つまり、非連結集合の切断を構成する2つの開集合はともに非空です。

例(非連結集合)
実数空間\(\left( \mathbb{R} ,d\right) \)は距離空間であり、ユークリッド距離\(d:\mathbb{R} \times \mathbb{R} \rightarrow \mathbb{R} \)は2つの点\(x,y\in \mathbb{R} \)の間の距離を、\begin{equation*}d\left( x,y\right) =\left\vert x-y\right\vert
\end{equation*}と定めます。以下のような\(\mathbb{R} \)の部分集合\begin{equation*}A=\left( 0,\frac{1}{2}\right) \cup \left( \frac{1}{2},1\right)
\end{equation*}が与えられているものとします。以下の2つ集合\begin{eqnarray*}
A_{1} &=&\left( 0,\frac{1}{2}\right) \\
A_{2} &=&\left( \frac{1}{2},1\right)
\end{eqnarray*}に注目します。有界な開区間は\(\mathbb{R} \)上の開集合であるため\(A_{1},A_{2}\)は\(\mathbb{R} \)上の開集合です。さらに、\begin{eqnarray*}&&\left( a\right) \ \left( A\cap A_{1}\right) \cup \left( A\cap A_{2}\right)
=A_{1}\cup A_{2}=X \\
&&\left( b\right) \ \left( A\cap A_{1}\right) \cap \left( A\cap A_{2}\right)
=A_{1}\cap A_{2}=\phi \\
&&\left( c\right) \ A\cap A_{1}=A_{1}\not=\phi \\
&&\left( d\right) \ A\cap A_{2}=A_{2}\not=\phi
\end{eqnarray*}が成り立つため、\(\left\{A_{1},A_{2}\right\} \)は\(A\)の切断です。以上より、\(A\)は\(\mathbb{R} \)上の非連結集合であることが明らかになりました。ちなみに、以下の2つの集合\begin{eqnarray*}B_{1} &=&\left( -\infty ,\frac{1}{2}\right) \\
B_{2} &=&\left( \frac{1}{2},+\infty \right)
\end{eqnarray*}からなる組\(\left\{ B_{1},B_{2}\right\} \)もまた\(A\)の切断です。実際、無限半開区間は\(\mathbb{R} \)上の開集合であるため\(B_{1},B_{2}\)は開集合であるとともに、\begin{eqnarray*}&&\left( a\right) \ \left( A\cap B_{1}\right) \cup \left( A\cap B_{2}\right)
=\left( 0,\frac{1}{2}\right) \cup \left( \frac{1}{2},1\right) =A \\
&&\left( b\right) \ \left( A\cap B_{1}\right) \cap \left( A\cap B_{2}\right)
=\left( 0,\frac{1}{2}\right) \cap \left( \frac{1}{2},1\right) =\phi \\
&&\left( c\right) \ A\cap B_{1}=\left( 0,\frac{1}{2}\right) \not=\phi \\
&&\left( d\right) \ A\cap B_{2}=\left( \frac{1}{2},1\right) \not=\phi
\end{eqnarray*}が成り立つからです。この例が示唆するように、非連結集合の切断は一意的であるとは限りません。

例(非連結集合)
実数空間\(\left( \mathbb{R} ,d\right) \)は距離空間であり、ユークリッド距離\(d:\mathbb{R} \times \mathbb{R} \rightarrow \mathbb{R} \)は2つの点\(x,y\in \mathbb{R} \)の間の距離を、\begin{equation*}d\left( x,y\right) =\left\vert x-y\right\vert
\end{equation*}と定めます。すべての自然数からなる集合\begin{equation*}\mathbb{N} \end{equation*}は\(\mathbb{R} \)上の非連結集合です(演習問題)。
例(非連結集合)
2次元ユークリッド空間\(\left( \mathbb{R} ^{2},d\right) \)は距離空間であり、ユークリッド距離\(d:\mathbb{R} ^{2}\times \mathbb{R} ^{2}\rightarrow \mathbb{R} \)は2つの点\(\boldsymbol{x},\boldsymbol{y}\in \mathbb{R} ^{2}\)の間の距離を、\begin{equation*}d\left( \boldsymbol{x},\boldsymbol{y}\right) =\sqrt{\left(
x_{1}-y_{1}\right) ^{2}+\left( x_{2}-y_{2}\right) ^{2}}
\end{equation*}と定めます。以下のような\(\mathbb{R} ^{2}\)の部分集合\begin{equation*}A=\left\{ \left( x_{1},x_{2}\right) \in \mathbb{R} ^{2}\ |\ x_{1}\not=0\right\}
\end{equation*}が与えられているものとします。以下の2つ集合\begin{eqnarray*}
A_{1} &=&\left\{ \left( x_{1},x_{2}\right) \in \mathbb{R} ^{2}\ |\ x_{1}<0\right\} \\
A_{2} &=&\left\{ \left( x_{1},x_{2}\right) \in \mathbb{R} ^{2}\ |\ x_{1}>0\right\}
\end{eqnarray*}に注目します。\(A_{1},A_{2}\)は\(\mathbb{R} ^{2}\)上の開集合です。さらに、\begin{eqnarray*}&&\left( a\right) \ \left( A\cap A_{1}\right) \cup \left( A\cap A_{2}\right)
=A_{1}\cup A_{2}=X \\
&&\left( b\right) \ \left( A\cap A_{1}\right) \cap \left( A\cap A_{2}\right)
=A_{1}\cap A_{2}=\phi \\
&&\left( c\right) \ A\cap A_{1}=A_{1}\not=\phi \\
&&\left( d\right) \ A\cap A_{2}=A_{2}\not=\phi
\end{eqnarray*}が成り立つため、\(\left\{A_{1},A_{2}\right\} \)は\(A\)の切断です。以上より、\(A\)は\(\mathbb{R} ^{2}\)上の非連結集合であることが明らかになりました。
例(2点集合は非連結集合)
距離空間\(\left( X,d\right) \)から異なる2つの点\(x,y\in X\)を選んだ上で、それらだけを要素として持つ2点集合\begin{equation*}\left\{ x,y\right\} \subset X
\end{equation*}を構成すると、これは\(X\)上の非連結集合になります(演習問題)。

 

連結集合

距離空間\(X\)の部分集合\(A\)が非連結でない場合には、\(A\)は\(X\)上で連結(connected on \(X\))であると言います。つまり、\(A\)が連結であることとはその切断が存在しないこと、すなわち、以下の条件\begin{eqnarray*}&&\left( a\right) \ \left( A\cap A_{1}\right) \cap \left( A\cap A_{2}\right)
=\phi \\
&&\left( b\right) \ \left( A\cap A_{1}\right) \cup \left( A\cap A_{2}\right)
=X \\
&&\left( c\right) \ A\cap A_{1}\not=\phi \\
&&\left( d\right) \ A\cap A_{2}\not=\phi
\end{eqnarray*}を満たす開集合開集合\(A_{1},A_{2}\in \mathcal{O}\left( X\right) \)が存在しないことを意味します。つまり、いかなる開集合\(A_{1},A_{2}\)との交わりをとっても集合\(A\)を互いに素な2つの非空な集合である\(A\cap A_{1}\)と\(A\cap A_{2}\)に分割できないということです。これは、どのような開集合\(A_{1},A_{2}\in \mathcal{O}\left( X\right) \)を選んだ場合でも、上の4つの条件のうちの少なくとも1つが成り立たないことを意味します。もしくは、上の4つの条件を満たす集合\(A_{1},A_{2}\)を任意に選んだとき、それらの少なくとも一方は開集合ではないことを意味します。

例(空集合は連結集合)
距離空間\(\left( X,d\right) \)が与えられているものとします。先に示したように空集合\(\phi \)は\(X\)上の非連結ではないため連結集合です。実際、2つの開集合\(A_{1},A_{2}\in \mathcal{O}\left( X\right) \)を任意に選んだとき、\begin{eqnarray*}\phi \cap A_{1} &=&\phi \\
\phi \cap A_{2} &=&\phi
\end{eqnarray*}となるため、\(\left\{ A_{1},A_{2}\right\} \)は\(\phi \)の切断にはなり得ません。
例(1点集合は連結集合)
距離空間\(\left( X,d\right) \)から点\(x\in X\)を選んだ上で、それだけを要素として持つ1点集合\begin{equation*}\left\{ x\right\} \subset X
\end{equation*}を構成します。\(\left\{ x\right\} \)が非連結集合であるものと仮定して矛盾を導きます。そこで、何らかの開集合\(A_{1},A_{2}\in \mathcal{O}\left( X\right) \)に対して、\begin{eqnarray*}&&\left( a\right) \ \left( \left\{ x\right\} \cap A_{1}\right) \cap \left(
\left\{ x\right\} \cap A_{2}\right) =\phi \\
&&\left( b\right) \ \left( \left\{ x\right\} \cap A_{1}\right) \cup \left(
\left\{ x\right\} \cap A_{2}\right) =\left\{ x\right\} \\
&&\left( c\right) \ \left\{ x\right\} \cap A_{1}\not=\phi \\
&&\left( d\right) \ \left\{ x\right\} \cap A_{2}\not=\phi
\end{eqnarray*}が成り立つものと仮定します。\(\left( c\right) ,\left( d\right) \)より\(x\in A_{1}\)かつ\(x\in A_{2}\)ですが、すると\(x\in \left\{ x\right\} \cap A_{1}\)かつ\(x\in \left\{ x\right\} \cap A_{2}\)となるため、\begin{equation*}x\in \left( \left\{ x\right\} \cap A_{1}\right) \cap \left( \left\{
x\right\} \cap A_{2}\right)
\end{equation*}を得ますが、これは\(\left( a\right) \)と矛盾です。したがって\(\left\{ x\right\} \)の切断は存在せず、\(\left\{ x\right\} \)が連結集合であることが明らかになりました。

 

連結集合と非連結集合の代替的な定義

集合の切断を以下のように表現することもできます。

命題(集合の切断)
距離空間\(\left( X,d\right) \)の部分集合\(A\subset X\)に対して、\(X\)上の2つの開集合\(A_{1},A_{2}\in \mathcal{O}\left( X\right) \)が以下の条件\begin{eqnarray*}&&\left( a\right) \ A\cap A_{1}\cap A_{2}=\phi \\
&&\left( b\right) \ A\subset A_{1}\cup A_{2} \\
&&\left( c\right) \ A\cap A_{1}\not=\phi \\
&&\left( d\right) \ A\cap A_{2}\not=\phi
\end{eqnarray*}を満たすことは、\(\left\{A_{1},A_{2}\right\} \)が\(A\)の切断であるための必要十分条件である。
証明

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録

例(集合の切断)
実数空間\(\left( \mathbb{R} ,d\right) \)は距離空間であり、ユークリッド距離\(d:\mathbb{R} \times \mathbb{R} \rightarrow \mathbb{R} \)は2つの点\(x,y\in \mathbb{R} \)の間の距離を、\begin{equation*}d\left( x,y\right) =\left\vert x-y\right\vert
\end{equation*}と定めます。以下のような\(\mathbb{R} \)の部分集合\begin{equation*}A=\left( 0,\frac{1}{2}\right) \cup \left( \frac{1}{2},1\right)
\end{equation*}が与えられているものとします。先に示したように\(X\)は\(\mathbb{R} \)上の非連結集合であり、以下の2つの開集合\begin{eqnarray*}A_{1} &=&\left( 0,\frac{1}{2}\right) \\
A_{2} &=&\left( \frac{1}{2},1\right)
\end{eqnarray*}からなる組\(\left\{ A_{1},A_{2}\right\} \)が\(X\)の切断です。したがって、これらの集合は先の命題が要求する条件も満たすはずです。実際、\begin{eqnarray*}&&\left( a\right) \ A\cap A_{1}\cap A_{2}=A\cap \phi =\phi \\
&&\left( b\right) \ A=A_{1}\cup A_{2} \\
&&\left( c\right) \ A\cap A_{1}=A_{1}\not=\phi \\
&&\left( d\right) \ A\cap A_{2}=A_{2}\not=\phi
\end{eqnarray*}となるため条件が満たされています。

先の命題を踏まえると非連結集合を以下のように表現できます。

命題(非連結集合)
距離空間\(\left( X,d\right) \)の部分集合\(A\subset X\)に対して、以下の条件\begin{eqnarray*}&&\left( a\right) \ A\cap A_{1}\cap A_{2}=\phi \\
&&\left( b\right) \ A\subset A_{1}\cup A_{2} \\
&&\left( c\right) \ A\cap A_{1}\not=\phi \\
&&\left( d\right) \ A\cap A_{2}\not=\phi
\end{eqnarray*}を満たす開集合\(A_{1},A_{2}\in \mathcal{O}\left( X\right) \)が存在することは、\(A\)が\(X\)上の非連結集合であるための必要十分条件である。

先の命題を踏まえると連結集合を以下のように表現できます。

命題(連結集合)
距離空間\(\left( X,d\right) \)の部分集合\(A\subset X\)に対して、以下の条件\begin{eqnarray*}&&\left( a\right) \ A\cap A_{1}\cap A_{2}=\phi \\
&&\left( b\right) \ A\subset A_{1}\cup A_{2} \\
&&\left( c\right) \ A\cap A_{1}\not=\phi \\
&&\left( d\right) \ A\cap A_{2}\not=\phi
\end{eqnarray*}を満たす開集合\(A_{1},A_{2}\in \mathcal{O}\left( X\right) \)が存在しないことは、\(A\)が\(X\)上の連結集合であるための必要十分条件である。

 

分離と連結の関係

距離空間\(X\)の部分集合部分集合\(A,B\subset X\)が分離していることとは、以下の条件\begin{eqnarray*}&&\left( a\right) \ A\cap B^{d}=\phi \\
&&\left( b\right) \ A^{d}\cap B=\phi
\end{eqnarray*}がともに成り立つことを意味します。ただし、\(A^{d},B^{d}\)は\(A,B\)の導集合、すなわち\(A,B\)のすべての集積点からなる集合です。したがって、距離空間\(X\)の部分集合\(A,B\)が分離していることとは、どちらも相手の集積点を要素として持たないことを意味します。ちなみに、先の条件は、\begin{eqnarray*}&&\left( a\right) \ A\cap B^{a}=\phi \\
&&\left( b\right) \ A^{a}\cap B=\phi
\end{eqnarray*}と必要十分です。ただし、\(A^{a},B^{a}\)は\(A,B\)の閉包、すなわち\(A,B\)のすべての触点からなる集合です。したがって、距離空間\(X\)の部分集合\(A,B\)が分離していることとは、どちらも相手の触点を要素をして持たないことを意味します。触点は内点または境界点であることを踏まえると、\(A,B\)が分離していることとは、どちらも相手の内点や境界点を要素を要素として持たないことを意味します。言い換えると、\(A\)と\(B\)はお互いに重なっておらず、また、お互いに相手の境界にも接していないということです。

空ではない集合\(A,B\)が分離している場合、それらの和集合\(A\cup B\)の分割が必ず存在します。具体的には以下の通りです。

命題(分離している2つの集合の和集合は非連結)
距離空間\(\left( X,d\right) \)の部分集合\(A,B\subset X\)がともに非空であるとともに分離しているならば、以下の2つの集合の組\begin{equation*}\left\{ \left( A^{a}\right) ^{c},\left( B^{a}\right) ^{c}\right\}
\end{equation*}は\(A\cup B\)の切断である。したがって\(A\cup B\)は\(X\)上の非連結集合である。
証明

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録

距離空間\(X\)の部分集合\(A\)が非連結である場合にはその切断\(\left\{ A_{1},A_{2}\right\} \)が存在しますが、この場合、\(A\cap A_{1}\)と\(A\cap A_{2}\)は分離していることが保証されます。

命題(集合の切断から生成される分離される集合)
距離空間\(\left( X,d\right) \)の部分集合\(A\subset X\)が非連結であるものとする。2つの開集合\(A_{1},A_{2}\in \mathcal{O}\left( X\right) \)からなる組\(\left\{ A_{1},A_{2}\right\} \)が\(A\)の切断であるならば、以下の2つの集合\begin{equation*}A\cap A_{1},\ A\cap A_{2}
\end{equation*}は分離している。

証明

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録

以上の2つの命題を踏まえると、非連結集合を以下のように表現できます。

命題(分離と非連結の関係)
距離空間\(\left( X,d\right) \)の部分集合\(A\subset X\)が与えられたとき、分離している何らかの2つの非空な集合\(B_{1},B_{2}\subset \mathbb{R} \)を用いて、\begin{equation*}A=B_{1}\cup B_{2}
\end{equation*}と表せることは、\(A\)が非連結であるための必要十分である。さらにこのとき、\begin{equation*}\left\{ \left( B_{1}^{a}\right) ^{c},\left( B_{2}^{a}\right) ^{c}\right\}
\end{equation*}は\(A\)の切断である。逆に、\(\left\{ A_{1},A_{2}\right\} \)が\(A\)の切断である場合には、\(A\cap A_{1}\)と\(A\cap A_{2}\)は分離しているとともに、\begin{equation*}A=\left( A\cap A_{1}\right) \cup \left( A\cap A_{2}\right)
\end{equation*}と表せる。

証明

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録

例(分離と非連結の関係)
実数空間\(\left( \mathbb{R} ,d\right) \)は距離空間であり、ユークリッド距離\(d:\mathbb{R} \times \mathbb{R} \rightarrow \mathbb{R} \)は2つの点\(x,y\in \mathbb{R} \)の間の距離を、\begin{equation*}d\left( x,y\right) =\left\vert x-y\right\vert
\end{equation*}と定めます。以下のような\(\mathbb{R} \)の部分集合\begin{equation*}X=\left( 0,\frac{1}{2}\right) \cup \left( \frac{1}{2},1\right)
\end{equation*}が与えられているものとします。先に示したように\(X\)は非連結集合であるため、\(X\)を分離している2つの非空集合の和集合として表現できるはずです。実際、\begin{eqnarray*}A &=&\left( 0,\frac{1}{2}\right) \\
B &=&\left( \frac{1}{2},1\right)
\end{eqnarray*}に注目したとき、これらの導集合は、\begin{eqnarray*}
A^{d} &=&\left[ 0,\frac{1}{2}\right] \\
B^{d} &=&\left[ \frac{1}{2},1\right] \end{eqnarray*}であるため、\begin{eqnarray*}
A\cap B^{d} &=&\phi \\
A^{d}\cap B &=&\phi
\end{eqnarray*}が成り立つため\(A\)と\(B\)は分離しています。さらに、\begin{equation*}X=A\cup B
\end{equation*}であるため、\(A\)を分離している2つの非空集合\(A,B\)の和集合として表せることが明らかになりました。以上の結果は先の命題の主張と整合的です。

連結集合とは、分離している2つの非空集合の和集合として表される集合であることが明らかになりました。したがって、非連結集合とは、分離している2つの非空集合の和集合として表現できない集合です。

命題(分離と連結の関係)
距離空間\(\left( X,d\right) \)の部分集合\(A\subset X\)が与えられたとき、分離している2つの非空な集合\(B_{1},B_{2}\subset X\)を任意に選んだ場合に、\begin{equation*}X\not=B_{1}\cup B_{2}
\end{equation*}が成り立つことは、\(A\)が連結であるための必要十分条件である。
証明

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録

 

連結・非連結な距離空間

距離空間\(\left( X,d\right) \)が与えられたとき、\(X\)は\(X\)自身の部分集合であるため、\(X\)が\(X\)上での非連結集合であるか検討できます。\(X\)が\(X\)上の非連結集合である場合には、このような距離空間\(X\)を非連結距離空間(disconnected metric space)や不連結距離空間(disconnected metric space)などと呼びます。

より正確には、距離空間\(X\)が非連結距離空間であることとは、以下の条件\begin{eqnarray*}&&\left( a\right) \ \left( X\cap A_{1}\right) \cap \left( X\cap A_{2}\right)
=\phi \\
&&\left( b\right) \ \left( X\cap A_{1}\right) \cup \left( X\cap A_{2}\right)
=X \\
&&\left( c\right) \ X\cap A_{1}\not=\phi \\
&&\left( d\right) \ X\cap A_{2}\not=\phi
\end{eqnarray*}すなわち、\begin{eqnarray*}
&&\left( a\right) \ A_{1}\cap A_{2}=\phi \\
&&\left( b\right) \ A_{1}\cup A_{2}=X \\
&&\left( c\right) \ A_{1}\not=\phi \\
&&\left( d\right) \ A_{2}\not=\phi
\end{eqnarray*}を満たす開集合\(A_{1},A_{2}\in \mathcal{O}\left( X\right) \)が存在することを意味します。つまり、非連結距離空間\(X\)とは、互いに素かつ非空な\(X\)上の2つの開集合の和集合として表すことができる距離空間です。

距離空間\(\left( X,d\right) \)が非連結距離空間ではない場合には、すなわち、以下の条件\begin{eqnarray*}&&\left( a\right) \ A_{1}\cap A_{2}=\phi \\
&&\left( b\right) \ A_{1}\cup A_{2}=X \\
&&\left( c\right) \ A_{1}\not=\phi \\
&&\left( d\right) \ A_{2}\not=\phi
\end{eqnarray*}を満たす開集合\(A_{1},A_{2}\in \mathcal{O}\left( X\right) \)が存在しない場合には、\(X\)を連結距離空間(connected metric space)と呼びます。つまり、連結距離空間\(X\)とは、互いに素かつ非空な\(X\)上の2つの開集合の和集合として表すことができない距離空間です。

距離空間\(\left( X,d\right) \)が与えられたとき、空集合\(\phi \)と全体集合\(X\)はともに\(X\)上の開集合かつ閉集合ですが、これ以外に開集合かつ閉集合であるような集合が存在することは、\(X\)が非連結な距離空間であるための必要十分条件です

命題(非連結距離空間)

距離空間\(\left( X,d\right) \)が与えられたとき、\(X\)と\(\phi \)以外に\(X\)上の開集合かつ閉集合であるような集合が存在することは、\(X\)が非連結距離空間であるための必要十分条件である。

証明

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録

例(非連結距離空間)
実数空間\(\left( \mathbb{R} ,d\right) \)は距離空間であり、ユークリッド距離\(d:\mathbb{R} \times \mathbb{R} \rightarrow \mathbb{R} \)は2つの点\(x,y\in \mathbb{R} \)の間の距離を、\begin{equation*}d\left( x,y\right) =\left\vert x-y\right\vert
\end{equation*}と定めます。以下の集合\begin{equation*}
X=\left( 0,1\right) \cup \left( 2,3\right)
\end{equation*}に注目した上で部分距離空間\(\left( X,d\right) \)を構成します。部分距離空間は距離空間です。加えて、\(\left( X,d\right) \)は非連結距離空間です(演習問題)。

非連結距離空間に関する先の命題を踏まえると、連結距離空間を以下のように表現できます。

命題(連結距離空間)
距離空間\(\left( X,d\right) \)が与えられたとき、\(X\)と\(\phi \)以外に\(X\)上の開集合かつ閉集合であるような集合が存在しないことは、\(X\)が連結距離空間であるための必要十分条件である。
証明

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録

例(実数空間は連結距離空間)
実数空間\(\left( \mathbb{R} ,d\right) \)は距離空間であり、ユークリッド距離\(d:\mathbb{R} \times \mathbb{R} \rightarrow \mathbb{R} \)は2つの点\(x,y\in \mathbb{R} \)の間の距離を、\begin{equation*}d\left( x,y\right) =\left\vert x-y\right\vert
\end{equation*}と定めます。\(\mathbb{R} \)上において開集合かつ閉集合であるような集合は\(\phi \)と\(\mathbb{R} \)だけであるため、先の命題より、\(\mathbb{R} \)は連結距離空間です。
例(ユークリッド空間は連結距離空間)
ユークリッド空間\(\left( \mathbb{R} ^{n},d\right) \)は距離空間であり、ユークリッド距離\(d:\mathbb{R} ^{n}\times \mathbb{R} ^{n}\rightarrow \mathbb{R} \)は2つの点\(\boldsymbol{x},\boldsymbol{y}\in \mathbb{R} ^{n}\)の間の距離を、\begin{equation*}d\left( \boldsymbol{x},\boldsymbol{y}\right) =\sqrt{\sum_{i=1}^{n}\left(
x_{i}-y_{i}\right) ^{2}}
\end{equation*}と定めます。\(\mathbb{R} ^{n}\)上において開集合かつ閉集合であるような集合は\(\phi \)と\(\mathbb{R} ^{n}\)だけであるため、先の命題より、\(\mathbb{R} ^{n}\)は連結距離空間です。
例(複素数空間は連結距離空間)
複素数空間\(\left( \mathbb{C} ,d\right) \)は距離空間であり、距離関数\(d:\mathbb{C} \times \mathbb{C} \rightarrow \mathbb{C} \)は2つの点\(z,w\in \mathbb{C} \)の間の距離を、\begin{equation*}d\left( z,w\right) =\left\vert z-w\right\vert
\end{equation*}と定めます。\(\mathbb{C} \)上において開集合かつ閉集合であるような集合は\(\phi \)と\(\mathbb{C} \)だけであるため、先の命題より、\(\mathbb{C} \)は連結距離空間です。

 

演習問題

問題(自然数集合は非連結)
実数空間\(\left( \mathbb{R} ,d\right) \)は距離空間であり、ユークリッド距離\(d:\mathbb{R} \times \mathbb{R} \rightarrow \mathbb{R} \)は2つの点\(x,y\in \mathbb{R} \)の間の距離を、\begin{equation*}d\left( x,y\right) =\left\vert x-y\right\vert
\end{equation*}と定めます。すべての自然数からなる集合\begin{equation*}\mathbb{N} \end{equation*}が\(\mathbb{R} \)上の非連結集合であることを示してください。
解答を見る

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録

問題(2点集合な非連結)
距離空間\(\left( X,d\right) \)から異なる2つの点\(x,y\in X\)を選んだ上で、それらだけを要素として持つ2点集合\begin{equation*}\left\{ x,y\right\} \subset X
\end{equation*}を構成すると、これは\(X\)上の非連結集合になることを示してください。
解答を見る

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録

問題(非連結距離空間)
実数空間\(\left( \mathbb{R} ,d\right) \)は距離空間であり、ユークリッド距離\(d:\mathbb{R} \times \mathbb{R} \rightarrow \mathbb{R} \)は2つの点\(x,y\in \mathbb{R} \)の間の距離を、\begin{equation*}d\left( x,y\right) =\left\vert x-y\right\vert
\end{equation*}と定めます。以下の集合\begin{equation*}
X=\left( 0,1\right) \cup \left( 2,3\right)
\end{equation*}に注目した上で部分距離空間\(\left( X,d\right) \)を構成します。\(\left( X,d\right) \)が非連結距離空間であることを示してください。
解答を見る

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録

関連知識

次のページ:
Mailで保存
Xで共有

質問とコメント

プレミアム会員専用コンテンツです

会員登録

有料のプレミアム会員であれば、質問やコメントの投稿と閲覧、プレミアムコンテンツ(命題の証明や演習問題とその解答)へのアクセスなどが可能になります。

ワイズのユーザーは年齢・性別・学歴・社会的立場などとは関係なく「学ぶ人」として対等であり、お互いを人格として尊重することが求められます。ユーザーが快適かつ安心して「学ぶ」ことに集中できる環境を整備するため、広告やスパム投稿、他のユーザーを貶めたり威圧する発言、学んでいる内容とは関係のない不毛な議論などはブロックすることになっています。詳細はガイドラインをご覧ください。

誤字脱字、リンク切れ、内容の誤りを発見した場合にはコメントに投稿するのではなく、以下のフォームからご連絡をお願い致します。

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録