WIIS

教材一覧
教材一覧
教材検索
DEFINITION OF REAL NUMBER

区間

目次

< 前のページ
次のページ >
Share on twitter
Twitterで共有
Share on email
メールで共有

有界区間

\(a<b\)を満たす実数\(a,b\in \mathbb{R}\)をそれぞれ任意に選んだとき、\(a\)以上かつ\(b\)以下であるようなすべての実数からなる集合を、\begin{equation*}
\left[ a,b\right] =\left\{ x\in
\mathbb{R}\ |\ a\leq x\leq b\right\}
\end{equation*}で表記し、これを\(a\)から\(b\)への閉区間(closed interval from \(a\) to \(b\))と呼びます。また、\(a\)と\(b\)を端点(end point)と呼びます。

端点\(a,b\)はともに閉区間\(\left[ a,b\right] \)の要素であるため、\(\left[ a,b\right] \)は\(\mathbb{R}\)の非空な部分集合です。さらに、その上界からなる集合と下界からなる集合は、\begin{eqnarray*}
U\left( \left[ a,b\right] \right) &=&\left\{ x\in
\mathbb{R}\ |\ b\leq x\right\} \\
L\left( \left[ a,b\right] \right) &=&\left\{ x\in
\mathbb{R}\ |\ x\leq a\right\}
\end{eqnarray*}であり、これらはともに非空であるため、閉区間\(\left[ a,b\right] \)は有界です。すると\(\mathbb{R}\)の連続性より\(\left[ a,b\right] \)の上限と下限が存在するはずですが、実際、\begin{eqnarray*}
\sup \left[ a,b\right] &=&b \\
\inf \left[ a,b\right] &=&a
\end{eqnarray*}となります。

例(閉区間)
加法単位元\(0\)と乗法単位元\(1\)の間には\(0<1\)が成り立つため、これらを端点とする閉区間\begin{equation*}
\left[ 0,1\right] =\left\{ x\in
\mathbb{R}\ |\ 0\leq x\leq 1\right\}
\end{equation*}を考えることができます。また、正の実数\(a>0\)を任意に選んだとき、これは\(-a<0\)と必要十分であるため、\(<\)の推移律より\(-a<a\)が成り立ちます。したがって、\begin{eqnarray*}
\left[ 0,a\right] &=&\left\{ x\in
\mathbb{R}\ |\ 0\leq x\leq a\right\} \\
\left[ -a,0\right] &=&\left\{ x\in
\mathbb{R}\ |\ -a\leq x\leq 0\right\} \\
\left[ -a,a\right] &=&\left\{ x\in
\mathbb{R}\ |\ -a\leq x\leq a\right\}
\end{eqnarray*}などはいずれも閉区間です。

\(a<b\)を満たす実数\(a,b\in \mathbb{R}\)をそれぞれ任意に選んだとき、\(a\)より大きく\(b\)より小さいすべての実数からなる集合を、\begin{equation*}
\left( a,b\right) =\left\{ x\in
\mathbb{R}\ |\ a<x<b\right\}
\end{equation*}で表記し、これを\(a\)から\(b\)への開区間(open interval from \(a\) to \(b\))と呼びます。

有理数の稠密性より\(a<b\)を満たす実数\(a,b\)に対して、\(a<x<b\)を満たす有理数\(x\)が存在します。有理数もまた実数であるため、\(\left( a,b\right) \)は\(\mathbb{R}\)の非空な部分集合です。さらに、その上界からなる集合と下界からなる集合は、\begin{eqnarray*}
U\left( \left( a,b\right) \right) &=&\left\{ x\in
\mathbb{R}\ |\ b\leq x\right\} \\
L\left( \left( a,b\right) \right) &=&\left\{ x\in
\mathbb{R}\ |\ x\leq a\right\}
\end{eqnarray*}であり、これらはともに非空であるため、開区間\(\left( a,b\right) \)は有界です。すると\(\mathbb{R}\)の連続性より\(\left( a,b\right) \)の上限と下限が存在するはずですが、実際、\begin{eqnarray*}
\sup \left( a,b\right) &=&b \\
\inf \left( a,b\right) &=&a
\end{eqnarray*}となります。

例(開区間)
加法単位元\(0\)と乗法単位元\(1\)の間には\(0<1\)が成り立つため、これらを端点とする開区間\begin{equation*}
\left( 0,1\right) =\left\{ x\in
\mathbb{R}\ |\ 0<x<1\right\}
\end{equation*}を考えることができます。また、正の実数\(a>0\)を任意に選んだとき、これは\(-a<0\)と必要十分であるため、\(<\)の推移律より\(-a<a\)が成り立ちます。したがって、\begin{eqnarray*}
\left( 0,a\right) &=&\left\{ x\in
\mathbb{R}\ |\ 0<x<a\right\} \\
\left( -a,0\right) &=&\left\{ x\in
\mathbb{R}\ |\ -a<x<0\right\} \\
\left( -a,a\right) &=&\left\{ x\in
\mathbb{R}\ |\ -a<x<a\right\}
\end{eqnarray*}などはいずれも開区間です。

\(a<b\)を満たす実数\(a,b\in \mathbb{R}\)をそれぞれ任意に選んだとき、\(a\)以上かつ\(b\)より小さいすべての実数からなる集合を、\begin{equation*}
\lbrack a,b)=\left\{ x\in
\mathbb{R}\ |\ a\leq x<b\right\}
\end{equation*}で表記し、これを\(a\)から\(b\)への右半開区間(right half open interval from \(a\) to \(b\))と呼びます。また、\(a\)より大きく\(b\)以下であるようなすべての実数からなる集合を、\begin{equation*}
(a,b]=\left\{ x\in
\mathbb{R}\ |\ a<x\leq b\right\}
\end{equation*}で表記し、これを\(a\)から\(b\)への左半開区間(left half open interval from \(a\) to \(b\))と呼びます。右半開区間と左半開区間を総称して半開区間(half open interval)と呼びます。

端点\(a\)は右半開区間\([a,b)\)の要素であり、端点\(b\)は左半開区間\((a,b]\)の要素であるため、半開区間は\(\mathbb{R}\)の非空な部分集合です。さらに、これらの上界からなる集合と下界からなる集合は、\begin{eqnarray*}
U\left( [a,b)\right) &=&U\left( (a,b]\right) =\left\{ x\in
\mathbb{R}\ |\ b\leq x\right\} \\
L\left( [a,b)\right) &=&L\left( (a,b]\right) =\left\{ x\in
\mathbb{R}\ |\ x\leq a\right\}
\end{eqnarray*}であり、これらはともに非空であるため、半開区間は有界です。すると\(\mathbb{R}\)の連続性より半開区間の上限と下限が存在するはずですが、実際、\begin{eqnarray*}
\sup [a,b) &=&\sup (a,b]=b \\
\inf [a,b) &=&\inf (a,b]=a
\end{eqnarray*}となります。

例(半開区間)
加法単位元\(0\)と乗法単位元\(1\)の間には\(0<1\)が成り立つため、これらを端点とする半開区間\begin{eqnarray*}
\lbrack 0,1) &=&\left\{ x\in
\mathbb{R}\ |\ 0\leq x<1\right\} \\
(0,1] &=&\left\{ x\in
\mathbb{R}\ |\ 0<x\leq 1\right\}
\end{eqnarray*}を考えることができます。

閉区間、開区間、半開区間はいずれも有界な\(\mathbb{R}\)の部分集合であるため、これらを総称して有界区間(bounded interval)と呼びます。

 

無限区間

正の無限大(positive infinity)と呼ばれる概念を\(+\infty \)で表記し、負の無限大(negative infinity)と呼ばれる概念を\(-\infty \)で表記した上で、これらを、\begin{equation*}
\forall x\in
\mathbb{R}:-\infty <x<+\infty
\end{equation*}を満たす記号として定義します。つまり、負の無限大\(-\infty \)は任意の実数より小さく、正の無限大\(+\infty \)は任意の実数よりも大きいということです。正負の無限大はいずれも数ではなく、上の関係を満たす形式的な記号にすぎないことに注意してください。

実数\(a\in \mathbb{R}\)を任意に選んだとき、ある実数が\(a\)以上であることは、その実数が\(a\)以上かつ\(+\infty \)より小さいことと必要十分です。したがって、\(a\)以上であるようなすべての実数からなる集合を、\begin{eqnarray*}
\lbrack a,+\infty ) &=&\left\{ x\in
\mathbb{R}\ |\ a\leq x<+\infty \right\} \\
&=&\left\{ x\in
\mathbb{R}\ |\ a\leq x\right\}
\end{eqnarray*}と表すことができます。また、実数\(b\in \mathbb{R}\)を任意に選んだとき、ある実数が\(b\)以下であることは、その実数が\(-\infty \)より大きく\(b\)以下であることと必要十分です。したがって、\(b\)以下であるようなすべての実数からなる集合を、\begin{eqnarray*}
(-\infty ,b] &=&\left\{ x\in
\mathbb{R}\ |\ -\infty <x\leq b\right\} \\
&=&\left\{ x\in
\mathbb{R}\ |\ x\leq b\right\}
\end{eqnarray*}と表すことができます。これらを無限閉区間(infinite closed interval)と呼びます。

\([a,+\infty )\)はその端点\(a\)を要素として持ち、\((-\infty ,b]\)はその端点\(b\)を要素として持つため、無限閉区間は\(\mathbb{R}\)の非空な部分集合です。さらに、その上界からなる集合と下界からなる集合は、\begin{eqnarray*}
U\left( [a,+\infty )\right) &=&\phi \\
L\left( [a,+\infty )\right) &=&\left\{ x\in
\mathbb{R}\ |\ x\leq a\right\} \\
U\left( (-\infty ,b]\right) &=&\left\{ x\in
\mathbb{R}\ |\ b\leq x\right\} \\
L\left( (-\infty ,b]\right) &=&\phi
\end{eqnarray*}となります。\(L\left( [a,+\infty )\right)\)と\(U\left( (-\infty ,b]\right) \)はともに非空であるため、\([a,+\infty )\)は下に有界であり、\((-\infty ,b]\)は上に有界です。すると\(\mathbb{R}\)の連続性より\([a,+\infty )\)の下限と\((-\infty ,b]\)の上限がそれぞれ存在するはずですが、実際、\begin{eqnarray*}
\inf \left( [a,+\infty )\right) &=&a \\
\sup \left( (-\infty ,b]\right) &=&b
\end{eqnarray*}となります。一方、\(\sup [a,+\infty )\)と\(\inf (-\infty ,b]\)はいずれも存在しません。

例(無限閉区間)
すべての非負な実数からなる集合\(\mathbb{R}_{+}\)とすべての非正な実数からなる集合\(\mathbb{R}_{-}\)に関しては、\begin{eqnarray*}
\mathbb{R}_{+} &=&\left\{ x\in
\mathbb{R}\ |\ 0\leq x\right\} =\left\{ x\in
\mathbb{R}\ |\ 0\leq x<+\infty \right\} =[0,+\infty ) \\
\mathbb{R}_{-} &=&\left\{ x\in
\mathbb{R}\ |\ x\leq 0\right\} =\left\{ x\in
\mathbb{R}\ |\ -\infty <x\leq 0\right\} =(-\infty ,0] \end{eqnarray*}などとなるため、これらは無限閉区間です。

実数\(a\in \mathbb{R}\)を任意に選んだとき、ある実数が\(a\)より大きいことは、その実数が\(a\)より大きく\(+\infty \)より小さいことと必要十分です。したがって、\(a\)より大きいすべての実数からなる集合を、\begin{eqnarray*}
(a,+\infty ) &=&\left\{ x\in
\mathbb{R}\ |\ a<x<+\infty \right\} \\
&=&\left\{ x\in
\mathbb{R}\ |\ a<x\right\}
\end{eqnarray*}と表すことができます。また、実数\(b\in \mathbb{R}\)を任意に選んだとき、ある実数が\(b\)より小さいことは、その実数が\(-\infty \)より大きく\(b\)より小さいことと必要十分です。したがって、\(b\)より小さいすべての実数からなる集合を、\begin{eqnarray*}
(-\infty ,b) &=&\left\{ x\in
\mathbb{R}\ |\ -\infty <x<b\right\} \\
&=&\left\{ x\in
\mathbb{R}\ |\ x<b\right\}
\end{eqnarray*}と表すことができます。これらを無限開区間(infinite open interval)と呼びます。

実数\(a,b\)をそろぞれ任意に選んだとき、アルキメデスの性質より、\(a\)より大きい実数や、\(b\)より小さい実数は必ず存在します。したがって、無限閉区間\((a,+\infty ),(-\infty ,b)\)は\(\mathbb{R}\)の非空な部分集合です。その上界からなる集合と下界からなる集合は、\begin{eqnarray*}
U\left( (a,+\infty )\right) &=&\phi \\
L\left( (a,+\infty )\right) &=&\left\{ x\in
\mathbb{R}\ |\ x<a\right\} \\
U\left( (-\infty ,b)\right) &=&\left\{ x\in
\mathbb{R}\ |\ b<x\right\} \\
L\left( (-\infty ,b)\right) &=&\phi
\end{eqnarray*}となります。\(L\left( (a,+\infty )\right) \)と\(U\left( (-\infty ,b)\right) \)はともに非空であるため、\((a,+\infty )\)は下に有界であり、\((-\infty ,b)\)は上に有界です。すると\(\mathbb{R}\)の連続性より\((a,+\infty )\)の下限と\((-\infty ,b)\)の上限がそれぞれ存在するはずですが、実際、\begin{eqnarray*}
\inf \left( (a,+\infty )\right) &=&a \\
\sup \left( (-\infty ,b)\right) &=&b
\end{eqnarray*}となります。一方、\(\sup (a,+\infty )\)と\(\inf (-\infty ,b)\)はいずれも存在しません。

例(無限開区間)
すべての正の実数からなる集合\(\mathbb{R}_{++}\)とすべての負の実数からなる集合\(\mathbb{R}_{–}\)に関しては、\begin{eqnarray*}
\mathbb{R}_{+} &=&\left\{ x\in
\mathbb{R}\ |\ 0<x\right\} =\left\{ x\in
\mathbb{R}\ |\ 0<x<+\infty \right\} =(0,+\infty ) \\
\mathbb{R}_{-} &=&\left\{ x\in
\mathbb{R}\ |\ x<0\right\} =\left\{ x\in
\mathbb{R}\ |\ -\infty <x<0\right\} =(-\infty ,0)
\end{eqnarray*}などとなるため、これらは無限開区間です。

無限開区間と無限閉区間はいずれも有界区間ではないため、これらを非有界区間(unbounded interval)や無限区間(infinite interval)などと呼びます。

負の無限大\(-\infty \)より大きく正の無限大\(+\infty \)より小さい実数からなる集合を、\begin{equation*}
\left( -\infty ,+\infty \right) =\left\{ x\in
\mathbb{R}\ |\ -\infty <x<+\infty \right\}
\end{equation*}で表し、これを全区間(total interval)と呼びます。正負の無限大の定義より、\begin{equation*}
\mathbb{R}=\left( -\infty ,+\infty \right)
\end{equation*}という関係が成り立ちます。つまり、全区間はすべての実数からなる集合です。

 

区間の特徴づけ

有界区間\([a,b],(a,b),[a,b),(a,b]\)と無限区間\([a,+\infty ),(-\infty ,b],(a,+\infty ),(-\infty ,b)\)および全区間\(\left( -\infty ,+\infty\right) \)を総称して区間(interval)と呼びます。

複数の実数を要素として持つ区間\(I\subset \mathbb{R} \)を任意に選び、さらにその要素である2つの異なる実数\(a,b\in I\)をそれぞれ任意に選びます。\(a\not=b\)であるため、\(a<b\)と\(b<a\)のどちらか一方が成り立ちますが、\(a<b\)としても一般性は失われません。このとき、\(x\in \left( a,b\right) \)すなわち\(a<x<b\)を満たす実数\(x\in \mathbb{R} \)を任意に選ぶと、この\(x\)は明らかに区間\(I\)の要素です。つまり、区間に属する異なる2つの実数を任意に選んだとき、それらの間にある任意の実数もまたその区間に属します。

実は、その逆もまた成立します。つまり、複数の実数を要素として持つ\(\mathbb{R} \)の部分集合\(I\)が与えられたとき、\(I\)に属する異なる2つの要素の間にある任意の実数もまた\(I\)に属する場合、\(I\)は区間であることが保証されます。以上を踏まえると、区間を以下のように特徴づけることができます。

命題(区間であるための条件)
複数の実数を要素として持つ\(\mathbb{R} \)の部分集合\(A\)が任意に与えられたとき、\begin{equation*}\forall a,b\in A:\left[ a<b\Rightarrow \forall x\in \left( a,b\right) :x\in A\right] \end{equation*}が成り立つことは、\(A\)が区間であるための必要十分条件である。
証明

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録

次回は絶対値や距離について学びます。

< 前のページ
次のページ >
Share on twitter
Twitterで共有
Share on email
メールで共有
RELATED KNOWLEDGE

関連知識

区間
区間の集合族

区間の長さと、その区間を分割して得られる小区間の長さの関係は、数直線の部分集合どうしの外延量の関係として捉えることができます。つまり、「区間の長さ」という外延量は数直線の部分集合族に導入されるということです。この集合族は集合半環としての性質を満たします。

近傍
実数空間における点の近傍・近傍系

実数空間の点aと正の実数εが与えられたとき、aからの距離がεよりも小さいような場所にある点からなる集合をaのε-近傍と呼びます。これはaを中心とする有界な開区間と実質的に等しい概念です。

ユークリッド距離
絶対値

実数の絶対値と呼ばれる概念を定義した上で、その代表的な性質について解説します。

区間
位相を用いた関数の連続性の判定

関数による任意の開集合の逆像が開集合であることは、その関数が定義域上において連続であるための必要十分条件です。また、関数による任意の有界開区間の逆像が開集合であることもまた、関数が連続であるための必要十分条件です。

連続関数による区間の像

有界な閉区間上に定義された連続関数による定義域の像もまた有界な閉区間になります。また、区間上に定義された連続関数による定義域の像もまた区間になります。

区間
逆関数の連続性

区間上に定義された連続な狭義単調関数の逆関数もまた区間上に定義された連続な狭義単調関数になります。定義域が区間ではない場合、同様の主張は成り立つとは限りません。

DISCUSSION

質問とコメント

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録