教材一覧
教材一覧
教材検索

関数

不定形の極限(∞^0型)

目次

Twitter
Mailで保存

不定形の極限(∞0型)

定義域を共有する2つの関数\(f,g:\mathbb{R} \supset X\rightarrow \mathbb{R} \)が与えられたとき、点\(a\in \mathbb{R} \)を任意に選びます。ただし、関数\(f,g\)はともに点\(a\)の周辺の任意の点において定義されているものとします。この場合、点\(a\)の周辺の任意の点\(x\in X\)において以下の関数\begin{equation*}f\left( x\right) ^{g\left( x\right) }
\end{equation*}は定義されていることになるため、\(x\rightarrow a\)のときの極限\begin{equation*}\lim_{x\rightarrow a}f\left( x\right) ^{g\left( x\right) }
\end{equation*}が有限な実数として定まるか検討できます。その上で、以下の2つの条件\begin{eqnarray*}
&&\left( a\right) \ \lim_{x\rightarrow a}f\left( x\right) =\pm \infty \\
&&\left( b\right) \ \lim_{x\rightarrow a}g\left( x\right) =0
\end{eqnarray*}が成り立つ状況を想定します。この場合、2つの関数\(f\left( x\right) \)および\(g\left( x\right) \)の極限を別々にとると、\begin{equation*}\lim_{x\rightarrow a}f\left( x\right) ^{\lim\limits_{x\rightarrow a}g\left(
x\right) }=\left( \pm \infty \right) ^{0}
\end{equation*}という不定形になってしまいます。このような事情を踏まえた上で、もとの関数\(f\left( x\right) ^{g\left( x\right) }\)の極限\begin{equation*}\lim_{x\rightarrow a}f\left( x\right) ^{g\left( x\right) }
\end{equation*}を\(\infty ^{0}\)型の不定形(indeterminate form of type \(\infty ^{0}\))と呼びます。後ほど示すように、不定形の極限は有限な実数へ定まる場合とそうでない場合の両方が起こり得ます。

例(∞0型の不定形)
以下の関数\begin{equation*}
\left( e^{\frac{1}{x^{2}}}\right) ^{x^{2}}:\mathbb{R} \backslash \left\{ 0\right\} \rightarrow \mathbb{R} \end{equation*}について、\(x\rightarrow 0\)の場合の極限に注目します。左側の関数については、\begin{equation*}\lim_{x\rightarrow 0}\left( e^{\frac{1}{x^{2}}}\right) =e^{+\infty }=+\infty
\end{equation*}が成り立ち、右側の関数については、\begin{equation*}
\lim_{x\rightarrow 0}x^{2}=0
\end{equation*}が成り立つため、以下の極限\begin{equation*}
\lim_{x\rightarrow 0}\left( e^{\frac{1}{x^{2}}}\right) ^{x^{2}}
\end{equation*}は\(\infty ^{0}\)型の不定形です。具体的には、\begin{eqnarray*}\lim_{x\rightarrow 0}\left( e^{\frac{1}{x^{2}}}\right) ^{x^{2}}
&=&\lim_{x\rightarrow 0}e \\
&=&e
\end{eqnarray*}となるため、この場合の不定形の極限は有限な実数として定まります。

 

不定形の片側極限(∞0型)

片側極限についても同様に考えます。まず、不定形の右側極限は以下のように定義されます。

定義域を共有する2つの関数\(f,g:\mathbb{R} \supset X\rightarrow \mathbb{R} \)が与えられたとき、点\(a\in \mathbb{R} \)を任意に選びます。ただし、関数\(f,g\)はともに点\(a\)より大きい周辺の任意の点において定義されているものとします。この場合、点\(a\)より大きい周辺の任意の点\(x\in X\)において以下の関数\begin{equation*}f\left( x\right) ^{g\left( x\right) }
\end{equation*}は定義されていることになるため、\(x\rightarrow a+\)のときの右側極限\begin{equation*}\lim_{x\rightarrow a+}f\left( x\right) ^{g\left( x\right) }
\end{equation*}が有限な実数として定まるか検討できます。その上で、以下の2つの条件\begin{eqnarray*}
&&\left( a\right) \ \lim_{x\rightarrow a+}f\left( x\right) =\pm \infty \\
&&\left( b\right) \ \lim_{x\rightarrow a+}g\left( x\right) =0
\end{eqnarray*}がともに成り立つ状況を想定します。この場合、2つの関数\(f\left(x\right) \)および\(g\left( x\right) \)の右側極限を別々にとると、\begin{equation*}\lim_{x\rightarrow a+}f\left( x\right) ^{\lim\limits_{x\rightarrow
a+}g\left( x\right) }=\left( \pm \infty \right) ^{0}
\end{equation*}という不定形になってしまいます。このような事情を踏まえた上で、もとの関数\(f\left( x\right) ^{g\left( x\right) }\)の右側極限\begin{equation*}\lim_{x\rightarrow a+}f\left( x\right) ^{g\left( x\right) }
\end{equation*}を\(\infty ^{0}\)型の不定形(indeterminate form of type \(\infty ^{0}\))と呼びます。後ほど示すように、不定形の右側極限は有限な実数へ定まる場合とそうでない場合の両方が起こり得ます。

例(∞0型の不定形)
以下の関数\begin{equation*}
\left( e^{\frac{1}{x^{2}}}\right) ^{x^{2}}:\mathbb{R} \backslash \left\{ 0\right\} \rightarrow \mathbb{R} \end{equation*}について、\(x\rightarrow 0+\)の場合の右側極限に注目します。左側の関数については、\begin{equation*}\lim_{x\rightarrow 0+}\left( e^{\frac{1}{x^{2}}}\right) =e^{+\infty
}=+\infty
\end{equation*}が成り立ち、右側の関数については、\begin{equation*}
\lim_{x\rightarrow 0+}x^{2}=0
\end{equation*}が成り立つため、以下の右側極限\begin{equation*}
\lim_{x\rightarrow 0+}\left( e^{\frac{1}{x^{2}}}\right) ^{x^{2}}
\end{equation*}は\(\infty ^{0}\)型の不定形です。具体的には、\begin{eqnarray*}\lim_{x\rightarrow 0+}\left( e^{\frac{1}{x^{2}}}\right) ^{x^{2}}
&=&\lim_{x\rightarrow 0+}e \\
&=&e
\end{eqnarray*}となるため、この場合の不定形の右側極限は有限な実数として定まります。

不定形の左側極限も同様に定義します。具体的には以下の通りです。

定義域を共有する2つの関数\(f,g:\mathbb{R} \supset X\rightarrow \mathbb{R} \)が与えられたとき、点\(a\in \mathbb{R} \)を任意に選びます。ただし、関数\(f,g\)はともに点\(a\)より小さい周辺の任意の点において定義されているものとします。この場合、点\(a\)より小さい周辺の任意の点\(x\in X\)において以下の関数\begin{equation*}f\left( x\right) ^{g\left( x\right) }
\end{equation*}は定義されていることになるため、\(x\rightarrow a-\)のときの左側極限\begin{equation*}\lim_{x\rightarrow a-}f\left( x\right) ^{g\left( x\right) }
\end{equation*}が有限な実数として定まるか検討できます。その上で、以下の2つの条件\begin{eqnarray*}
&&\left( a\right) \ \lim_{x\rightarrow a-}f\left( x\right) =\pm \infty \\
&&\left( b\right) \ \lim_{x\rightarrow a-}g\left( x\right) =0
\end{eqnarray*}がともに成り立つ状況を想定します。この場合、2つの関数\(f\left(x\right) \)および\(g\left( x\right) \)の左側極限を別々にとると、\begin{equation*}\lim_{x\rightarrow a-}f\left( x\right) ^{\lim\limits_{x\rightarrow
a-}g\left( x\right) }=\left( \pm \infty \right) ^{0}
\end{equation*}という不定形になってしまいます。このような事情を踏まえた上で、もとの関数\(f\left( x\right) ^{g\left( x\right) }\)の左側極限\begin{equation*}\lim_{x\rightarrow a-}f\left( x\right) ^{g\left( x\right) }
\end{equation*}を\(\infty ^{0}\)型の不定形(indeterminate form of type \(\infty ^{0}\))と呼びます。後ほど示すように、不定形の左側極限は有限な実数へ定まる場合とそうでない場合の両方が起こり得ます。

 

不定形の無限大における極限(∞0型)

無限大における極限についても同様に考えます。まず、不定形の正の無限大における極限は以下のように定義されます。

定義域を共有する2つの関数\(f,g:\mathbb{R} \supset X\rightarrow \mathbb{R} \)がともに限りなく大きい任意の点において定義されているものとします。この場合、限りなく大きい任意の点\(x\in X\)において以下の関数\begin{equation*}f\left( x\right) ^{g\left( x\right) }
\end{equation*}は定義されていることになるため、\(x\rightarrow+\infty \)のときの極限\begin{equation*}\lim_{x\rightarrow +\infty }f\left( x\right) ^{g\left( x\right) }
\end{equation*}が有限な実数として定まるか検討できます。その上で、以下の2つの条件\begin{eqnarray*}
&&\left( a\right) \ \lim_{x\rightarrow +\infty }f\left( x\right) =\pm \infty
\\
&&\left( b\right) \ \lim_{x\rightarrow +\infty }g\left( x\right) =0
\end{eqnarray*}がともに成り立つ状況を想定します。この場合、2つの関数\(f\left(x\right) \)および\(g\left( x\right) \)の極限を別々にとると、\begin{equation*}\lim_{x\rightarrow +\infty }f\left( x\right) ^{\lim\limits_{x\rightarrow
+\infty }g\left( x\right) }=\left( \pm \infty \right) ^{0}
\end{equation*}という不定形になってしまいます。このような事情を踏まえた上で、もとの関数\(f\left( x\right) ^{g\left( x\right) }\)の正の無限大における極限\begin{equation*}\lim_{x\rightarrow +\infty }f\left( x\right) ^{g\left( x\right) }
\end{equation*}を\(\infty ^{0}\)型の不定形(indeterminate form of type \(\infty ^{0}\))と呼びます。後ほど示すように、不定形の正の無限大における極限は有限な実数へ定まる場合とそうでない場合の両方が起こり得ます。

例(∞0型の不定形)
以下の関数\begin{equation*}
\left( e^{x^{2}}\right) ^{\frac{1}{x^{2}}}:\mathbb{R} \backslash \left\{ 0\right\} \rightarrow \mathbb{R} \end{equation*}について、\(x\rightarrow +\infty \)の場合の極限に注目します。左側の関数については、\begin{equation*}\lim_{x\rightarrow +\infty }e^{x^{2}}=e^{+\infty }=+\infty
\end{equation*}が成り立ち、右側の関数については、\begin{equation*}
\lim_{x\rightarrow +\infty }\left( \frac{1}{x^{2}}\right) =0
\end{equation*}が成り立つため、以下の極限\begin{equation*}
\lim_{x\rightarrow +\infty }\left( e^{x^{2}}\right) ^{\frac{1}{x^{2}}}
\end{equation*}は\(\infty ^{0}\)型の不定形です。具体的には、\begin{eqnarray*}\lim_{x\rightarrow +\infty }\left( e^{x^{2}}\right) ^{\frac{1}{x^{2}}}
&=&\lim_{x\rightarrow +\infty }e \\
&=&e
\end{eqnarray*}となるため、この場合の不定形の極限は有限な実数として定まります。

不定形の負の無限大における極限も同様に定義します。具体的には以下の通りです。

定義域を共有する2つの関数\(f,g:\mathbb{R} \supset X\rightarrow \mathbb{R} \)がともに限りなく小さい任意の点において定義されているものとします。この場合、限りなく小さい任意の点\(x\in X\)において以下の関数\begin{equation*}f\left( x\right) ^{g\left( x\right) }
\end{equation*}は定義されていることになるため、\(x\rightarrow-\infty \)のときの極限\begin{equation*}\lim_{x\rightarrow -\infty }f\left( x\right) ^{g\left( x\right) }
\end{equation*}が有限な実数として定まるか検討できます。その上で、以下の2つの条件\begin{eqnarray*}
&&\left( a\right) \ \lim_{x\rightarrow -\infty }f\left( x\right) =\pm \infty
\\
&&\left( b\right) \ \lim_{x\rightarrow -\infty }g\left( x\right) =0
\end{eqnarray*}がともに成り立つ状況を想定します。この場合、2つの関数\(f\left(x\right) \)および\(g\left( x\right) \)の極限を別々にとると、\begin{equation*}\lim_{x\rightarrow -\infty }f\left( x\right) ^{\lim\limits_{x\rightarrow
-\infty }g\left( x\right) }=\left( \pm \infty \right) ^{0}
\end{equation*}という不定形になってしまいます。このような事情を踏まえた上で、もとの関数\(f\left( x\right) ^{g\left( x\right) }\)の負の無限大における極限\begin{equation*}\lim_{x\rightarrow -\infty }f\left( x\right) ^{g\left( x\right) }
\end{equation*}を\(\infty ^{0}\)型の不定形(indeterminate form of type \(\infty ^{0}\))と呼びます。後ほど示すように、不定形の負の無限大における極限は有限な実数へ定まる場合とそうでない場合の両方が起こり得ます。

 

不定形の極限は有限な実数であるとは限らない

関数\(f\left( x\right) ^{g\left( x\right) }\)を構成する\(f\left( x\right) \)が無限大へ発散するとともに\(g\left( x\right) \)が\(0\)へ収束する場合、関数\(f\left( x\right) ^{g\left( x\right) }\)は有限な実数へ収束するとは限りません。以下の例より明らかです。

例(不定形の極限は有限な実数であるとは限らない)
以下の関数\begin{equation*}
\left( e^{\frac{1}{x^{2}}}\right) ^{x}:\mathbb{R} \backslash \left\{ 0\right\} \rightarrow \mathbb{R} \end{equation*}について、\(x\rightarrow 0+\)の場合の右側極限に注目します。左側の関数については、\begin{equation*}\lim_{x\rightarrow 0+}\left( e^{\frac{1}{x^{2}}}\right) =e^{+\infty
}=+\infty
\end{equation*}が成り立ち、右側の関数については、\begin{equation*}
\lim_{x\rightarrow 0+}x=0
\end{equation*}が成り立つため、以下の右側極限\begin{equation*}
\lim_{x\rightarrow 0+}\left( e^{\frac{1}{x^{2}}}\right) ^{x}
\end{equation*}は\(\infty ^{0}\)型の不定形です。具体的には、\begin{eqnarray*}\lim_{x\rightarrow 0+}\left( e^{\frac{1}{x^{2}}}\right) ^{x}
&=&\lim_{x\rightarrow 0+}e^{\frac{1}{x}} \\
&=&e^{+\infty } \\
&=&+\infty
\end{eqnarray*}となります。

 

不定形の極限が存在するか容易に判定できるとは限らない

関数\(f\left( x\right) ^{g\left( x\right) }\)を構成する\(f\left( x\right) \)が無限大へ発散するとともに\(g\left( x\right) \)が\(0\)へ収束する場合、関数\(f\left( x\right) ^{g\left( x\right) }\)が有限な実数へ収束するか判定するのは必ずしも容易ではありません。

例(不定形の極限が存在するか容易に判定できるとは限らない)
以下の関数\begin{equation*}
\left( \ln \left( x\right) \right) ^{\frac{1}{x}}:\mathbb{R} _{++}\rightarrow \mathbb{R} \end{equation*}について、\(x\rightarrow +\infty \)の場合の極限に注目します。左側の関数については、\begin{equation*}\lim_{x\rightarrow +\infty }\ln \left( x\right) =+\infty
\end{equation*}が成り立ち、右側の関数については、\begin{equation*}
\lim_{x\rightarrow +\infty }\left( \frac{1}{x}\right) =0
\end{equation*}が成り立つため、以下の極限\begin{equation*}
\lim_{x\rightarrow +\infty }\left( \ln \left( x\right) \right) ^{\frac{1}{x}}
\end{equation*}は\(\infty ^{0}\)型の不定形です。ただし、この極限が有限な実数として定まるか判定するのは困難です。

以上の例が示唆するように、不定形の極限が存在するかの判定は必ずしも容易ではないため、何らかの工夫が必要です。具体的な方法については場を改めて解説します。

 

\(0/0\)型や\(\infty /\infty \)型の不定形への変換

関数の極限\begin{equation*}
\lim_{x\rightarrow a}f\left( x\right) ^{g\left( x\right) }
\end{equation*}が\(\infty ^{0}\)型の不定形であるものとします。つまり、以下の2つの条件\begin{eqnarray*}&&\left( a\right) \ \lim_{x\rightarrow a}f\left( x\right) =\pm \infty \\
&&\left( b\right) \ \lim_{x\rightarrow a}g\left( x\right) =0
\end{eqnarray*}がともに成り立つということです。一般に、\begin{equation*}
h\left( x\right) =e^{\ln \left( h\left( x\right) \right) }=\exp \left( \ln
\left( h\left( x\right) \right) \right)
\end{equation*}という関係が成り立つことを踏まえると、\begin{eqnarray*}
\lim_{x\rightarrow a}f\left( x\right) ^{g\left( x\right) }
&=&\lim_{x\rightarrow a}\exp \left( \ln \left( f\left( x\right) ^{g\left(
x\right) }\right) \right) \\
&=&\lim_{x\rightarrow a}\exp \left( g\left( x\right) \ln \left( f\left(
x\right) \right) \right) \\
&=&\exp \left( \lim_{x\rightarrow a}g\left( x\right) \ln \left( f\left(
x\right) \right) \right) \\
&=&\exp \left( \lim_{x\rightarrow a}\frac{g\left( x\right) }{\frac{1}{\ln
\left( f\left( x\right) \right) }}\right)
\end{eqnarray*}という変形が可能ですが、\(\left( a\right) ,\left( b\right) \)のもとでは、\begin{eqnarray*}&&\left( c\right) \ \lim_{x\rightarrow a}g\left( x\right) =0 \\
&&\left( d\right) \ \lim_{x\rightarrow a}\left[ \frac{1}{\ln \left( f\left(
x\right) \right) }\right] =0
\end{eqnarray*}となるため、\(\infty ^{0}\)型の不定形を特定する問題を\(\frac{0}{0}\)型の不定形を特定する問題へ帰着させられることが明らかになりました。また、\begin{eqnarray*}\lim_{x\rightarrow a}f\left( x\right) ^{g\left( x\right) }
&=&\lim_{x\rightarrow a}\exp \left( \ln \left( f\left( x\right) ^{g\left(
x\right) }\right) \right) \\
&=&\lim_{x\rightarrow a}\exp \left( g\left( x\right) \ln \left( f\left(
x\right) \right) \right) \\
&=&\exp \left( \lim_{x\rightarrow a}g\left( x\right) \ln \left( f\left(
x\right) \right) \right) \\
&=&\exp \left( \lim_{x\rightarrow a}\frac{\ln \left( f\left( x\right)
\right) }{\frac{1}{g\left( x\right) }}\right)
\end{eqnarray*}という変形も可能ですが、\(\left( a\right) ,\left( b\right) \)のもとでは、\begin{eqnarray*}&&\left( e\right) \ \lim_{x\rightarrow a}\ln \left( f\left( x\right) \right)
=\pm \infty \\
&&\left( f\right) \ \lim_{x\rightarrow a}\left[ \frac{1}{g\left( x\right) }\right] =+\infty
\end{eqnarray*}となるため、\(\infty ^{0}\)型の不定形を特定する問題を\(\frac{\infty }{\infty }\)型の不定形を特定する問題へ帰着させられることが明らかになりました。\(\infty ^{0}\)型の不定形は\(\frac{0}{0}\)型または\(\frac{\infty }{\infty }\)型の不定形へ変換できるということです。

不定形の片側極限や無限大における極限についても同様の変形が可能です。

Twitter
Mailで保存

質問とコメント

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録

関連知識

数列の極限と不定形

数列の極限が不定形である場合、その数列の一般項を上手く変形してから極限をとることにより不定形を解消できることがあります。今回は不定形を解消するための方法を解説します。

拡大実数系と不定形

R に属するすべての実数と正負の無限大+∞,−∞からなる集合を拡大実数系と呼びます。

不定形の極限(0/0型)

2つの関数の商として定義されている関数について、分子の関数と分母の関数がともにゼロへ収束する場合、もとの関数の極限を0/0型の不定形と呼びます。不定形の極限は有限な実数として定まる場合とそうでない場合の両方が起こり得ます。

不定形の極限(∞/∞型)

2つの関数の商として定義されている関数について、分子の関数と分母の関数がともに無限大へ発散する場合、もとの関数の極限を∞/∞型の不定形と呼びます。不定形の極限は有限な実数として定まる場合とそうでない場合の両方が起こり得ます。

不定形の極限(0×∞型)

2つの関数の積として定義されている関数について、一方がゼロへ収束する一方で他方が無限大へ発散する場合、もとの関数の極限を0×∞型の不定形と呼びます。不定形の極限は有限な実数として定まる場合とそうでない場合の両方が起こり得ます。

不定形の極限(∞-∞型)

2つの関数の差として定義されている関数について、2つの関数がともに正の無限大へ発散する場合、もしくはともに負の無限大へ発散する場合、もとの関数の極限を∞-∞型の不定形と呼びます。不定形の極限は有限な実数として定まる場合とそうでない場合の両方が起こり得ます。

不定形の極限(1^∞型)

関数の関数べき乗として定義される関数について、底に相当する関数が1へ収束する一方で指数に相当する関数が無限大へ発散する場合、もとの関数の極限を1^∞型の不定形と呼びます。

不定形の極限(0^0型)

関数の関数べき乗として定義される関数について、底に相当する関数と指数に相当する関数がともに0へ収束する場合、もとの関数の極限を00型の不定形と呼びます。

不定形の極限の解消:式変形を用いる方法

関数の極限が不定形である場合でも、関数を変形してから極限をとることにより不定形を解消できる場合があります。約分、因数分解、有理化などを通じて不定形を解消する方法を解説します。

不定形の極限の解消:極限公式を用いる方法

関数の極限が不定形である場合でも、関数の極限公式を用いることにより不定形を解消できる場合があります。三角関数やネイピア数に関する極限公式を用いて不定形を解消する方法を解説します。