教材一覧
教材一覧
教材検索
TOPOLOGY OF THE REAL LINE

基本近傍系と第1可算公理

目次

Share on twitter
Twitterで共有
Share on email
メールで共有

基本近傍系

復習になりますが、実数空間の点\(a\in \mathbb{R}\)と正の実数\(\varepsilon >0\)がそれぞれ与えられたとき、\(a\)を中心とする半径\(\varepsilon \)の近傍は、\begin{eqnarray*}
U_{\varepsilon }\left( a\right) &=&\left\{ x\in
\mathbb{R}\ |\ \left\vert x-a\right\vert <\varepsilon \right\} \\
&=&\left( a-\varepsilon ,a+\varepsilon \right)
\end{eqnarray*}と定義される\(\mathbb{R}\)の部分集合です。さらに、点\(a\)の近傍をすべて集めてできる\(\mathbb{R}\)の部分集合族を点\(a\)の近傍系と呼び、これを、\begin{equation*}
U\left( a\right) =\left\{ U_{\varepsilon }\left( a\right) \ |\ 0<\varepsilon
<+\infty \right\}
\end{equation*}で表記します。

点\(a\in \mathbb{R}\)の近傍系\(U\left( a\right) \)と、その部分集合族\(U^{\ast }\left( a\right) \)について、\begin{equation*}
\forall U\in U\left( a\right) ,\ \exists U^{\ast }\in U^{\ast }\left(
a\right) :U^{\ast }\subset U
\end{equation*}という関係が成り立つ場合、\(U^{\ast }\left( a\right) \)を点\(a\)の基本近傍系(fundamental system of neighborhoods)と呼びます。

点の基本近傍系が存在する場合、どのようなメリットがあるのでしょうか。点\(x\in \mathbb{R}\)が与えられたとき、これが点\(a\in \mathbb{R}\)からどらくらい離れた場所にあるか興味がある状況を想定します。点\(x\)と点\(a\)の距離が\(\varepsilon >0\)よりも短いというためには\(x\)が近傍\(U_{\varepsilon }\left( a\right) \in U\left( a\right) \)の要素であることを示す必要があります。ただ、基本近傍系の定義より、この近傍\(U_{\varepsilon }\left( a\right) \)の部分集合であるような基本近傍系の要素\(U^{\ast }\left( a\right) \in U^{\ast }\left( a\right) \)が必ず存在するため、\(x\)が\(U^{\ast }\left( a\right) \)の要素であることを示すことによっても点\(x\)と点\(a\)の距離が\(\varepsilon \)よりも短いことを示したことになります。これは任意の\(\varepsilon >0\)について成立します。したがって、近傍を通じて点\(a\)との距離感を測るためには基本近傍系\(U^{\ast }\left( a\right) \)に属する近傍だけがあれば十分で、近傍系\(U\left( a\right) \)に属するすべての近傍は必要ありません。つまり、基本近傍系が存在する場合、議論の対象とすべき近傍の数を減らすことができるため、それにより議論を簡素化できることになります。

例(点の基本近傍系)
点\(a\in \mathbb{R}\)の近傍系\(U\left( a\right) \)は明らかに点\(a\)の基本近傍系です。なぜなら、点\(a\)の任意の近傍\(U\in U\left( a\right) \)を任意に選んだとき、\(U\)自身が\(U\)の部分集合だからです。
例(点の基本近傍系)
点\(a\in \mathbb{R}\)を中心とする近傍の中でも、自然数\(n\in \mathbb{N}\)に対して、\begin{equation*}
U_{\frac{1}{n}}\left( a\right) =\left\{ x\in
\mathbb{R}\ |\ d\left( a,x\right) <\frac{1}{n}\right\}
\end{equation*}と定義されるものに注目した上で、そのような近傍を集めた集合族を、\begin{equation*}
U^{\ast }\left( a\right) =\left\{ U_{\frac{1}{n}}\left( a\right) \ |\ n\in
\mathbb{N}\right\}
\end{equation*}で表記します。この\(U^{\ast }\left( a\right) \)は点\(a\)の基本近傍系です。実際、点\(a\)の近傍\(U_{\varepsilon }\left( a\right) \in U\left( a\right) \)を任意に選んだとき、それに対して、\begin{equation}
U_{\delta }\left( a\right) \subset U_{\varepsilon }\left( a\right) \quad \cdots (1)
\end{equation}を満たす\(\delta >0\)が存在しますが、アルキメデスの性質より、それに対して、\begin{equation*}
\frac{1}{n}<\delta
\end{equation*}を満たす番号\(n\in \mathbb{N}\)が存在するため、この番号\(n\)について、\begin{equation}
U_{\frac{1}{n}}\left( a\right) \subset U_{\delta }\left( a\right) \quad \cdots (2)
\end{equation}が成り立ちます。\(\left( 1\right) ,\left( 2\right) \)を踏まえると、\begin{equation*}
U_{\frac{1}{n}}\left( a\right) \subset U_{\varepsilon }\left( a\right)
\end{equation*}が成り立ちますが、\(U_{\frac{1}{n}}\left( a\right) \)は\(U^{\ast }\left( a\right) \)の要素であるため証明が完了しました。

 

第1可算公理

実数空間の点\(a\in \mathbb{R}\)を任意に選んだとき、それに対して可算個の要素を持つ基本近傍系\(U^{\ast }\left( a\right) \)が存在する場合、\(\mathbb{R}\)は第1可算公理(first axiom of countability)を満たすと言います。

先に例を通じて確認したように、点\(a\in \mathbb{R}\)を任意に選んだとき、\begin{equation*}
U^{\ast }\left( a\right) =\left\{ U_{\frac{1}{n}}\left( a\right) \ |\ n\in
\mathbb{N}\right\}
\end{equation*}と定義される\(\mathbb{R}\)の部分集合族は点\(a\)の基本近傍系です。しかも、\(\mathbb{N}\)は可算集合であるため\(U^{\ast }\left( a\right) \)は可算個の要素を持ちます。\(\mathbb{R}\)の任意の点\(a\)について同様の議論が成立するため、\(\mathbb{R}\)は第1可算公理を満たすことが示されました。

繰り返しになりますが、点\(a\in \mathbb{R}\)の基本近傍系\(U^{\ast }\left( a\right) \)が存在する場合には、点\(a\)との距離感を知る上で近傍系\(U\left( a\right) \)に属するすべての近傍を議論の対象とする必要はなく、基本近傍系\(U^{\ast }\left( a\right) \)に属する近傍だけを議論の対象とすれば十分です。しかも、第1可算公理が成り立つ場合には基本近傍系\(U^{\ast }\left( a\right) \)が可算集合であることが保証されるため、可算個の近傍だけを議論の対象とすれば十分です。

命題(第1可算公理)
実数空間\(\mathbb{R}\)は第1可算公理を満たす。
証明を見る(プレミアム会員限定)

次回は開基や第2可算公理などについて解説します。

質問・コメント(プレミアム会員限定) 演習問題(プレミアム会員限定) 次へ進む
Share on twitter
Twitterで共有
Share on email
メールで共有
DISCUSSION

質問とコメント

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録

RELATED KNOWLEDGE

関連知識

直線の位相