WIIS

教材一覧
教材一覧
教材検索
CARDINALITY OF SET

有限集合の部分集合の濃度

目次

Share on twitter
Twitterで共有
Share on email
メールで共有

有限集合の部分集合の濃度

有限集合の濃度は要素の個数と等しいため、有限集合\(A\)が\(1\)以上\(n\)以下のすべての自然数からなる集合\begin{equation*}\mathbb{N} _{n}=\left\{ 1,\cdots ,n\right\} \end{equation*}の部分集合であるならば、この集合\(A\)の濃度は\(n\)以下であるはずです。実際、これは正しい主張です。

命題(有限集合の部分集合の濃度)
集合\(A\)に対してある\(n\in \mathbb{N} \)が存在して\(A\subset \mathbb{N} _{n}\)が成り立つ場合には、\(A\)は有限集合であるとともに、\begin{equation*}\left\vert A\right\vert \leq n
\end{equation*}が成り立つ。ただし、\begin{equation*}\mathbb{N} _{n}=\left\{ 1,\cdots ,n\right\}
\end{equation*}である。

証明

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録

有限集合の濃度は要素の個数と等しいため、有限集合\(A\)の部分集合\(B\)もまた有限集合であるとともに、\(A\)の濃度は\(B\)の濃度以下であるはずです。これは正しい主張です。証明では先の命題を利用します。

命題(有限集合の部分集合の濃度)
有限集合\(A\)の部分集合\(B\)を任意に選んだとき、\(B\)もまた有限集合であるととともに、\begin{equation*}\left\vert B\right\vert \leq \left\vert A\right\vert
\end{equation*}が成り立つ。

解答を見る

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録

上の命題の逆は成り立つとは限りません。つまり、有限集合\(A,B\)について\(\left\vert B\right\vert \leq \left\vert A\right\vert \)が成り立つとき、\(B\)は\(A\)の部分集合であるとは限りません。以下の例より明らかです。

例(有限集合の部分集合の濃度)
以下の2つの集合\begin{eqnarray*}
A &=&\left\{ a,b,c\right\} \\
B &=&\left\{ 1,2\right\}
\end{eqnarray*}はともに有限集合であるとともに\(\left\vert B\right\vert\leq \left\vert A\right\vert \)が成り立つ一方で\(B\subset A\)は成り立ちません。

 

有限集合の真部分集合の濃度

有限集合の濃度は要素の個数と等しいため、有限集合に要素を1つ加えれば濃度は\(1\)だけ大きくなるはずです。実際、これは正しい主張です。

命題(有限濃度の基数性)
有限集合\(A\)と要素\(x\not\in A\)がそれぞれ任意に与えられたとき、\begin{equation*}\left\vert A\cup \left\{ x\right\} \right\vert =\left\vert A\right\vert +1
\end{equation*}が成り立つ。

証明

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録

有限集合の濃度は要素の個数と等しいため、有限集合から要素を1つ除けば濃度は\(1\)だけ小さくなるはずです。証明では直前に示した命題を利用します。

命題(有限濃度の基数性)
有限集合\(A\)と要素\(x\in A\)がそれぞれ任意に与えられたとき、\begin{equation*}\left\vert A\backslash \left\{ x\right\} \right\vert =\left\vert
A\right\vert -1
\end{equation*}が成り立つ。

証明

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録

有限集合の濃度は要素の個数と等しいため、有限集合の濃度はその任意の真部分集合の濃度よりも大きいはずです。証明では直前に示した命題を利用します。

命題(有限集合の真部分集合の濃度)
有限集合\(A\)の真部分集合\(B\)を任意に選んだとき、\(B\)もまた有限集合であるととともに、\begin{equation*}\left\vert B\right\vert <\left\vert A\right\vert
\end{equation*}が成り立つ。

証明

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録

Share on twitter
Twitterで共有
Share on email
メールで共有
RELATED KNOWLEDGE

関連知識

部分集合
部分集合

集合 A,B について、A のすべての要素が同時に B の要素でもある場合には A は B の部分集合であると言います。

有限濃度
有限集合

有限個の要素を持つ集合を有限集合と呼びます。有限集合の濃度を有限濃度と呼びます。有限集合どうしの濃度が等しいことと、それらの集合に含まれる要素の個数が等しいことは必要十分です。

有限集合
有限集合の直積集合の濃度

有限個の有限集合の直積集合もまた有限集合であることを示すとともに、その濃度を具体的に求める方法について解説します。

有限集合
鳩の巣原理(ディリクレの箱入れ原理)

集合A,Bがともに有限集合であるとともにAの濃度がBの濃度よりも大きい場合にはAからBへの単射は存在しません。これを鳩の巣原理やディリクレの箱入れ原理などと呼びます。

可算集合
可算集合の部分集合の濃度

有限集合とその真部分集合の濃度は一致しない一方で、可算集合とその無限真部分集合の濃度は一致することが保証されます。

有限集合
有限型確率空間

標本空間が有限集合であるとき、その任意の部分集合を事象として考察対象に含めることができます。その上で、標本空間のベキ集合上に集合関数を定義した上で、それが確率論の公理と呼ばれる性質を満たすものと定めます。こうして得られる概念を有限確率空間と呼びます。

DISCUSSION

質問とコメント

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録