WIIS

教材一覧
教材一覧
教材検索
RELATION

関係の定義

目次

< 前のページ
次のページ >
Share on twitter
Twitterで共有
Share on email
メールで共有

関係

一般に、複数の物事が互いに関わり合っている状態を関係(relation)と呼びますが、これを数学的にどのように定式化できるでしょうか。いくつか具体例を挙げた上で、後に話を一般化します。

例(婚姻関係)
婚姻関係は二人のヒトの間に成立する典型的な関係です。話を単純化するため、ここでは一夫一妻制社会における異性間の婚姻について考えます。男性の集合\(M\)と女性の集合\(W\)が与えられたとき、男性\(m\in M\)と女性\(w\in W\)をそれぞれ任意に選んだ上で、それらを成分とする順序対\(\left( m,w\right) \)を作ります。男性\(m\)と女性\(w\)は夫婦であるか否かのどちらか一方です。そこで、夫婦であるような男女を成分とする順序対\(\left( m,w\right) \)からなる集合を、\begin{equation*}R=\left\{ \left( m,w\right) \in M\times W\ |\ m\text{と}w\text{は夫婦である}\right\}
\end{equation*}と定義します。これは\(M\times W\)の部分集合です。このとき、任意の男女\(m,w\)について、\begin{eqnarray*}\left( m,w\right) &\in &R\Leftrightarrow m\text{と}w\text{は夫婦である} \\
\left( m,w\right) &\not\in &R\Leftrightarrow m\text{と}w\text{は夫婦ではない}
\end{eqnarray*}という関係が成り立ちます。このような\(M\times W\)の部分集合\(R\)が与えられれば、任意の男女\(m,w\)について、彼らが夫婦であるか判定できます。したがって、この集合\(R\)は婚姻関係を総体的に記述することに成功しています。
例(数の大小関係)
大小関係は二つの数の間に成立する典型的な関係です。偶数の集合\(E\)と奇数の集合\(O\)が与えられたとき、偶数\(e\in E\)と奇数\(o\in O\)をそれぞれ任意に選んだ上で、それらを成分とする順序対\(\left( e,o\right) \)を作ります。\(e<o\)は成立するか否かのどちらか一方です。例えば、\(\left( e,o\right) =\left( 2,3\right) \)については\(2<3\)が成立する一方で、\(\left( e,o\right) =\left( 2,1\right) \)については\(2<1\)は成立しません。そこで、\(e<o\)が成立するような順序対\(\left( e,o\right) \)からなる集合を、\begin{equation*}R=\left\{ \left( e,o\right) \in E\times O\ |\ e<o\right\}
\end{equation*}と定義します。これは\(E\times O\)の部分集合です。このとき、任意の偶数\(e\)と奇数\(o\)について、\begin{eqnarray*}\left( e,o\right) &\in &R\Leftrightarrow e<o \\
\left( e,o\right) &\not\in &R\Leftrightarrow \lnot \left( e<o\right)
\Leftrightarrow e>o
\end{eqnarray*}という関係が成り立ちます。このような\(E\times O\)の部分集合\(R\)が与えられれば、任意の偶数\(e\)と奇数\(o\)について、どちらが大きいかを判定できます。したがって、この集合\(R\)は偶数と奇数の間の大小関係を総体的に記述することに成功しています。

以上の2つの例が示唆するように、2つの集合\(A,B\)が与えられたとき、それらの要素の間の関係は、直積\(A\times B\)の部分集合\begin{equation*}R\subset A\times B
\end{equation*}として総体的に記述できます。このような事情を念頭においた上で、一般に、問題としている2つの集合\(A,B\)が与えられたとき、\(A\)から\(B\)への関係(relation from \(A\) to \(B\))という概念を直積\(A\times B\)の部分集合\(R\)として定義します。\(A\)の要素\(a\)と\(B\)の要素\(b\)をそれぞれ任意に選んだとき、順序対\(\left( a,b\right) \)が関係\(R\)の要素である場合、すなわち\(\left( a,b\right) \in R\)が成り立つ場合、\(a\)と\(b\)は\(R\)のもとで関係を持つ(related)と言い、このことを\(R\left( a,b\right) \)や\(aRb\)で表記します。つまり、\begin{equation*}R\left( a,b\right) \Leftrightarrow aRb\Leftrightarrow \left( a,b\right) \in R
\end{equation*}です。逆に、順序対\(\left( a,b\right) \)が関係\(R\)の要素でない場合、すなわち\(\left( a,b\right) \not\in R\)が成り立つ場合、\(a\)と\(b\)は\(R\)のもとで関係を持たない(not related)と言い、このことを\(\lnot R\left( a,b\right) \)や\(\lnot \left(aRb\right) \)で表記します。つまり、\begin{equation*}\lnot R\left( a,b\right) \Leftrightarrow \lnot \left( aRb\right)
\Leftrightarrow \left( a,b\right) \not\in R
\end{equation*}です。

\(A\)から\(B\)への関係\(R\)について、\(A\)を\(R\)の始集合(initial set)と呼び、\(B\)を\(R\)の終集合(final set)と呼びます。正式には、始集合が\(A\)で終集合が\(B\)であるような関係を\(\left( R,A,B\right) \)と表記しますが、始集合と終集合が文脈から明らかである場合、これをシンプルに\(R\)と表記できます。関係\(R\)の始集合\(A\)と終集合\(B\)は異なる集合である必要はありません。始集合と終集合が一致する関係を二項関係(binary relation)と呼びます。二項関係については場を改めて解説します

例(婚姻関係)
関係\(R\)の始集合\(M\)と終集合\(W\)がそれぞれ、\begin{eqnarray*}M &=&\left\{ m_{1},m_{2},m_{3}\right\} \\
W &=&\left\{ w_{1},w_{2},w_{3}\right\}
\end{eqnarray*}で与えられているものとします。さらにこの関係\(R\)は、それぞれの\(\left( m,w\right) \in M\times W\)について、\begin{equation*}R\left( m,w\right) \Leftrightarrow m\text{と}w\text{は夫婦である}
\end{equation*}を満たすものとして定義されています。つまり、\(m\)と\(w\)が夫婦であるとき、そしてその場合にのみ\(R\)のもとで\(m\)と\(w\)は関係を持つということです。仮に\(m_{1}\)と\(w_{2}\)、\(m_{2}\)と\(w_{3}\)がそれぞれ夫婦であり、他の全員が独身であるならば、\begin{eqnarray*}R &=&\left\{ \left( m,w\right) \in M\times W\ |\ m\text{と}w\text{は夫婦である}\right\} \\
&=&\left\{ \left( m_{1},w_{2}\right) ,\left( m_{2},w_{3}\right) \right\}
\end{eqnarray*}となります。その一方で、例えば、\begin{eqnarray*}
\left( m_{1},w_{1}\right) &\not\in &R \\
\left( m_{2},w_{2}\right) &\not\in &R \\
\left( m_{3},w_{3}\right) &\not\in &R
\end{eqnarray*}などが成り立ちます。

例(数の大小関係)
関係\(R\)の始集合\(A\)と終集合\(B\)がそれぞれ、\begin{eqnarray*}A &=&\left\{ 1,3,5\right\} \\
B &=&\left\{ 2,4,6\right\}
\end{eqnarray*}で与えられているものとします。さらにこの関係\(R\)は、それぞれの\(\left( a,b\right) \in A\times B\)について、\begin{equation*}R\left( a,b\right) \Leftrightarrow a<b
\end{equation*}を満たすものとして定義されています。つまり、\(a\)が\(b\)よりも小さいとき、そしてその場合にのみ\(R\)のもとで\(a\)と\(b\)は関係を持つということです。このとき、\begin{eqnarray*}R &=&\left\{ \left( a,b\right) \in A\times B\ |\ a<b\right\} \\
&=&\left\{ \left( 1,2\right) ,\left( 1,4\right) ,\left( 1,6\right) ,\left(
3,4\right) ,\left( 3,6\right) ,\left( 5,6\right) \right\}
\end{eqnarray*}となります。その一方で、例えば、\begin{eqnarray*}
\left( 3,2\right) &\not\in &R \\
\left( 5,2\right) &\not\in &R \\
\left( 6,2\right) &\not\in &R
\end{eqnarray*}などが成り立ちます。

例(関係)
関係\(R\)の始集合\(A\)と終集合\(B\)がそれぞれ、\begin{eqnarray*}A &=&\left\{ 1,3,5\right\} \\
B &=&\left\{ 2,4,6\right\}
\end{eqnarray*}で与えられているものとします。さらにこの関係\(R\)は、それぞれの\(\left( a,b\right) \in A\times B\)について、\begin{equation*}R\left( a,b\right) \Leftrightarrow a=b
\end{equation*}を満たすものとして定義されています。つまり、\(a\)が\(b\)と等しいとき、そしてその場合にのみ\(R\)のもとで\(a\)と\(b\)は関係を持つということです。このとき、\begin{eqnarray*}R &=&\left\{ \left( a,b\right) \in A\times B\ |\ a=b\right\} \\
&=&\phi
\end{eqnarray*}となります。その一方で、例えば、\begin{eqnarray*}
\left( 1,2\right) &\not\in &R \\
\left( 3,4\right) &\not\in &R \\
\left( 5,6\right) &\not\in &R
\end{eqnarray*}などが成り立ちます。

以上の例では「婚姻関係」「大小関係」「相等関係」など、私たちが慣れ親しんでいる具体的な関係を数学的な関係として定式化しましたが、数学においては、2つの集合の直積の部分集合であれば、それはいかなるものでも関係とみなされる点に注意してください。

例(関係)
集合\(A=\left\{ 1,2,3,4,5\right\} \)と集合\(B=\left\{ a,b,c,e,d\right\} \)が与えられたとき、\begin{equation*}R=\left\{ \left( 1,b\right) ,\left( 1,c\right) ,\left( 3,d\right) ,\left(
4,1\right) ,\left( 5,a\right) \right\}
\end{equation*}は直積\(A\times B\)の部分集合であるため、これは\(A\)から\(B\)への関係です。また、空集合は任意の集合の部分集合であるため、\begin{equation*}\phi \subset A\times B
\end{equation*}が成り立ちます。したがって、\(\phi \)もまた\(A\)から\(B\)への関係です。さらに、\begin{equation*}A\times B\subset A\times B
\end{equation*}という関係が成り立つため、\(A\times B\)もまた\(A\)から\(B\)への関係です。同様に、\(A\times B\)の任意の部分集合は\(A\)から\(B\)への関係です。

 

関係の定義域

集合\(A\)から集合\(B\)への関係\(R\)が与えられたとき、\(R\)のもとで何らかの\(B\)の要素と関係を持つ\(A\)の要素からなる集合を、\begin{eqnarray*}D\left( R\right) &=&\left\{ a\in A\ |\ \exists b\in B:\left( a,b\right) \in
R\right\} \\
&=&\left\{ a\in A\ |\ \exists b\in B:R\left( a,b\right) \right\}
\end{eqnarray*}で表記し、これを\(R\)の定義域(domain)と呼びます。定義より、任意の\(a\in A\)について、\begin{eqnarray*}a\in D\left( R\right) &\Leftrightarrow &\exists b\in B:\left( a,b\right)
\in R \\
&\Leftrightarrow &\exists b\in B:R\left( a,b\right)
\end{eqnarray*}という関係が成り立ちます。つまり、\(R\)の定義域とは、\(R\)の要素であるそれぞれの順序対の第1成分からなる集合です。

例(関係の定義域)
関係\(R\)の始集合\(M\)と終集合\(W\)がそれぞれ、\begin{eqnarray*}M &=&\left\{ m_{1},m_{2},m_{3}\right\} \\
W &=&\left\{ w_{1},w_{2},w_{3}\right\}
\end{eqnarray*}で与えられているものとします。さらにこの関係\(R\)は、それぞれの\(\left( m,w\right) \in M\times W\)について、\begin{equation*}R\left( m,w\right) \Leftrightarrow m\text{と}w\text{は夫婦である}
\end{equation*}を満たすものとして定義されています。仮に\(m_{1}\)と\(w_{2}\)、\(m_{2}\)と\(w_{3}\)がそれぞれ夫婦であり、他の全員が独身であるならば、\begin{equation*}R=\left\{ \left( m_{1},w_{2}\right) ,\left( m_{2},w_{3}\right) \right\}
\end{equation*}となるため、\(R\)の定義域は、\begin{equation*}D\left( R\right) =\left\{ m_{1},m_{2}\right\}
\end{equation*}です。これは結婚している男性からなる集合です。

例(関係の定義域)
関係\(R\)の始集合\(A\)と終集合\(B\)がそれぞれ、\begin{eqnarray*}A &=&\left\{ 1,3,5\right\} \\
B &=&\left\{ 2,4,6\right\}
\end{eqnarray*}で与えられているものとします。さらにこの関係\(R\)は、それぞれの\(\left( a,b\right) \in A\times B\)について、\begin{equation*}R\left( a,b\right) \Leftrightarrow a<b
\end{equation*}を満たすものとして定義されています。このとき、\begin{equation*}
R=\left\{ \left( 1,2\right) ,\left( 1,4\right) ,\left( 1,6\right) ,\left(
3,4\right) ,\left( 3,6\right) ,\left( 5,6\right) \right\}
\end{equation*}となるため、\(R\)の定義域は、\begin{equation*}D\left( R\right) =\left\{ 1,3,5\right\}
\end{equation*}です。

 

関係の値域

集合\(A\)から集合\(B\)への関係\(R\)が与えられたとき、\(R\)のもとで何らかの\(A\)の要素と関係を持つ\(B\)の要素からなる集合を、\begin{eqnarray*}R\left( R\right) &=&\left\{ b\in B\ |\ \exists a\in A:\left( a,b\right) \in
R\right\} \\
&=&\left\{ b\in B\ |\ \exists a\in A:R\left( a,b\right) \right\}
\end{eqnarray*}で表し、これを\(R\)の値域(range)と呼びます。定義より、任意の\(b\in B\)について、\begin{eqnarray*}b\in R\left( R\right) &\Leftrightarrow &\exists a\in A:\left( a,b\right) \in
R \\
&\Leftrightarrow &\exists a\in A:R\left( a,b\right)
\end{eqnarray*}という関係が成り立ちます。つまり、\(R\)の値域とは、\(R\)の要素であるそれぞれの順序対の第2成分からなる集合です。

例(関係の値域)
関係\(R\)の始集合\(M\)と終集合\(W\)がそれぞれ、\begin{eqnarray*}M &=&\left\{ m_{1},m_{2},m_{3}\right\} \\
W &=&\left\{ w_{1},w_{2},w_{3}\right\}
\end{eqnarray*}で与えられているものとします。さらにこの関係\(R\)は、それぞれの\(\left( m,w\right) \in M\times W\)について、\begin{equation*}R\left( m,w\right) \Leftrightarrow m\text{と}w\text{は夫婦である}
\end{equation*}を満たすものとして定義されています。仮に\(m_{1}\)と\(w_{2}\)、\(m_{2}\)と\(w_{3}\)がそれぞれ夫婦であり、他の全員が独身であるならば、\begin{equation*}R=\left\{ \left( m_{1},w_{2}\right) ,\left( m_{2},w_{3}\right) \right\}
\end{equation*}となるため、\(R\)の値域は、\begin{equation*}R\left( R\right) =\left\{ w_{2},w_{3}\right\}
\end{equation*}です。これは結婚している女性からなる集合です。

例(関係の値域)
関係\(R\)の始集合\(A\)と終集合\(B\)がそれぞれ、\begin{eqnarray*}A &=&\left\{ 1,3,5\right\} \\
B &=&\left\{ 2,4,6\right\}
\end{eqnarray*}で与えられているものとします。さらにこの関係\(R\)は、それぞれの\(\left( a,b\right) \in A\times B\)について、\begin{equation*}R\left( a,b\right) \Leftrightarrow a<b
\end{equation*}を満たすものとして定義されています。このとき、\begin{equation*}
R=\left\{ \left( 1,2\right) ,\left( 1,4\right) ,\left( 1,6\right) ,\left(
3,4\right) ,\left( 3,6\right) ,\left( 5,6\right) \right\}
\end{equation*}となるため、\(R\)の値域は、\begin{equation*}R\left( R\right) =\left\{ 2,4,6\right\}
\end{equation*}です。

 

演習問題

問題(関係)
関係\(R\)の始集合\(A\)と終集合\(B\)がそれぞれ、\begin{eqnarray*}A &=&\left\{ 1,2,3,4\right\} \\
B &=&\left\{ 3,4,5,6\right\}
\end{eqnarray*}で与えられているものとします。さらにこの関係\(R\)は、それぞれの\(\left( a,b\right) \in A\times B\)について、\begin{equation*}R\left( a,b\right) \Leftrightarrow a+b\leq 6
\end{equation*}を満たすものとして定義されています。\(R\)の要素を明らかにしてください。
解答を見る

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録

問題(関係)
企業\(A\)のすべての社員からなる集合を\(A\)で、企業\(B\)のすべての社員からなる集合を\(B\)でそれぞれ表記します。その上で、始集合\(A\)から終集合\(B\)への関係\(R\)を、それぞれの\(\left( a,b\right)\in A\times B\)について、\begin{equation*}R\left( a,b\right) \Leftrightarrow a\text{と}b\text{は知り合いである}
\end{equation*}を満たすものとして定義します。企業\(A\)の社長と企業\(B\)の社長はお互いに知り合いですが、それ以外に企業間での知り合いは存在しません。\(R\)の要素を明らかにしてください。
解答を見る

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録

問題(関係)
集合\(A,B\)が任意に与えられたとき、空集合\(\phi \)は\(A\)から\(B\)への関係であることを示してください。このような関係を空関係(emptyrelation)と呼びます。また、その定義域\(D\left( \phi\right) \)と値域\(D\left( \phi \right) \)をそれぞれ求めてください。
解答を見る

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録

問題(関係)
集合\(A,B\)が任意に与えられたとき、直積\(A\times B\)は\(A\)から\(B\)への関係であることを示してください。このような関係を全体関係(universal relation)と呼びます。また、その定義域\(D\left( A\times B\right) \)と値域\(D\left( A\times B\right) \)をそれぞれ求めてください。
解答を見る

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録

問題(関係)
集合\(A\)は有限\(m\)個の要素を持ち、集合\(B\)は有限\(n\)個の要素を持つとき、\(A\)から\(B\)への関係は何通り存在するか、理由とともに明らかにしてください。
解答を見る

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録

< 前のページ
次のページ >
Share on twitter
Twitterで共有
Share on email
メールで共有
RELATED KNOWLEDGE

関連知識

二項関係
二項関係

始集合と終集合が一致する関係を二項関係と呼びます。二項関係は与えられた集合の直積の部分集合として定義されます。

合成写像
合成関係

2つの関係 R, S が与えられたとき、xRy と ySz がともに成り立つような y が存在するような順序対 (x,z) からなる集合を R と S の合成関係と呼び、これを S∘R で表します。

二項関係
関係どうしの演算

関係は集合として定義されるため、関係に対して通常の集合演算が適用可能です。補関係、共通関係、和関係、差関係などの概念を定義します。

二項関係
二項関係の反射律

集合A上の二項関係Rのもとで、Aの任意の要素xがx自身と関係を持つ場合、Rは反射律を満たすと言います。反射律を満たす二項関係の例を挙げます。

二項関係
二項関係の非反射律(無反射律)

集合A上の二項関係Rのもとで、Aの任意の要素xがx自身と関係を持たない場合、Rは非反射律を満たすと言います。非反射律を満たす二項関係の例を挙げます。

二項関係
二項関係の対称律

集合A上の二項関係Rのもとで、Aの任意の要素x,yについて、Rのもとでxがyと関係を持つ場合にはyとxが関係を持つ場合、Rは対称律を満たすと言います。対称律を満たす二項関係の例を挙げます。

二項関係
二項関係の反対称律

集合A上の二項関係Rのもとで、Aの任意の要素x,yについて、xがyと関係を持つとともにyがxと関係を持つ場合にはxとyが一致する場合、Rは反対称律を満たすと言います。反対称律を満たす二項関係の例を挙げます。

二項関係
二項関係の非対称律

集合A上の二項関係Rのもとで、Aの任意の要素x,yについて、xがyと関係を持つ場合にはyがxと関係を持たない場合、Rは非対称律を満たすと言います。非対称律を満たす二項関係の例を挙げます。

二項関係
二項関係の推移律

集合A上の二項関係Rのもとで、Aの任意の要素x,y,zについて、xがyと関係を持つとともにyがzと関係を持つ場合にxとzが関係を持つことが保証されるならば、Rは推移律を満たすと言います。推移律を満たす二項関係の例を挙げます。

三分律
二項関係の完備律・完全律・三分律

集合A上の二項関係Rが完備律、完全律、三分律を満たすことの意味をそれぞれ定義した上で、それらの関係を解説するとともに、具体例を挙げます。

二項関係
同値関係

反射律、対称律、推移律を満たす二項関係を同値関係と呼びます。また、同値関係のもとで 2 つの要素が関係を持つとき、それらの要素は同値であると言います。同値関係を定義した上で、同値関係の具体例を提示します。

二項関係
選好関係

消費者による意思決定は、その人が持つ好みの体系によって左右されます。そこで、消費者理論では、消費者が持つ好みの体系を選好関係や狭義選好関係、無差別関係などの二項関係として定式化します。

DISCUSSION

質問とコメント

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録

関係