教材一覧
教材一覧
教材検索
SET

二重補集合の法則

目次

Share on twitter
Twitterで共有
Share on email
メールで共有

二重補集合の法則

集合\(A\)を任意に選んだとき、その補集合\(A^{c}\)は集合であるため、さらにその補集合\(\left(A^{c}\right) ^{c}\)もまた集合です。これを\(A\)の二重補集合(double complement)と呼びますが、\begin{equation*}\left( A^{c}\right) ^{c}=A
\end{equation*}という関係が成り立ちます。集合の二重補集合はもとの集合と等しいということです。補集合\(c\)が満たすこの性質を二重補集合の法則(law of doublecomplements)と呼びます。

命題(二重補集合の法則)
任意の集合\(A\)に対して、\begin{equation*}(A^{c})^{c}=A
\end{equation*}が成り立つ。

証明

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録

例(二重補集合の法則)
全体集合\(U\)および集合\(A\)がそれぞれ、\begin{eqnarray*}U &=&\left\{ 1,2,3,4,5,6\right\} \\
A &=&\left\{ 1,3,5\right\}
\end{eqnarray*}として与えられているとき、\begin{eqnarray*}
A^{c} &=&U\backslash A=\left\{ 2,4,6\right\} \\
\left( A^{c}\right) ^{c} &=&U\backslash A^{c}=\left\{ 1,3,5\right\}
\end{eqnarray*}となるため、\(\left( A^{c}\right) ^{c}=A\)が成り立ちます。この結果は二重補集合の法則と整合的です。
例(二重補集合の法則)
全体集合\(U\)および集合\(A\)がそれぞれ、\begin{eqnarray*}U &=&\left[ 0,1\right] \\
A &=&\left[ 0,\frac{1}{2}\right] \end{eqnarray*}として与えられているとき、\begin{eqnarray*}
A^{c} &=&U\backslash A=\left( \frac{1}{2},1\right] \\
\left( A^{c}\right) ^{c} &=&U\backslash A^{c}=\left[ 0,\frac{1}{2}\right] \end{eqnarray*}となるため、\(\left( A^{c}\right) ^{c}=A\)が成り立ちます。この結果は二重補集合の法則と整合的です。
例(二重補集合の法則)
集合\(A\)が、\begin{equation*}A=\left\{ x\in \mathbb{Z} \ |\ x\text{は偶数}\right\}
\end{equation*}として与えられるとき、その補集合は、\begin{eqnarray*}
A^{c} &=&\left\{ x\in \mathbb{Z} \ |\ x\text{は偶数ではない}\right\} \\
&=&\left\{ x\in \mathbb{Z} \ |\ x\text{は奇数}\right\}
\end{eqnarray*}であり、二重補集合は、\begin{eqnarray*}
\left( A^{c}\right) ^{c} &=&\left\{ x\in \mathbb{Z} \ |\ x\text{は奇数ではない}\right\} \\
&=&\left\{ x\in \mathbb{Z} \ |\ x\text{は偶数}\right\}
\end{eqnarray*}となるため、\(\left( A^{c}\right) ^{c}=A\)が成り立ちます。この結果は二重補集合の法則と整合的です。

 

二重補集合の法則の一般化

集合\(A\)の二重補集合\(\left(A^{c}\right) ^{c}\)は集合であるため、さらにその補集合\(\left( \left( A^{c}\right) ^{c}\right) ^{c}\)や、さらにその補集合\(\left( \left(\left( A^{c}\right) ^{c}\right) ^{c}\right) ^{c}\)なども集合です。先の命題を繰り返し適用すれば、それらはいずれも\(A\)もしくは\(A^{c}\)と等しくなります。例えば、三重補集合\(\left( \left( A^{c}\right)^{c}\right) ^{c}\)に関しては、\begin{equation*}\left( \left( A^{c}\right) ^{c}\right) ^{c}=A^{c}
\end{equation*}が成り立ち、四重補集合\(\left( \left( \left( A^{c}\right) ^{c}\right) ^{c}\right)^{c}\)に関しては、\begin{equation*}\left( \left( \left( A^{c}\right) ^{c}\right) ^{c}\right) ^{c}=A
\end{equation*}が成り立ちます。以降についても同様です。

例(二重補集合の法則の一般化)
集合\(A\)が、\begin{equation*}A=\left\{ x\in U\ |\ P\left( x\right) \right\}
\end{equation*}と内包的に定義されているものとします。このとき、\begin{eqnarray*}
A^{c} &=&\left\{ x\in U\ |\ \lnot P\left( x\right) \right\} \\
\left( A^{c}\right) ^{c} &=&\left\{ x\in U\ |\ \lnot \lnot P\left( x\right)
\right\} =\left\{ x\in U\ |\ P\left( x\right) \right\} =A \\
\left( \left( A^{c}\right) ^{c}\right) ^{c} &=&\left\{ x\in U\ |\ \lnot
\lnot \lnot P\left( x\right) \right\} =\left\{ x\in U\ |\ \lnot P\left(
x\right) \right\} =A^{c} \\
\left( \left( \left( A^{c}\right) ^{c}\right) ^{c}\right) ^{c} &=&\left\{
x\in U\ |\ \lnot \lnot \lnot \lnot P\left( x\right) \right\} =\left\{ x\in
U\ |\ P\left( x\right) \right\} =A
\end{eqnarray*}などが成り立ちます。

 

演習問題

問題(二重補集合の法則)
任意の集合\(A,B\)について、\begin{equation*}\left( A^{c}\cup B^{c}\right) ^{c}=A\cap B
\end{equation*}が成り立つことを証明してください。

証明

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録

問題(二重補集合の法則)
任意の集合\(A,B\)について、\begin{equation*}\left( \left( \left( A^{c}\cup B\right) ^{c}\right) ^{c}\right) ^{c}=A\cap
B^{c}
\end{equation*}が成り立つことを証明してください。

解答を見る

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録

次回は双対原理について学びます。

Share on twitter
Twitterで共有
Share on email
メールで共有
DISCUSSION

質問とコメント

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録

RELATED KNOWLEDGE

関連知識

余事象
余事象

事象 A の補集合として定義される事象を A の余事象と呼びます。これは「事象 A が起こらない」という現象に相当する事象です。

否定
述語論理における否定

論理式 A に論理演算子 ¬ を作用させることで得られる ¬A もまた論理式です。¬は否定と呼ばれる論理演算子であり、論理式 ¬A を A の否定と呼びます。

差集合
補集合

集合 A に属さない要素からなる集合を A の補集合と呼びます。集合 A が命題関数 P(x) から内包的に定義されるとき、A の補集合とは、命題 P(x) が偽になるような要素 x からなる集合です。

二重否定
命題論理における二重否定の法則

論理式 A の否定 ¬A もまた論理式ですから、さらにその否定 ¬(¬A) を考えることができます。これを ¬¬A で表し A の二重否定と呼びます。A とその二重否定 ¬¬A は論理的に同値です。

二重否定
命題論理における二重否定除去

論理式 A に対して、「Aではないことはない」という前提から「Aである」という結論を導く推論規則を二重否定除去と呼びます。

二重否定
命題論理における二重否定導入

論理式 A が任意に与えられたとき、「Aは真である」という前提から「Aでないことはない」という結論を導く推論規則を二重否定導入と呼びます。

補集合
補集合法則

ある集合とその補集合の共通部分は空集合になります。また、ある集合とその補集合の和集合は全体集合になります。これを補集合法則と呼びます。