WIIS

教材一覧
教材一覧
教材検索
CORRESPONDENCE

対応による逆像・上逆像・下逆像

目次

< 前のページ
次のページ >
Share on twitter
Twitterで共有
Share on email
メールで共有

対応による要素の逆像

対応\(f:A\twoheadrightarrow B\)が与えられたとき、終集合の要素\(b\in B\)を任意に選ぶと、これに対して\(b\in f\left( a\right) \)を満たす始集合\(A\)の要素は存在するとは限りませんし、存在する場合にも一意的であるとは限りません。そこで、\(b\in B\)に対して\(a\in f\left( b\right) \)を満たすような\(a\in A\)からなる集合を、\begin{equation*}f^{-1}\left( b\right) =\left\{ a\in A\ |\ b\in f\left( a\right) \right\}
\end{equation*}と表記し、これを\(f\)による\(b\)の逆像(inverse image)や原像(preimage)などと呼びます。\(f^{-1}\left(b\right) \)は\(A\)の部分集合です。

例(対応による要素の逆像)
集合\(A=\left\{ 1,2,3\right\} \)と集合\(B=\left\{a,b,c\right\} \)に対して、対応\(f:A\twoheadrightarrow B\)を以下の図で定義します。

図:対応による要素の逆像
図:対応による要素の逆像

つまり、\(f\left( 1\right) =\left\{ c\right\} \)かつ\(f\left( 2\right) =\left\{ a,c\right\} \)かつ\(f\left( 3\right) =\left\{ b\right\} \)です。図では\(a\)には\(2\)からのみ矢印が伸びていますが、これは\(f\)による\(a\)の逆像が\(\left\{ b\right\} \)であること、すなわち\(f^{-1}\left( a\right)=\left\{ b\right\} \)であることを意味します。また、\(b\)に対して\(1\)と\(3\)から矢印が伸びていますが、これは\(f\)による\(b\)の逆像が\(\left\{ 1,3\right\} \)であること、すなわち\(f^{-1}\left( b\right)=\left\{ 1,3\right\} \)であることを意味します。また、\(f^{-1}\left( c\right) =\left\{ b\right\} \)であることも図から読み取れます。

例(対応による要素の逆像)
対応\(f:\mathbb{R} \supset \left[ 0,1\right] \twoheadrightarrow \left[ 0,1\right] \)はそれぞれの\(x\in \left[ 0,1\right] \)に対して、\begin{equation*}f\left( x\right) =\left[ 0,x\right] \end{equation*}を定めるものとします。例えば、点\(0\in \left[ 0,1\right] \)の逆像は、\begin{eqnarray*}f^{-1}\left( 0\right) &=&\left\{ x\in \left[ 0,1\right] \ |\ 0\in f\left(
x\right) \right\} \quad \because \text{逆像の定義} \\
&=&\left\{ x\in \left[ 0,1\right] \ |\ 0\in \left[ 0,x\right] \right\} \quad
\because f\text{の定義} \\
&=&\left\{ x\in \left[ 0,1\right] \ |\ x\geq 0\right\} \\
&=&\left[ 0,1\right] \end{eqnarray*}であり、点\(\frac{1}{2}\in \left[ 0,1\right] \)の逆像は、\begin{eqnarray*}f^{-1}\left( \frac{1}{2}\right) &=&\left\{ x\in \left[ 0,1\right] \ |\
\frac{1}{2}\in f\left( x\right) \right\} \quad \because \text{逆像の定義} \\
&=&\left\{ x\in \left[ 0,1\right] \ |\ \frac{1}{2}\in \left[ 0,x\right] \right\} \quad \because f\text{の定義} \\
&=&\left\{ x\in \left[ 0,1\right] \ |\ x\geq \frac{1}{2}\right\} \\
&=&\left[ \frac{1}{2},1\right] \end{eqnarray*}であり、点\(1\in \left[ 0,1\right] \)の逆像は、\begin{eqnarray*}f^{-1}\left( 1\right) &=&\left\{ x\in \left[ 0,1\right] \ |\ 1\in f\left(
x\right) \right\} \quad \because \text{逆像の定義} \\
&=&\left\{ x\in \left[ 0,1\right] \ |\ 1\in \left[ 0,x\right] \right\} \quad
\because f\text{の定義} \\
&=&\left\{ x\in \left[ 0,1\right] \ |\ x\geq 1\right\} \\
&=&\left\{ 1\right\}
\end{eqnarray*}となります。

対応\(f:A\twoheadrightarrow B\)が与えられたとき、終集合の要素\(b\in B\)に対して\(b\in f\left(a\right) \)を満たす始集合の要素\(a\in A\)は存在するとは限らず、そのような場合には\(f^{-1}\left( b\right) =\phi \)となります。ただ、空集合は任意の集合の部分集合であるため、このような場合にも\(f^{-1}\left( b\right) \)は\(A\)の部分集合であり、定義上、問題はありません。

例(対応による要素の逆像)
集合\(A=\left\{ 1,2,3\right\} \)と集合\(B=\left\{a,b,c\right\} \)に対して、対応\(f:A\twoheadrightarrow B\)を以下の図で定義します。

図:対応による要素の逆像
図:対応による要素の逆像

つまり、\(f\left( 1\right) =\left\{ b\right\} \)かつ\(f\left( 2\right) =\left\{ a\right\} \)かつ\(f\left( 3\right) =\left\{ b\right\} \)です。図では\(a\)に対して\(2\)からのみ矢印が伸びていますが、これは\(f\)による\(a\)の逆像が\(\left\{ 2\right\} \)であること、すなわち\(f^{-1}\left(a\right) =\left\{ 2\right\} \)であることを意味します。また、\(b\)に対して\(1\)と\(3\)から矢印が伸びていますが、これは\(f\)による\(b\)の逆像が\(\left\{ 1,3\right\} \)であること、すなわち\(f^{-1}\left(b\right) =\left\{ 1,3\right\} \)であることを意味します。また、\(c\)に対して伸びる矢印は存在しないため\(f^{-1}\left( c\right) =\phi \)です。

繰り返しになりますが、対応\(f:A\twoheadrightarrow B\)による終集合の要素\(b\in B\)の逆像は、\begin{equation*}f^{-1}\left( b\right) =\left\{ a\in A\ |\ b\in f\left( a\right) \right\}
\end{equation*}と定義されるため、任意の\(\left( a,b\right) \in A\times B\)に対して、\begin{equation}a\in f^{-1}\left( b\right) \Leftrightarrow b\in f\left( a\right) \quad \cdots (1)
\end{equation}という関係が成り立ちます。つまり、\(a\)が\(f\)による\(b\)の逆像の要素であることと、\(b\)が\(f\)による\(a\)の像の要素であることは必要十分です。さらに、\(f\)のグラフは、\begin{equation*}G\left( f\right) =\left\{ \left( a,b\right) \in A\times B\ |\ b\in f\left(
a\right) \right\}
\end{equation*}と定義されるため、任意の\(\left( a,b\right) \in A\times B\)に対して、\begin{eqnarray*}a\in f^{-1}\left( b\right) &\Leftrightarrow &b\in f\left( a\right) \quad
\because \left( 1\right) \\
&\Leftrightarrow &\left( a,b\right) \in G\left( f\right) \quad \because
\left( 2\right)
\end{eqnarray*}すなわち、\begin{equation}
a\in f^{-1}\left( b\right) \Leftrightarrow \left( a,b\right) \in G\left(
f\right) \quad \cdots (2)
\end{equation}という関係もまた成り立ちます。つまり、\(a\)が\(f\)による\(b\)の逆像の要素であることと、\(\left( a,b\right) \)が\(f\)のグラフの要素であることは必要十分です(下図)。

図:対応による要素の逆像
図:対応による要素の逆像

以上の議論により、対応\(f:A\twoheadrightarrow B\)による終集合の要素\(b\in B\)の逆像を、\begin{eqnarray*}f^{-1}\left( b\right) &=&\left\{ a\in A\ |\ b\in f\left( a\right) \right\}
\quad \because \text{逆像の定義} \\
&=&\left\{ a\in A\ |\ a\in f^{-1}\left( b\right) \right\} \quad \because
\left( 1\right) \\
&=&\left\{ a\in A\ |\ \left( a,b\right) \in G\left( f\right) \right\} \quad
\because \left( 2\right)
\end{eqnarray*}などと様々な形で表現できることが明らかになりました。

 

対応による集合の上逆像

対応\(f:A\twoheadrightarrow B\)が与えられたとき、終集合の部分集合\(Y\subset B\)を任意に選びます。\(f\)は始集合\(A\)のそれぞれの要素\(a\)に対してその像\(f\left( a\right) \subset B\)を定めますが、これは\(Y\)の部分集合であるか否かのどちらか一方です。そこで、\(f\left(a\right) \)が\(Y\)の部分集合になるような\(a\)からなる集合を、\begin{equation*}f^{+}\left( Y\right) =\left\{ a\in A\ |\ f\left( a\right) \subset Y\right\}
\end{equation*}と表記し、これを\(f\)による\(Y\)の上逆像(upper inverse image)や強逆像(strong inverse image)などと呼びます。\(f^{+}\left( Y\right) \)は\(f\)の始集合\(A\)の部分集合です。

対応\(f:A\twoheadrightarrow B\)の終集合\(B\)は\(B\)自身の部分集合であるため、\(f\)による\(B\)の上逆像\(f^{+}\left( B\right) \)を考えることもできます。これを\(f\)の定義域(domain)と呼び、\(D\left( f\right) \)と表記します。つまり、\begin{eqnarray*}D\left( f\right) &=&f^{+}\left( B\right) \quad \because \text{定義域の定義} \\
&=&\left\{ a\in A\ |\ f\left( a\right) \subset B\right\} \quad \because
\text{上逆像の定義} \\
&=&A\quad \because f\text{の定義}
\end{eqnarray*}です。対応の定義域は始集合と一致するということです。

命題(対応の定義域と始集合は一致する)
対応\(f:A\twoheadrightarrow B\)が与えられたとき、\begin{equation*}D\left( f\right) =A
\end{equation*}という関係が成り立つ。

例(対応による集合の上逆像)
集合\(A=\left\{ 1,2,3\right\} \)と集合\(B=\left\{a,b,c\right\} \)に対して、対応\(f:A\twoheadrightarrow B\)を以下の図で定義します。

図:対応による集合の上逆像
図:対応による集合の上逆像

図より、\(f\left( 1\right) =\left\{ b\right\} \)かつ\(f\left( 2\right) =\left\{ a,c\right\} \)かつ\(f\left( 3\right) =\left\{ b\right\} \)です。このとき、例えば、\begin{eqnarray*}f^{+}\left( \left\{ a,b\right\} \right) &=&\left\{ x\in A\ |\ f\left(
x\right) \subset \left\{ a,b\right\} \right\} =\left\{ 1,3\right\} \\
f^{+}\left( \left\{ b,c\right\} \right) &=&\left\{ x\in A\ |\ f\left(
x\right) \subset \left\{ b,c\right\} \right\} =\left\{ 1,3\right\} \\
f^{+}\left( \left\{ a,c\right\} \right) &=&\left\{ x\in A\ |\ f\left(
x\right) \subset \left\{ a,c\right\} \right\} =\left\{ 2\right\}
\end{eqnarray*}などが成り立ちます。また、\(f\)の定義域は、\begin{eqnarray*}D\left( f\right) &=&f^{+}\left( B\right) \quad \because \text{定義域の定義} \\
&=&\left\{ x\in A\ |\ f\left( x\right) \subset B\right\} \quad \because
\text{逆像の定義} \\
&=&A
\end{eqnarray*}となります。

例(対応による集合の上逆像)
下図中の実線および灰色の領域(境界を含む)あわせた領域をグラフとする対応\(f:\mathbb{R} _{+}\twoheadrightarrow \mathbb{R} \)について考えます。

図:対応による集合の上逆像
図:対応による集合の上逆像

終集合\(\mathbb{R} \)の部分集合\(Y\)が上図のように与えられているとき、その上逆像\(f^{+}\left( Y\right) \)を特定します。始集合\(\mathbb{R} _{+}\)の部分集合\(X\)が上図のように与えられているとき、その要素\(x\)を任意に選ぶと、その像\(f\left( x\right) \)はいずれも\(Y\)からはみ出ているため\(x\)は\(f^{+}\left( Y\right) \)の要素ではありません。また、\(X\)に属さない要素\(x\)を任意に選ぶと、その像\(f\left( x\right) \)は\(Y\)の部分集合ではないため\(x\)は\(f^{+}\left( Y\right) \)の要素ではありません。したがって、\(f^{+}\left( Y\right) =\phi \)であることが明らかになりました。

例(対応による集合の上逆像)
下図中の実線および灰色の領域(境界を含む)あわせた領域をグラフとする対応\(f:\mathbb{R} _{+}\twoheadrightarrow \mathbb{R} \)について考えます。

図:対応による集合の上逆像
図:対応による集合の上逆像

終集合\(\mathbb{R} \)の部分集合\(Y\)が上図のように与えられているとき、その上逆像\(f^{+}\left( Y\right) \)を特定します。始集合\(\mathbb{R} _{+}\)の部分集合\(X\)が上図のように与えられているとき、その要素\(x\)を任意に選ぶと、その像\(f\left( x\right) \)はいずれも\(Y\)の部分集合であるため\(x\in f^{+}\left( B\right) \)です。また、\(X\)に属さない要素\(x\)を任意に選ぶと、その要素\(f\left( x\right) \)は\(Y\)の部分集合ではないため\(x\)は\(f^{+}\left( B\right) \)の要素ではありません。したがって、\(f^{+}\left( Y\right) =X\)であることが明らかになりました。

例(対応による集合の上逆像)
対応\(f:\mathbb{R} \supset \left[ 0,1\right] \twoheadrightarrow \left[ 0,1\right] \)はそれぞれの\(x\in \left[ 0,1\right] \)に対して、\begin{equation*}f\left( x\right) =\left[ 0,x\right] \end{equation*}を定めるものとします。例えば、集合\(\left[ 0,\frac{1}{2}\right] \subset \left[ 0,1\right] \)の上逆像は、\begin{eqnarray*}f^{+}\left( \left[ 0,\frac{1}{2}\right] \right) &=&\left\{ x\in \left[ 0,1\right] \ |\ f\left( x\right) \subset \left[ 0,\frac{1}{2}\right] \right\}
\quad \because \text{上逆像の定義} \\
&=&\left\{ x\in \left[ 0,1\right] \ |\ \left[ 0,x\right] \subset \left[ 0,\frac{1}{2}\right] \right\} \quad \because f\text{の定義}
\\
&=&\left\{ x\in \left[ 0,1\right] \ |\ 0\leq x\leq \frac{1}{2}\right\} \\
&=&\left[ 0,\frac{1}{2}\right] \end{eqnarray*}であり、集合\(\left( 0,\frac{1}{2}\right)\subset \left[ 0,1\right] \)の上逆像は、\begin{eqnarray*}f^{+}\left( \left( 0,\frac{1}{2}\right) \right) &=&\left\{ x\in \left[ 0,1\right] \ |\ f\left( x\right) \subset \left( 0,\frac{1}{2}\right) \right\}
\quad \because \text{上逆像の定義} \\
&=&\left\{ x\in \left[ 0,1\right] \ |\ \left[ 0,x\right] \subset \left( 0,\frac{1}{2}\right) \right\} \quad \because f\text{の定義}
\\
&=&\phi \quad \because 0\not\in \left( 0,\frac{1}{2}\right)
\end{eqnarray*}であり、\(f\)の定義域は、\begin{eqnarray*}D\left( f\right) &=&f^{+}\left( \left[ 0,1\right] \right) \quad \because
\text{定義域の定義} \\
&=&\left\{ x\in \left[ 0,1\right] \ |\ f\left( x\right) \subset \left[ 0,1\right] \right\} \quad \because \text{上逆像の定義} \\
&=&\left\{ x\in \left[ 0,1\right] \ |\ \left[ 0,x\right] \subset \left[ 0,1\right] \right\} \quad \because f\text{の定義} \\
&=&\left\{ x\in \left[ 0,1\right] \ |\ 0\leq x\leq 1\right\} \\
&=&\left[ 0,1\right] \end{eqnarray*}となります。

例(対応による集合の上逆像と写像による集合の逆像の関係)
写像\(f:A\rightarrow B\)が与えられたとき、それぞれの\(a\in A\)に対して、\begin{equation*}g\left( a\right) =\left\{ f\left( a\right) \right\}
\end{equation*}を像として定める対応\(g:A\twoheadrightarrow B\)が定義可能です。終集合の部分集合\(Y\subset B\)を任意に選んだとき、\begin{equation*}g^{+}\left( Y\right) =f^{-1}\left( Y\right)
\end{equation*}という関係が成り立つため(演習問題)、対応による集合の上逆像は、写像による集合の逆像を拡張した概念であることが明らかになりました。

例(対応による空集合の上逆像)
空集合は任意の集合の部分集合であるため、対応\(f:A\twoheadrightarrow B\)による空集合\(\phi \subset B\)の上逆像を考えることもできます。対応による集合の上逆像の定義より、これは、\begin{equation*}f^{+}(\phi )=\left\{ a\in A\ |\ f\left( a\right) \subset \phi \right\}
\end{equation*}となりますが、\(f\left( a\right)\subset \phi \)は恒偽式であるため\(f^{+}\left( \phi \right) =\phi \)となります。つまり、対応による空集合の上逆像は空集合です。

 

対応による集合の下逆像

対応\(f:A\twoheadrightarrow B\)が与えられたとき、終集合の部分集合\(Y\subset B\)を任意に選びます。\(f\)は始集合\(A\)のそれぞれの要素\(a\)に対してその像\(f\left( a\right) \subset B\)を定めますが、これは\(Y\)と交わるか否かのどちらか一方です。そこで、\(f\left( a\right) \)が\(Y\)と交わるような\(a\)からなる集合を、\begin{equation*}f^{-}\left( Y\right) =\left\{ a\in A\ |\ f\left( a\right) \cap Y\not=\phi
\right\}
\end{equation*}と表記し、これを\(f\)による\(Y\)の下逆像(lower inverse image)や弱逆像(weak inverse image)などと呼びます。\(f^{-}\left( Y\right) \)は\(A\)の部分集合です。

対応\(f:A\twoheadrightarrow B\)の終集合\(B\)は\(B\)自身の部分集合であるため、\(f\)による\(B\)の下逆像\(f^{-}\left( B\right) \)を考えることもできます。具体的には、\begin{eqnarray*}f^{-}\left( B\right) &=&\left\{ a\in A\ |\ f\left( a\right) \cap B\not=\phi
\right\} \quad \because \text{下逆像の定義} \\
&=&A\quad \because f\text{の定義}
\end{eqnarray*}となります。加えて、先に示したように、\begin{equation*}
D\left( f\right) =f^{+}\left( B\right) =A
\end{equation*}という関係が成り立つため、結局、対応\(f\)の始集合\(A\)、定義域\(D\left(f\right) \)、終集合の上逆像\(f^{+}\left( B\right) \)、終集合の下逆像\(f^{-}\left( B\right) \)はいずれも一致することが明らかになりました。

命題(対応の定義域)
対応\(f:A\twoheadrightarrow B\)が与えられたとき、\begin{equation*}D\left( f\right) =A=f^{+}\left( B\right) =f^{-}\left( B\right)
\end{equation*}という関係が成り立つ。

例(対応による集合の下逆像)
集合\(A=\left\{ 1,2,3\right\} \)と集合\(B=\left\{a,b,c\right\} \)に対して、対応\(f:A\twoheadrightarrow B\)を以下の図で定義します。

図:対応による集合の下逆像
図:対応による集合の下逆像

つまり、\(f\left( 1\right) =\left\{ b\right\} \)かつ\(f\left( 2\right) =\left\{ a,c\right\} \)かつ\(f\left( 3\right) =\left\{ b\right\} \)です。このとき、例えば、\begin{eqnarray*}f^{-}\left( \left\{ a,b\right\} \right) &=&\left\{ x\in A\ |\ f\left(
x\right) \cap \left\{ a,b\right\} \not=\phi \right\} =\left\{ 1,2,3\right\}
\\
f^{-}\left( \left\{ b,c\right\} \right) &=&\left\{ x\in A\ |\ f\left(
x\right) \cap \left\{ b,c\right\} \not=\phi \right\} =\left\{ 1,2,3\right\}
\\
f^{-}\left( \left\{ a,c\right\} \right) &=&\left\{ x\in A\ |\ f\left(
x\right) \cap \left\{ a,c\right\} \not=\phi \right\} =\left\{ 2\right\} \\
f^{-}\left( \left\{ a,b,c\right\} \right) &=&\left\{ x\in A\ |\ f\left(
x\right) \cap \left\{ a,b,c\right\} \not=\phi \right\} =\left\{
1,2,3\right\}
\end{eqnarray*}などが成り立ちます。

例(対応による集合の下逆像)
下図中の実線および灰色の領域(境界を含む)あわせた領域をグラフとする対応\(f:\mathbb{R} _{+}\twoheadrightarrow \mathbb{R} \)について考えます。

図:対応による集合の下逆像
図:対応による集合の下逆像

終集合\(\mathbb{R} \)の部分集合\(Y\)が上図のように与えられているとき、その下逆像\(f^{-}\left( Y\right) \)を特定します。始集合\(\mathbb{R} _{+}\)の部分集合\(X\)が上図のように与えられているとき、その要素\(x\)を任意に選ぶと、その像\(f\left( x\right) \)はいずれも\(Y\)と交わるため\(x\in f^{-}\left( Y\right) \)が成り立ちます。一方、\(X\)に属さない要素\(x\)を任意に選ぶと、その像\(f\left( x\right) \)は\(Y\)と交わらないため\(x\)は\(f^{-}\left( Y\right) \)の要素ではありません。したがって、\(f^{-}\left(Y\right) =X\)であることが明らかになりました。

例(対応による集合の下逆像)
下図中の実線および灰色の領域(境界を含む)あわせた領域をグラフとする対応\(f:\mathbb{R} _{+}\twoheadrightarrow \mathbb{R} \)について考えます。

図:対応による集合の下逆像
図:対応による集合の下逆像

終集合\(\mathbb{R} \)の部分集合\(Y\)が上図のように与えられているとき、その下逆像\(f^{-}\left( Y\right) \)を特定します。始集合\(\mathbb{R} _{+}\)の部分集合\(X\)が上図のように与えられているとき、その要素\(x\)を任意に選ぶと、その像\(f\left( x\right) \)はいずれも\(Y\)と交わるため\(x\in f^{-}\left( B\right) \)です。また、\(X\)に属さない要素\(x\)を任意に選ぶと、その要素\(f\left( x\right) \)は\(Y\)と交わるため\(x\in f^{-}\left(B\right) \)です。したがって、\(f^{-}\left( Y\right) =\mathbb{R} _{+}\)であることが明らかになりました。

例(対応による集合の下逆像)
対応\(f:\mathbb{R} \supset \left[ 0,1\right] \twoheadrightarrow \left[ 0,1\right] \)はそれぞれの\(x\in \left[ 0,1\right] \)に対して、\begin{equation*}f\left( x\right) =\left[ 0,x\right] \end{equation*}を定めるものとします。例えば、集合\(\left[ 0,\frac{1}{2}\right] \subset \left[ 0,1\right] \)の下逆像は、\begin{eqnarray*}f^{-}\left( \left[ 0,\frac{1}{2}\right] \right) &=&\left\{ x\in \left[ 0,1\right] \ |\ f\left( x\right) \cap \left[ 0,\frac{1}{2}\right] \not=\phi
\right\} \quad \because \text{下逆像の定義} \\
&=&\left\{ x\in \left[ 0,1\right] \ |\ \left[ 0,x\right] \cap \left[ 0,\frac{1}{2}\right] \not=\phi \right\} \quad \because f\text{の定義} \\
&=&\left\{ x\in \left[ 0,1\right] \ |\ 0\leq x\right\} \\
&=&\left[ 0,1\right] \end{eqnarray*}であり、集合\(\left( 0,\frac{1}{2}\right)\subset \left[ 0,1\right] \)の下逆像は、\begin{eqnarray*}f^{-}\left( \left( 0,\frac{1}{2}\right) \right) &=&\left\{ x\in \left[ 0,1\right] \ |\ f\left( x\right) \cap \left( 0,\frac{1}{2}\right) \not=\phi
\right\} \quad \because \text{下逆像の定義} \\
&=&\left\{ x\in \left[ 0,1\right] \ |\ \left[ 0,x\right] \cap \left( 0,\frac{1}{2}\right) \not=\phi \right\} \quad \because f\text{の定義} \\
&=&\left\{ x\in \left[ 0,1\right] \ |\ 0<x\right\} \\
&=&(0,1] \end{eqnarray*}であり、終集合\(\left[ 0,1\right] \)の下逆像は、\begin{eqnarray*}f^{-}\left( \left[ 0,1\right] \right) &=&\left\{ x\in \left[ 0,1\right] \
|\ f\left( x\right) \cap \left[ 0,1\right] \not=\phi \right\} \quad \because
\text{下逆像の定義} \\
&=&\left\{ x\in \left[ 0,1\right] \ |\ \left[ 0,x\right] \cap \left[ 0,1\right] \not=\phi \right\} \quad \because f\text{の定義} \\
&=&\left\{ x\in \left[ 0,1\right] \ |\ 0\leq x\right\} \\
&=&\left[ 0,1\right] \end{eqnarray*}となります。

例(対応による集合の下逆像と写像による集合の逆像の関係)
写像\(f:A\rightarrow B\)が与えられたとき、それぞれの\(a\in A\)に対して、\begin{equation*}g\left( a\right) =\left\{ f\left( a\right) \right\}
\end{equation*}を像として定める対応\(g:A\twoheadrightarrow B\)が定義可能です。終集合の部分集合\(Y\subset B\)を任意に選んだとき、\begin{equation*}g^{-}\left( Y\right) =f^{-1}\left( Y\right)
\end{equation*}という関係が成り立つため(演習問題)、対応による集合の下逆像は、写像による集合の逆像を拡張した概念であることが明らかになりました。

例(対応による空集合の下逆像)
空集合は任意の集合の部分集合であるため、対応\(f:A\twoheadrightarrow B\)による空集合\(\phi \subset B\)の下逆像を考えることもできます。対応による集合の下逆像の定義より、これは、\begin{equation*}f^{-}(\phi )=\left\{ a\in A\ |\ f\left( a\right) \cap \phi \not=\phi
\right\}
\end{equation*}となりますが、\(f\left( a\right)\cap \phi \not=\phi \)は恒偽式であるため\(f^{-}\left( \phi \right) =\phi \)となります。つまり、対応による空集合の下逆像は空集合です。

 

上逆像と下逆像の関係

繰り返しになりますが、対応\(f:A\twoheadrightarrow B\)による集合\(Y\subset B\)の上逆像は、\begin{equation*}f^{+}\left( Y\right) =\left\{ a\in A\ |\ f\left( a\right) \subset Y\right\}
\end{equation*}と定義される一方で、\(f\)による\(Y\)の下逆像は、\begin{equation*}f^{-}\left( Y\right) =\left\{ a\in A\ |\ f\left( a\right) \cap Y\not=\phi
\right\}
\end{equation*}と定義されます。\(f\left(a\right) \)が\(Y\)の部分集合であることは\(f\left( a\right) \)と\(Y\)が交わることを含意するため、\begin{equation*}f^{+}\left( Y\right) \subset f^{-}\left( Y\right)
\end{equation*}という関係が成り立ちそうです。実際、\(f\)が非空値をとる場合には、すなわち、\begin{equation*}\forall a\in A:f\left( a\right) \not=\phi
\end{equation*}が成り立つ場合には、上の包含関係が成り立つことが保証されます。

命題(上逆像が下逆像の部分集合であるための条件)
対応\(f:A\twoheadrightarrow B\)が非空値をとるならば、任意の集合\(Y\subset B\)に対して、\begin{equation*}f^{+}\left( Y\right) \subset f^{-}\left( Y\right)
\end{equation*}という関係が成り立つ。

証明

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録

例(上逆像が下逆像の部分集合である場合)
集合\(A=\left\{ 1,2,3\right\} \)と集合\(B=\left\{a,b,c\right\} \)に対して、対応\(f:A\twoheadrightarrow B\)を以下の図で定義します。

図:上逆像と下逆像の関係
図:上逆像と下逆像の関係

つまり、\(f\left( 1\right) =\left\{ b\right\} \)かつ\(f\left( 2\right) =\left\{ a,c\right\} \)かつ\(f\left( 3\right) =\left\{ b\right\} \)であるため\(f\)は非空値をとります。このとき、例えば、\begin{eqnarray*}f^{+}\left( \left\{ a,b\right\} \right) &=&\left\{ 1,3\right\} \subset
\left\{ 1,2,3\right\} =f^{-}\left( \left\{ a,b\right\} \right) \\
f^{+}\left( \left\{ b,c\right\} \right) &=&\left\{ 1,3\right\} \subset
\left\{ 1,2,3\right\} =f^{-}\left( \left\{ b,c\right\} \right) \\
f^{+}\left( \left\{ a,c\right\} \right) &=&\left\{ 2\right\} =f^{-}\left(
\left\{ a,c\right\} \right) \\
f^{+}\left( \left\{ a,b,c\right\} \right) &=&\left\{ 1,2,3\right\}
=f^{-}\left( \left\{ a,b,c\right\} \right)
\end{eqnarray*}などが成り立ちます。

例(上逆像が下逆像の部分集合である場合)
下図中の実線および灰色の領域(境界を含む)あわせた領域をグラフとする対応\(f:\mathbb{R} _{+}\twoheadrightarrow \mathbb{R} \)について考えます。\(f\)は非空値をとります。

図:上逆像と下逆像の関係
図:上逆像と下逆像の関係

終集合\(\mathbb{R} \)の部分集合\(Y\)が上図のように与えられているとき、\begin{equation*}f^{+}\left( Y\right) =\phi \subset X=f^{-}\left( Y\right)
\end{equation*}という関係が成り立ちます。

例(上逆像と下逆像の関係)
下図中の実線および灰色の領域(境界を含む)あわせた領域をグラフとする対応\(f:\mathbb{R} _{+}\twoheadrightarrow \mathbb{R} \)について考えます。\(f\)は非空値をとります。

図:上逆像と下逆像の関係
図:上逆像と下逆像の関係

終集合\(\mathbb{R} \)の部分集合\(Y\)が上図のように与えられているとき、\begin{equation*}f^{+}\left( Y\right) =X\subset \mathbb{R} _{+}=f^{-}\left( Y\right)
\end{equation*}という関係が成り立ちます。

対応\(f:A\twoheadrightarrow B\)が非空値をとらない場合、すなわち、\(f\left( a\right) =\phi \)を満たす\(a\in A\)が存在する場合、先の命題の主張が成り立つとは限りません。実際、\(f\left( a\right)=\phi \)であるとき、空集合は任意の集合の部分集合であることから任意の\(Y\subset B\)に対して\(f\left( a\right) \subset Y\)すなわち\(a\in f^{+}\left(Y\right) \)である一方で、空集合はいかなる集合とも交わらないことから\(f\left( a\right) \cap Y=\phi \)すなわち\(a\not\in f^{-}\left( Y\right) \)となりますが、このような\(a\)が存在することは\(f^{+}\left(Y\right) \)が\(f^{-}\left( Y\right) \)の部分集合ではないことを意味します。以下もまた具体例です。

例(上逆像が下逆像の部分集合ではない場合)
集合\(A=\left\{ 1,2,3\right\} \)と集合\(B=\left\{a,b,c\right\} \)に対して、対応\(f:A\twoheadrightarrow B\)を以下の図で定義します。
図:上逆像と下逆像の関係
図:上逆像と下逆像の関係

図より\(f\left( 3\right) =\phi \)であるため、この対応\(f\)は非空値をとりません。このとき、\begin{eqnarray*}f^{+}\left( B\right) &=&\left\{ a\in A\ |\ f\left( a\right) \subset
B\right\} =\left\{ 1,2,3\right\} \\
f^{-}\left( B\right) &=&\left\{ a\in A\ |\ f\left( a\right) \cap B\not=\phi
\right\} =\left\{ 1,2\right\}
\end{eqnarray*}となるため\(f^{+}\left( B\right) \subset f^{-}\left( B\right) \)という関係は成り立ちません。

 

演習問題

問題(対応による要素の逆像)
対応\(f:\mathbb{R} \supset \left[ 0,1\right] \twoheadrightarrow \left[ 0,1\right] \)はそれぞれの\(x\in \left[ 0,1\right] \)に対して、\begin{equation*}f\left( x\right) =\left\{
\begin{array}{ll}
\left\{ 0\right\} & \left( if\ 0\leq x<1\right) \\
\left[ 0,1\right] & \left( if\ x=1\right)
\end{array}\right.
\end{equation*}を定めるものとします。以下をそれぞれ求めてください。

  1. \(f^{-1}\left( 0\right) \)
  2. \(f^{-1}\left( \frac{1}{2}\right) \)
  3. \(f^{-1}\left( 1\right) \)
解答を見る

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録

問題(対応の逆像)
対応\(f:\left( 0,1\right) \twoheadrightarrow \mathbb{R} \)はそれぞれの\(x\in \left( 0,1\right) \)に対して、\begin{equation*}f\left( x\right) =\left[ 0,\frac{1}{x}\right] \end{equation*}を定めるものとします。以下をそれぞれ求めてください。

  1. \(D\left( f\right) \)
  2. \(R\left( f\right) \)
  3. \(f^{+}\left( R\left( f\right) \right) \)
  4. \(f^{-}\left( R\left( f\right) \right) \)
解答を見る

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録

問題(対応の逆像)
対応\(f:\left[ 0,1\right] \twoheadrightarrow \left[ 0,1\right] \)はそれぞれの\(x\in \left[ 0,1\right] \)に対して、\begin{equation*}f\left( x\right) =\left\{
\begin{array}{cl}
\left[ 0,\frac{1}{3}\right] & \left( if\ 0\leq x\leq \frac{1}{3}\right) \\
\phi & \left( if\ \frac{1}{3}<x<\frac{2}{3}\right) \\
\left[ \frac{2}{3},1\right] & \left( if\ \frac{2}{3}\leq x\leq 1\right)
\end{array}\right.
\end{equation*}を定めるものとします。以下をそれぞれ求めてください。

  1. \(D\left( f\right) \)
  2. \(R\left( f\right) \)
  3. \(f^{+}\left( R\left( f\right) \right) \)
  4. \(f^{-}\left( R\left( f\right) \right) \)
解答を見る

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録

問題(上逆像と下逆像の関係)
対応\(f:A\twoheadrightarrow B\)と終集合の部分集合\(Y\subset B\)がそれぞれ任意に与えられたとき、\begin{eqnarray*}\left( a\right) \ f^{+}\left( Y\right) &=&\left( f^{-}\left( Y^{c}\right)
\right) ^{c} \\
\left( b\right) \ f^{-}\left( Y\right) &=&\left( f^{+}\left( Y^{c}\right)
\right) ^{c}
\end{eqnarray*}などが成り立つことを示してください。

証明

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録

問題(写像による逆像と対応による逆像の関係)
写像\(f:A\rightarrow B\)が与えられたとき、それぞれの\(a\in A\)に対して、\begin{equation*}g\left( a\right) =\left\{ f\left( a\right) \right\}
\end{equation*}を像として定める対応\(f:A\twoheadrightarrow B\)を定義します。終集合の部分集合\(Y\subset B\)を任意に選んだとき、\begin{equation*}f^{-1}\left( Y\right) =g^{+}\left( Y\right) =g^{-}\left( Y\right)
\end{equation*}という関係が成り立つことを示してください。

解答を見る

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録

問題(共通部分の逆像)
対応\(f:A\twoheadrightarrow B\)と終集合\(B\)の部分集合族\(\{Y_{\lambda }\}_{\lambda\in \Lambda }\)が任意に与えられたとき、\begin{eqnarray*}\left( a\right) \ f^{+}\left( \bigcap\limits_{\lambda \in \Lambda
}Y_{\lambda }\right) &=&\bigcap\limits_{\lambda \in \Lambda }f^{+}\left(
Y_{\lambda }\right) \\
\left( b\right) \ f^{-}\left( \bigcap\limits_{\lambda \in \Lambda
}Y_{\lambda }\right) &=&\bigcap\limits_{\lambda \in \Lambda }f^{-}\left(
Y_{\lambda }\right)
\end{eqnarray*}という関係が成り立つことを証明してください。

解答を見る

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録

問題(和集合の逆像)
対応\(f:A\twoheadrightarrow B\)と終集合\(B\)の部分集合族\(\{Y_{\lambda }\}_{\lambda\in \Lambda }\)が任意に与えられたとき、\begin{eqnarray*}\left( a\right) \ f^{+}\left( \bigcup\limits_{\lambda \in \Lambda
}Y_{\lambda }\right) &=&\bigcup\limits_{\lambda \in \Lambda }f^{+}\left(
Y_{\lambda }\right) \\
\left( b\right) \ f^{-}\left( \bigcup\limits_{\lambda \in \Lambda
}Y_{\lambda }\right) &=&\bigcup\limits_{\lambda \in \Lambda }f^{-}\left(
Y_{\lambda }\right)
\end{eqnarray*}という関係が成り立つことを証明してください。

解答を見る

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録

< 前のページ
次のページ >
Share on twitter
Twitterで共有
Share on email
メールで共有
RELATED KNOWLEDGE

関連知識

対応
対応の定義

集合のそれぞれの要素に対して別の集合の部分集合を1つずつ定める規則を対応と呼びます。

グラフ
対応のグラフ

集合Aから集合Bへの対応fが与えられたとき、Aの要素とBの要素を成分とする順序対(a,b)の中でもa∈f(b)を満たすようなものを集めてできる集合を対応fのグラフと呼びます。

定義域
関数による逆像と定義域

関数による実数の逆像や、関数による実数集合の逆像、また、関数の定義域などについて解説した上で、それらの概念が満たす性質について整理します。

対応
対応による像

対応が始集合の要素に対して定める像、始集合の部分集合に対して定める像、対応の値域などについて解説します。

写像による逆像

写像による終集合の要素の逆像や、写像による終集合の部分集合の逆像、また、写像の定義域などについて解説した上で、それらの概念が満たす性質について整理します。

写像による像と逆像の関係

写像による始集合の要素の像と、終集合の要素の逆像の間に成立する関係や、写像による始集合の部分集合の像と、終集合の部分集合の逆像の間に成立する関係などについて整理します。

上半連続性
逆像と位相を用いた対応の連続性の判定

対応の連続性(上半連続性・下半連続性)の概念は、対応が終集合の部分集合に対して定める上逆像や下逆像が満たすべき位相的性質として表現することが可能です。

DISCUSSION

質問とコメント

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録