教材一覧
教材一覧
教材検索

距離空間

距離空間における集合間の距離

目次

前のページ:

部分距離空間

Twitter
Mailで保存

距離空間における集合間の距離

距離空間\(\left( X,d\right) \)が与えられているものとします。つまり、\(X\)は非空集合であるとともに、距離関数\(d:X\times X\rightarrow \mathbb{R} \)が以下の4つの公理\begin{eqnarray*}&&\left( M_{1}\right) \ \forall x,y\in X:d\left( x,y\right) \geq 0 \\
&&\left( M_{2}\right) \ \forall x,y\in X:\left[ d(x,y)=0\Leftrightarrow x=y\right] \\
&&\left( M_{3}\right) \ \forall x,y\in X:d(x,y)=d\left( y,x\right) \\
&&\left( M_{4}\right) \ \forall x,y,z\in X:d\left( x,z\right) \leq d\left(
x,y\right) +d\left( y,z\right)
\end{eqnarray*}を満たすということです。距離関数\(d\)は距離空間に属する2つの点\(x,y\in X\)の間の距離\(d\left(x,y\right) \)を定めますが、距離関数\(d\)を活用することにより\(X\)の部分集合どうしの距離を定義できます。

距離空間\(X\)の空ではない部分集合\(A,B\)を任意に選びます。この2つの集合の距離としては、\(A\)に属する点と\(B\)に属する点の間の距離の中でも最も短いものを採用します。つまり、\(A\)の点\(a\)と\(B\)の点\(b\)をそれぞれ任意に選んだとき、この2つの点の間の距離は\(d\left( a,b\right) \)となるため、この距離がとり得る値の範囲は、\begin{equation}\left\{ d\left( a,b\right) \in \mathbb{R} \ |\ a\in A\wedge b\in B\right\} \quad \cdots (1)
\end{equation}となりますが、この集合に属する値の中で最も小さいものとして、\(A\)と\(B\)の間の距離を定義するということです。

一般に、\(\mathbb{R} \)の非空な部分集合に対してその最小値は存在するとは限らないため、\(\mathbb{R} \)の部分集合である\(\left(1\right) \)についても、その最小値は存在するとは限りません。したがって、2つの集合\(A,B\)の間の距離を\(\left( 1\right) \)の最小値と定義してしまうと、集合の間の距離が定まらないという事態が起こり得ます。このような事態を回避するために、\(A\)と\(B\)の間の距離を\(\left( 1\right) \)の最小値として定義するのではなく、\(\left( 1\right) \)の下限として定義した上で、これを、\begin{equation*}d\left( A,B\right) =\inf \left\{ d\left( a,b\right) \in \mathbb{R} \ |\ a\in A\wedge b\in B\right\}
\end{equation*}で表記します。これを\(A\)から\(B\)への距離(distance from \(A\) to \(B\))と呼びます。

距離空間\(X\)の非空な部分集合\(A,B\)に対して、その要素である\(a\in A\)と\(b\in B\)をそれぞれ任意に選びます。距離関数\(d\)の非負性よりこれらの点の間の距離\(d\left( a,b\right) \)は非負の実数になります。したがって、先の集合\begin{equation*}\left\{ d\left( a,b\right) \in \mathbb{R} \ |\ a\in A\wedge b\in B\right\}
\end{equation*}は非負の実数からなる\(\mathbb{R} \)の部分集合であるため下に有界です。すると、\(\mathbb{R} \)の連続性(下限性質)より、その下限\begin{equation*}\inf \left\{ d\left( a,b\right) \in \mathbb{R} \ |\ a\in A\wedge b\in B\right\}
\end{equation*}すなわち\(d\left( A,B\right) \)が存在することが保証されます。しかも、\(\mathbb{R} \)の非空な部分集合の下限が存在する場合、それは必ず1つの実数として定まるため、\(d\left( A,B\right) \)もまた常に1つの実数として定まることが保証されます。以上の理由により、距離空間\(X\)の非空な部分集合\(A,B\)を任意に選ぶと、\(A\)から\(B\)への距離\(d\left( A,B\right) \)は常に存在し、それは1つの有限な実数として定まることが保証されます。このような事情を踏まえると、それぞれの\(\left( A,B\right) \in 2^{X}\backslash \left\{ \phi \right\}\times 2^{X}\backslash \left\{ \phi \right\} \)に対して、\(A\)から\(B\)への距離\(d\left( A,B\right) \in \mathbb{R} \)を定める実数値関数\begin{equation*}d:2^{X}\backslash \left\{ \phi \right\} \times 2^{X}\backslash \left\{ \phi
\right\} \rightarrow \mathbb{R} \end{equation*}が定義可能です。ただし、\(2^{X}\)は\(X\)のべき集合です。

距離空間\(X\)の非空な部分集合\(A\)を任意に選んだとき、空集合\(\phi \)との距離に関しては、便宜上、\begin{equation*}d\left( A,\phi \right) =d\left( \phi ,A\right) =d\left( \phi ,\phi \right)
=+\infty
\end{equation*}と定めます。

例(集合間の距離)
1次元ユークリッド空間\(\left( \mathbb{R} ,d\right) \)は距離空間であり、距離関数\(d:\mathbb{R} \times \mathbb{R} \rightarrow \mathbb{R} \)はそれぞれの\(\left( x,y\right) \in \mathbb{R} \times \mathbb{R} \)に対して、\begin{eqnarray*}d\left( x,y\right) &=&\sqrt{\left( x-y\right) ^{2}}\quad \because \text{ユークリッド距離の定義} \\
&=&\left\vert x-y\right\vert \quad \because \text{絶対値の定義}
\end{eqnarray*}を定めます。\(\mathbb{R} \)の非空な部分集合である以下の2つの集合\begin{eqnarray*}A &=&\left( 0,1\right) \\
B &=&\left[ 2,3\right] \end{eqnarray*}に注目すると、\(A\)の点と\(B\)の点の間の距離がとり得る値の範囲は、\begin{eqnarray*}\left\{ d\left( x,y\right) \in \mathbb{R} \ |\ x\in A\wedge y\in B\right\} &=&\left\{ \left\vert x-y\right\vert \in \mathbb{R} \ |\ x\in \left( 0,1\right) \wedge y\in \left[ 2,3\right] \right\} \\
&=&\left( 1,3\right)
\end{eqnarray*}であるため、\(A\)から\(B\)への距離は、\begin{eqnarray*}d\left( A,B\right) &=&\inf \left( 1,3\right) \\
&=&1
\end{eqnarray*}となります。

例(集合間の距離)
離散距離\(\left( X,d\right) \)は距離空間であり、離散距離\(d:X\times X\rightarrow \mathbb{R} \)はそれぞれの\(\left( x,y\right) \in X\times X\)に対して、\begin{equation*}d\left( x,y\right) =\left\{
\begin{array}{cc}
0 & \left( if\ x=y\right) \\
1 & \left( if\ x\not=y\right)
\end{array}\right.
\end{equation*}を定めます。空ではない部分集合\(A,B\subset X\)を任意に選びます。\(A\cap B=\phi \)である場合、\(A\)の点と\(B\)の点の間の距離がとり得る値の範囲は、\begin{equation*}\left\{ d\left( x,y\right) \in \mathbb{R} \ |\ x\in A\wedge y\in B\right\} =\left\{ 1\right\}
\end{equation*}であるため、\(A\)から\(B\)への距離は、\begin{eqnarray*}d\left( A,B\right) &=&\inf \left\{ 1\right\} \\
&=&1
\end{eqnarray*}となります。\(A\cap B\not=\phi \)である場合、\(A\)の点と\(B\)の点の間の距離がとり得る値の範囲は、\begin{equation*}\left\{ d\left( x,y\right) \in \mathbb{R} \ |\ x\in A\wedge y\in B\right\} =\left\{ 0\right\}
\end{equation*}または、\begin{equation*}
\left\{ d\left( x,y\right) \in \mathbb{R} \ |\ x\in A\wedge y\in B\right\} =\left\{ 0,1\right\}
\end{equation*}であるため、\(A\)から\(B\)への距離は、\begin{equation*}d\left( A,B\right) =\inf \left\{ 0\right\} =0
\end{equation*}または、\begin{equation*}
d\left( A,B\right) =\inf \left\{ 0,1\right\} =0
\end{equation*}となります。結果をまとめると、\begin{equation*}
d\left( A,B\right) =\left\{
\begin{array}{cc}
1 & \left( if\ A\cap B=\phi \right) \\
0 & \left( if\ A\cap B\not=\phi \right)
\end{array}\right.
\end{equation*}となります。

 

距離空間における点と集合の距離

距離空間\(X\)の空ではない部分集合\(A,B\)の間の距離を、\begin{equation*}d\left( A,B\right) =\inf \left\{ d\left( a,b\right) \in \mathbb{R} \ |\ a\in A\wedge b\in B\right\}
\end{equation*}と定義しました。以上を踏まえた上で、距離空間\(X\)の点\(x\)から非空な部分集合\(A\)の間の距離としては、1点集合\(\left\{ x\right\} \)と集合\(A\)の間の距離\(d\left( \left\{ x\right\} ,A\right) \)を採用し、これを、\begin{eqnarray*}d\left( x,A\right) &=&d\left( \left\{ x\right\} ,A\right) \\
&=&\inf \left\{ d\left( x,a\right) \in \mathbb{R} \ |\ a\in A\right\}
\end{eqnarray*}で表記します。

距離空間\(X\)の点\(x\)を任意に選んだとき、空集合\(\phi \)との距離に関しては、便宜上、\begin{equation*}d\left( x,\phi \right) =+\infty
\end{equation*}と定めます。

例(点と集合の距離)
1次元ユークリッド空間\(\left( \mathbb{R} ,d\right) \)は距離空間であり、距離関数\(d:\mathbb{R} \times \mathbb{R} \rightarrow \mathbb{R} \)はそれぞれの\(\left( x,y\right) \in \mathbb{R} \times \mathbb{R} \)に対して、\begin{eqnarray*}d\left( x,y\right) &=&\sqrt{\left( x-y\right) ^{2}}\quad \because \text{ユークリッド距離の定義} \\
&=&\left\vert x-y\right\vert \quad \because \text{絶対値の定義}
\end{eqnarray*}を定めます。\(\mathbb{R} \)の非空な部分集合\begin{equation*}A=\left( 0,1\right)
\end{equation*}に注目すると、点\(0\)と集合\(A\)の点の距離がとり得る値の範囲は、\begin{eqnarray*}\left\{ d\left( 0,x\right) \in \mathbb{R} \ |\ x\in A\right\} &=&\left\{ \left\vert 0-x\right\vert \in \mathbb{R} \ |\ x\in \left( 0,1\right) \right\} \\
&=&\left\{ x\in \mathbb{R} \ |\ x\in \left( 0,1\right) \right\} \\
&=&\left( 0,1\right)
\end{eqnarray*}であるため、\(0\)から\(A\)への距離は、\begin{eqnarray*}d\left( 0,A\right) &=&\inf \left( 0,1\right) \\
&=&0
\end{eqnarray*}となります。また、点\(2\)と集合\(A\)の点の距離がとり得る値の範囲は、\begin{eqnarray*}\left\{ d\left( 2,x\right) \in \mathbb{R} \ |\ x\in A\right\} &=&\left\{ \left\vert 2-x\right\vert \in \mathbb{R} \ |\ x\in \left( 0,1\right) \right\} \\
&=&\left( 1,2\right)
\end{eqnarray*}であるため、\(2\)から\(A\)への距離は、\begin{eqnarray*}d\left( 2,A\right) &=&\inf \left( 1,2\right) \\
&=&1
\end{eqnarray*}となります。

例(点と集合の距離)
離散距離\(\left( X,d\right) \)は距離空間であり、離散距離\(d:X\times X\rightarrow \mathbb{R} \)はそれぞれの\(\left( x,y\right) \in X\times X\)に対して、\begin{equation*}d\left( x,y\right) =\left\{
\begin{array}{cc}
0 & \left( if\ x=y\right) \\
1 & \left( if\ x\not=y\right)
\end{array}\right.
\end{equation*}を定めます。空ではない部分集合\(A\subset X\)を任意に選びます。点\(x\in X\)を任意に選んだ場合、\(x\in A\)の場合に点\(x\)と\(A\)の点の距離がとり得る値の範囲は、\begin{equation*}\left\{ d\left( x,A\right) \in \mathbb{R} \ |\ y\in A\right\} =\left\{ 0\right\}
\end{equation*}または、\begin{equation*}
\left\{ d\left( x,A\right) \in \mathbb{R} \ |\ y\in A\right\} =\left\{ 0,1\right\}
\end{equation*}であるため、\(x\)から\(A\)への距離は、\begin{equation*}d\left( x,A\right) =\inf \left\{ 0\right\} =0
\end{equation*}または、\begin{equation*}
d\left( x,A\right) =\inf \left\{ 0,1\right\} =0
\end{equation*}となります。\(x\not\in A\)の場合に点\(x\)と\(A\)の点の距離がとり得る値の範囲は、\begin{equation*}\left\{ d\left( x,A\right) \in \mathbb{R} \ |\ y\in A\right\} =\left\{ 1\right\}
\end{equation*}であるため、\(x\)から\(A\)への距離は、\begin{equation*}d\left( x,A\right) =\inf \left\{ 1\right\} =1
\end{equation*}となります。結果をまとめると、\begin{equation*}
d\left( x,A\right) =\left\{
\begin{array}{cc}
0 & \left( if\ x\in A\right) \\
1 & \left( if\ x\not\in A\right)
\end{array}\right.
\end{equation*}となります。

 

集合間の距離と非負性

距離空間\(X\)の部分集合どうしの距離\begin{equation*}d:2^{X}\backslash \left\{ \phi \right\} \times 2^{X}\backslash \left\{ \phi
\right\} \rightarrow \mathbb{R} \end{equation*}もまた距離の公理を満たすのでしょうか。順番に考えます。

距離空間\(X\)の部分集合どうしの距離は非負性を満たします。つまり、\(X\)の非空な部分集合\(A,B\)を任意に選んだとき、\begin{equation*}d\left( A,B\right) \geq 0
\end{equation*}が成り立ちます。\(A\)から\(B\)への距離は必ず非負の実数になるということです。特に、\(A\)と\(B\)が交わる場合、\(A\)から\(B\)への距離は\(0\)になります。

命題(集合間の距離の非負性)
距離空間\(X\)の非空な部分集合\(A,B\subset X\)を任意に選んだとき、\begin{equation*}d\left( A,B\right) \geq 0
\end{equation*}が成り立つ。特に、\(A\cap B\not=\phi \)の場合には、\begin{equation*}d\left( A,B\right) =0
\end{equation*}となる。

証明

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録

点と集合の距離は集合間の距離の特殊ケースであるため、上の命題より以下を得ます。

命題(点と集合距離の非負性)
距離空間\(X\)の非空な部分集合\(A\subset X\)と点\(x\in X\)を任意に選んだとき、\begin{equation*}d\left( x,A\right) \geq 0
\end{equation*}が成り立つ。特に、\(x\in A\)の場合には、\begin{equation*}d\left( x,A\right) =0
\end{equation*}となる。

 

集合間の距離と不可識別者同一性

距離空間\(X\)の部分集合どうしの距離は不可識別者同一性を満たすとは限りません。つまり、\(X\)の非空な部分集合\(A,B\)に対して、\begin{equation*}d\left( A,B\right) =0\Leftrightarrow A=B
\end{equation*}は成り立つとは限りません。以下の例より明らかです。

例(集合間の距離と不可識別者同一性)
1次元ユークリッド空間\(\left( \mathbb{R} ,d\right) \)は距離空間であり、距離関数\(d:\mathbb{R} \times \mathbb{R} \rightarrow \mathbb{R} \)はそれぞれの\(\left( x,y\right) \in \mathbb{R} \times \mathbb{R} \)に対して、\begin{eqnarray*}d\left( x,y\right) &=&\sqrt{\left( x-y\right) ^{2}}\quad \because \text{ユークリッド距離の定義} \\
&=&\left\vert x-y\right\vert \quad \because \text{絶対値の定義}
\end{eqnarray*}を定めます。\(\mathbb{R} \)の非空な部分集合である以下の2つの集合\begin{eqnarray*}A &=&\left( 0,1\right) \\
B &=&\left[ 0,1\right] \end{eqnarray*}に注目すると、\(A\)の点と\(B\)の点の間の距離がとり得る値の範囲は、\begin{eqnarray*}\left\{ d\left( x,y\right) \in \mathbb{R} \ |\ x\in A\wedge y\in B\right\} &=&\left\{ \left\vert x-y\right\vert \in \mathbb{R} \ |\ x\in \left( 0,1\right) \wedge y\in \left[ 0,1\right] \right\} \\
&=&\left( 0,1\right)
\end{eqnarray*}であるため、\begin{eqnarray*}
d\left( A,B\right) &=&\inf \left( 0,1\right) \\
&=&0
\end{eqnarray*}となります。その一方で、明らかに\(A\not=B\)です。

 

集合間の距離と対称性

距離空間\(X\)の部分集合どうしの距離は対称性を満たします。つまり、\(X\)の非空な部分集合\(A,B\)を任意に選んだとき、\begin{equation*}d\left( A,B\right) =d\left( B,A\right)
\end{equation*}が成り立ちます。\(A\)から\(B\)への距離と\(B\)から\(A\)への距離は等しいことが保証されるということです。このような事情を踏まえると、\(A\)から\(B\)への距離を\(A\)\(B\)の間の距離(distance between \(A\) and \(B\))と言っても差し支えありません。

命題(集合間の距離の対称性)
距離空間\(X\)の非空な部分集合\(A,B\subset X\)を任意に選んだとき、\begin{equation*}d\left( A,B\right) =d\left( B,A\right)
\end{equation*}が成り立つ。

証明

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録

点と集合の距離は集合間の距離の特殊ケースであるため、上の命題より以下を得ます。

命題(点と集合距離の対称性)
距離空間\(X\)の非空な部分集合\(A\subset X\)と点\(x\in X\)を任意に選んだとき、\begin{equation*}d\left( x,A\right) =d\left( A,x\right)
\end{equation*}が成り立つ。

 

集合間の距離と三角不等式

距離空間\(X\)の部分集合どうしの距離は三角不等式を満たすとは限りません。つまり、\(X\)の非空な部分集合\(A,B,C\)に対して、\begin{equation*}d\left( A,C\right) \leq d\left( A,B\right) +d\left( B,C\right)
\end{equation*}は成り立つとは限りません。以下の例より明らかです。

例(集合間の距離と三角不等式)
1次元ユークリッド空間\(\left( \mathbb{R} ,d\right) \)は距離空間であり、距離関数\(d:\mathbb{R} \times \mathbb{R} \rightarrow \mathbb{R} \)はそれぞれの\(\left( x,y\right) \in \mathbb{R} \times \mathbb{R} \)に対して、\begin{eqnarray*}d\left( x,y\right) &=&\sqrt{\left( x-y\right) ^{2}}\quad \because \text{ユークリッド距離の定義} \\
&=&\left\vert x-y\right\vert \quad \because \text{絶対値の定義}
\end{eqnarray*}を定めます。\(\mathbb{R} \)の非空な部分集合である以下の3つの集合\begin{eqnarray*}A &=&\left[ 1,2\right] \\
B &=&\left[ 0,5\right] \\
C &=&\left[ 3,4\right] \end{eqnarray*}に注目すると、\begin{eqnarray*}
d\left( A,C\right) &=&1 \\
d\left( A,B\right) &=&0 \\
d\left( B,C\right) &=&0
\end{eqnarray*}であるため、\begin{equation*}
d\left( A,C\right) >d\left( A,B\right) +d\left( B,C\right)
\end{equation*}が成立しています。

一方、以下の関係は成立します。

命題(集合間の距離と三角不等式)
距離空間\(X\)の非空な部分集合\(A,B\subset X\)と点\(x\in X\)を任意に選んだとき、\begin{equation*}d\left( A,B\right) \leq d\left( x,A\right) +d\left( x,B\right)
\end{equation*}が成り立つ。

証明

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録

以下の関係も成立します。

命題(集合間の距離と三角不等式)
距離空間\(X\)の非空な部分集合\(A\subset X\)と点\(x,y\in X\)を任意に選んだとき、\begin{equation*}\left\vert d\left( x,A\right) -d\left( y,A\right) \right\vert \leq d\left(
x,y\right)
\end{equation*}が成り立つ。

証明

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録

 

演習問題

問題(等しい集合の間の距離)
距離空間\(X\)の非空な部分集合\(A\subset X\)を任意に選んだとき、\begin{equation*}d\left( A,A\right) =0
\end{equation*}が成り立つことを示してください。

解答を見る

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録

問題(互いに素な集合間の距離)
距離空間\(X\)の非空な部分集合\(A,B\subset X\)を任意に選んだとき、\begin{equation*}A\cap B\not=\phi \Rightarrow d\left( A,B\right) =0
\end{equation*}が成り立つことを本文中で示しました。では、\begin{equation*}
A\cap B=\phi \wedge d\left( A,B\right) =0
\end{equation*}が成り立つ場合は存在するでしょうか。議論してください。

解答を見る

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録

前のページ:

部分距離空間

Twitter
Mailで保存

質問とコメント

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録

関連知識