ユークリッド空間における点列が単調列(単調増加もしくは単調減少)であることの意味を定義します。これは単調数列を一般化した概念です。
次のページ >

単調列

ユークリッド空間\(\mathbb{R} ^{n}\)における点列\(\left\{ x_{v}\right\} \)に関して、\begin{equation*}
x_{1}\leq x_{2}\leq x_{3}\leq \cdots
\end{equation*}が成り立つ場合、この点列を単調増加列(monotonically increasing sequence)と呼びます。つまり、単調増加列の項は先へ行くにつれて大きくなることはあっても小さくなることはありません。また、\begin{equation*}
x_{1}\geq x_{2}\geq x_{3}\geq \cdots
\end{equation*}が成り立つ場合、この点列を単調減少列(monotonically decreasing sequence)と呼びます。つまり、単調減少列の項は先へ行くにつれて小さくなることはあっても大きくなることはありません。単調増加列と単調減少列を総称して単調列(monotone sequence)と呼びます。

点列\(\left\{ x_{v}\right\} \)が単調列であることを示すための最もシンプルな方法は、隣り合う任意の2つの項を比較するというものです。具体的には、任意の番号\(v\in \mathbb{N}\)について、\begin{equation}
x_{v}\leq x_{v+1} \tag{1}
\end{equation}が成り立つとき、この点列は単調増加列です。さらに、\(\mathbb{R} ^{n}\)上の順序の定義より、\(\left( 1\right) \)は、それぞれの\(k\in \left\{ 1,\cdots ,n\right\} \)について、\begin{equation*}
x_{v}^{\left( k\right) }\leq x_{v+1}^{\left( k\right) }
\end{equation*}が成り立つことと言い換え可能です。ただし、\(\left\{ x_{v}^{\left( k\right) }\right\} \)は点列\(\left\{ x_{v}\right\} \)の第\(k\)座標数列です。

命題(単調増加列と単調増加数列の関係)
ユークリッド空間\(\mathbb{R} ^{n}\)の点列\(\left\{ x_{v}\right\} \)が与えられたとき、それぞれの\(k\in \left\{ 1,\cdots ,n\right\} \)について、\(\left\{ x_{v}\right\} \)の第\(k\)座標数列\(\left\{ x_{v}^{\left( k\right) }\right\} \)が単調増加数列であることは、もとの点列\(\left\{ x_{v}\right\} \)が単調増加列であるための必要十分条件である。
証明を見る(プレミアム会員限定)

単調減少列についても同様です。つまり、点列\(\left\{ x_{v}\right\} \)が与えられたとき、任意の番号\(v\)について、\begin{equation}
x_{v}\geq x_{v+1} \tag{2}
\end{equation}が成り立つとき、この点列は単調減少列です。さらに、\(\mathbb{R} ^{n}\)上の順序の定義より、\(\left( 2\right) \)は、それぞれの\(k\in \left\{ 1,\cdots ,n\right\} \)について、\begin{equation*}
x_{v}^{\left( k\right) }\geq x_{v+1}^{\left( k\right) }
\end{equation*}が成り立つことと言い換え可能です。

命題(単調減少列と単調減少数列の関係)
ユークリッド空間\(\mathbb{R} ^{n}\)の点列\(\left\{ x_{v}\right\} \)が与えられたとき、それぞれの\(k\in \left\{ 1,\cdots ,n\right\} \)について、\(\left\{ x_{v}\right\} \)の第\(k\)座標数列\(\left\{ x_{v}^{\left( k\right) }\right\} \)が単調減少数列であることは、もとの点列\(\left\{ x_{v}\right\} \)が単調減少列であるための必要十分条件である。
証明を見る(プレミアム会員限定)
例(単調列)
\(2\)次元ユークリッド空間\(\mathbb{R} ^{2}\)における点列\(\left\{ x_{v}\right\} \)の一般項が、\begin{equation*}
x_{v}=\left( x_{v}^{\left( 1\right) },x_{v}^{\left( 2\right) }\right)
=\left( -\frac{1}{v},v^{2}\right)
\end{equation*}で与えられているものとします。\(\left\{ x_{v}\right\} \)の第\(1\)座標数列\(\left\{ x_{v}^{\left( 1\right) }\right\} \)に関しては、任意の番号\(v\in \mathbb{N}\)について、\begin{equation*}
x_{v}^{\left( 1\right) }=-\frac{1}{v}<-\frac{1}{v+1}=x_{v+1}^{\left(
1\right) }
\end{equation*}が成り立つため、この数列は単調増加です。第\(2\)座標数列\(\left\{ x_{v}^{\left( 2\right) }\right\} \)に関しては、任意の番号\(v\)について、\begin{equation*}
x_{v}^{\left( 2\right) }=v^{2}<\left( v+1\right) ^{2}=x_{v+1}^{\left(
2\right) }
\end{equation*}が成り立つため、この数列もまた単調増加です。したがって、先の命題より点列\(\left\{ x_{v}\right\} \)は単調増加です。
例(単調列)
\(2\)次元ユークリッド空間\(\mathbb{R} ^{2}\)における点列\(\left\{ x_{v}\right\} \)の一般項が、\begin{equation*}
x_{v}=\left( x_{v}^{\left( 1\right) },x_{v}^{\left( 2\right) }\right)
=\left( 1,\left( -1\right) ^{v}\right)
\end{equation*}で与えられているものとします。\(\left\{ x_{v}\right\} \)の第\(1\)座標数列\(\left\{ x_{v}^{\left( 1\right) }\right\} \)に関しては、任意の番号\(v\in \mathbb{N}\)について、\begin{equation*}
x_{v}^{\left( 1\right) }=1=x_{v+1}^{\left( 1\right) }
\end{equation*}が成り立つため、この数列は単調増加かつ単調減少です。第\(2\)座標数列\(\left\{ x_{v}^{\left( 2\right) }\right\} \)に関しては、例えば最初の3つの項に関して、\begin{eqnarray*}
x_{1}^{\left( 2\right) } &=&-1<1=x_{2}^{\left( 2\right) } \\
x_{2}^{\left( 2\right) } &=&1>-1=x_{3}^{\left( 2\right) }
\end{eqnarray*}が成り立つため、この数列は単調増加と単調減少のいずれでもありません。したがって、先の命題より点列\(\left\{ x_{v}\right\} \)は単調増加と単調減少のいずれでもありません。

次回は有界な単調列が必ず収束することを示します。

次へ進む 質問・コメント(プレミアム会員限定) 演習問題(プレミアム会員限定)
Share on facebook
Share on twitter
Share on email
次のページ >

プレミアム会員サービス

ユーザー名とメールアドレスを入力して有料(500円/月)のプレミアム会員へアップグレードすることにより、質問やコメントの投稿と閲覧、プレミアムコンテンツ(命題の証明や演習問題、解答など)へのアクセスが可能に。
会員サービス
ログイン

プレミアム会員だけが質問やコメントを投稿・閲覧できます。

アカウント
ログイン