教材一覧
CARDINALITY OF SET

非可算集合

< 前のページ
次のページ >
Share on twitter
Twitterで共有
Share on email
メールで共有

非可算集合

復習になりますが、集合は有限集合と無限集合に分類可能であり、無限集合の中でも\(\mathbb{N} \)と等しい濃度を持つ集合を可算集合と呼びます。では、無限集合の中には可算集合とは異なる集合は存在するのでしょうか。可算集合ではない無限集合を非可算集合(uncountable set)と呼びます。

仮に非可算集合が存在するのであれば、可算集合とは異なる濃度を持つ無限集合が存在するということにであり、無限どうしの間にも、より大きい無限やより小さい無限というものが存在し得ることになります。

 

非可算集合は存在する

非可算集合は存在するのでしょうか。実数集合\(\mathbb{R}\)の部分集合である開区間\begin{equation*}
\left( 0,1\right) =\{x\in \mathbb{R} \ |\ 0<x<1\}
\end{equation*}には無限個の実数が含まれるため、これは無限集合です。そこで、\(\left( 0,1\right) \)が可算集合であることを仮定して矛盾を導けば、\(\left( 0,1\right) \)が非可算集合であることが示されたことになります。以下では\(\left( 0,1\right) \)が可算集合であるものと仮定して話を進めましょう。

\(\left( 0,1\right) \)が可算集合であるならば全単射\(f:\mathbb{N} \rightarrow \left( 0,1\right) \)が存在します。つまり、\(f\)はそれぞれの自然数\(n \in \mathbb{N} \)に対して\(0<f\left( n\right) <1\)を満たす実数\(f\left( n\right) \)を 1 つずつ定める写像です。ただ、数が実数であることは、その実数が無限小数であるための必要十分条件であるため、それぞれの\(n\in \mathbb{N} \)に対して、\begin{equation*}
f\left( n\right) =0.a_{n1}a_{n2}a_{n3}\cdots
\end{equation*}と表すことができます。ただし、\(a_{nm}\)は\(0\)以上\(9\)以下の整数です。つまり、\begin{eqnarray*}
f\left( 1\right) &=&0.a_{11}a_{12}a_{13}\cdots \\
f\left( 2\right) &=&0.a_{21}a_{22}a_{23}\cdots \\
&&\vdots \\
f\left( n\right) &=&0.a_{n1}a_{n2}a_{n3}\cdots \\
&&\vdots
\end{eqnarray*}などとなります。\(f\)は全単射であるため、\(0<b<1\)を満たす任意の無限小数\(b\)に対して、\(f\left( n\right) =b\)を満たす自然数\(n\)が必ず存在するはずです。

以上を踏まえた上で、無限小数\begin{equation*}
b=0.b_{1}b_{2}b_{3}\cdots
\end{equation*}を、\begin{equation*}
b_{n}=\left\{
\begin{array}{cc}
1 & (if\ a_{nn}=0) \\
0 & (if\ a_{nn}\not=0)\end{array}\right.
\end{equation*}を満たすものとして定義します。つまり、\(b_{1}\not=a_{11}\)であるため\(b\not=f\left( 1\right) \)であり、\(b_{2}\not=a_{22}\)であるため\(b\not=f\left( 2\right) \)であり、一般に、任意の番号\(n\)について、\(b_{n}\not=a_{nn}\)であるため\(b\not=f\left( n\right) \)となります。したがって、\(b=f\left( n\right) \)を満たす自然数\(n\)は存在しませんが、\(b\)の定義より明らかに\(0<b<1\)です。これは矛盾であるため、\(\left( 0,1\right) \)が可算集合でないことが示されました。このような証明方法をカントールの対角線論法(Cantor’s diagonal argument)と呼びます。

命題(非可算集合)
\(\mathbb{R}\)上の区間\(\left( 0,1\right) \)は非可算集合である。
証明を見る(プレミアム会員限定)

次回は連続体と呼ばれる無限集合について学びます。

次へ進む 質問・コメントを読む 演習問題(プレミアム会員限定)
< 前のページ
次のページ >
Share on twitter
Twitterで共有
Share on email
メールで共有
RELATED KNOWLEDGE

関連知識

事象

標本空間と事象

起こり得るすべての結果は分かっていても、その中のどの結果が実際に起こるかはランダムネスによって支配されている実験や観察を試行と呼びます。試行によって起こり得る個々の結果を標本点と呼び、すべての標本点からなる集合を標本集合と呼びます。試行によって起こり得る現象は標本空間の部分集合として定式化され、それを事象と呼びます。

有限集合

有限集合

有限個の要素を持つ集合を有限集合と呼びます。有限集合の濃度を有限濃度と呼びます。有限集合どうしの濃度が等しいことと、それらの集合に含まれる要素の個数が等しいことは必要十分です。

可算集合

可算集合

すべての自然数からなる集合と等しい濃度を持つ集合を可算集合や可付番集合と呼びます。可算集合には無限個の要素が含まれるため、すべての要素を数え尽くすことはできませんが、要素を1番目から順番に数えることはできます。

DISCUSSION

質問とコメント

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録