教材一覧
教材一覧
教材検索
BLOG

ユダヤ教が規範宗教であり民族宗教であることの意味

目次

Share on twitter
Twitterで共有
Share on email
メールで共有

ユダヤ教は旧約聖書を啓典とする一神教

ユダヤ教(Judaism)の最大の特徴は、人格を持つ唯一絶対の神を信仰する一神教(monotheism)であるということです。ユダヤ教は一神教の起源であり、ユダヤ教を母体として発生したキリスト教(Christianity)やイスラム教(Islam)もまた同じ神を信仰します。ユダヤ教やイスラム教では神を「ヤハウェ(Yahweh)」と呼ぶのに対し、イスラム教ではアラビア語で「アッラー(Allah)」呼びます。

ユダヤ教のもう一つの特徴は、聖書(Holy bible)を信仰の基盤としている点です。旧約聖書(Old Testament)はもともとユダヤ教の啓典(神から与えられた啓示を記した書)ですが、キリスト教やイスラム教もまた旧約聖書(またはその一部分)を経典とみなしています。神が世界を作ったこと、アダムとイブの楽園追放、ノアの洪水、イスラエル人のエジプト脱出、モーセの十戒などはいずれも旧約聖書に記されている出来事ですが、ユダヤ教やキリスト教、イスラム教では、これらを歴史的真実とみなします。

ユダヤ教とキリスト教、イスラム教はいずれも唯一絶対の神から与えられた啓典を信仰の基盤にしていることから啓典宗教(Abrahamic religioins)と呼ばれます。では、ユダヤ教はどのような点においてキリスト教やイスラム教と異なるのでしょうか。

$$\begin{array}{cccc}\hline
& ユダヤ教 & キリスト教
& イスラム教 \\ \hline
神の形態 & 一神教 & 一神教 & 一神教 \\ \hline
啓典 & 旧約聖書 & 旧約聖書と新約聖書 & 旧約聖書と新約聖書の一部およびコーラン \\ \hline
預言者 & モーセなど &
イエスなど & ムハンマドなど \\ \hline
救済の対象 & 集団(ユダヤ人) & 個人 & 個人 \\
\hline
信仰形態 & 外的規範の実践 & 内面の信仰 & 外的規範の実践 \\ \hline
\end{array}$$

1つ目の特徴は、キリスト教やイスラム教が個人救済の宗教であるのに対し、ユダヤ教は集団救済の宗教であるということです。ユダヤ教では救済はユダヤ人にのみ与えられるものとされます。後述するように、これはユダヤ教を生み出した古代イスラエルの民が経験した民族的苦難と関係があります。2つ目の特徴は規範(norm)の有無です。ユダヤ教やイスラム教は規範宗教であるのに対し、キリスト教には規範が存在しません。では、規範とは何であり、ユダヤ教が規範宗教であることとは何を意味するのでしょうか。

 

ユダヤ教は規範宗教

規範とは人の「外面的な行動」を規定するルールのことです。つまり、人に対して一定の行動を行うように「命令」したり、逆に、一定の行動を行わないように「禁止」するルールを規範と呼びます。規範は人間の「外面的な行動」を規定するルールであり、「内面的な思想」を規定するルールではありません。人が何を考えているかを外部から観察することはできないため、内面を規定するルールを設けても、それが守られているか(破られたか)判定することは不可能であり、したがってそれはルールとして機能しません。一方、人間の外面的な行動は観察可能であることから、行動を規定するルールであれば、それが守られているか(破られたか)判定することができます。したがって、規範は必然的に、外面的な行動を規定するものになります。規範は法や戒律であり、道徳ではないとい