教材一覧
教材一覧
教材検索
BLOG

写真の発明が印象派の画家たちに与えた影響

目次

Share on twitter
Twitterで共有
Share on email
メールで共有

写真の発明と普及

現在でこそ写真を撮る際にはレンズがついたカメラを使い、投影された像をフィルムやデジタルメディアに記録することが当たり前になっていますが、「ピンホールカメラ(pinhole camera)」と呼ばれる原始的なカメラにはレンズはついておらず、撮影機能もありませんでした。「ピンホール(pinhole)」とは針の先で開けたような小さな穴のことです。窓のない暗い部屋の壁に小さな穴をあけると、穴から入ってきた光が反対側の壁に像を作り出します。

図:カメラ・オブスキュラ
図:カメラ・オブスキュラ

この「ピンホール現象」はアリストテレスの時代、すなわち紀元前の古代ギリシアにおいてすでに知られていましたが、15世紀頃になると「カメラ・オブスキュラ(小さな暗い部屋)」と呼ばれる装置を通じて芸術家の間で広く利用されるようになります。彼らは写生を正確に行うために部屋型のピンホールカメラの中に入り、壁に映った景色を手描きで紙に写し取って下絵を作成していました(上図)。ルネサンス時代にレオナルド・ダ・ヴィンチ(Leonardo da Vinci)がカメラ・オブスキュラ利用していたという記録や、17世紀にオランダの画家フェルメール(Johannes Vermeer)が遠近法絵画を製作する際に利用していたという説もあります。

図:カメラ・オブスキュラ
図:カメラ・オブスキュラ

「カメラ・オブスキュラ(camera obscura)」は「カメラ(camera)」の語源であることが知られている一方で、機能面ではカメラの域にまで到達していません。鮮明な像を得るためにレンズを取り付けるなど様々な改造が行われたものの、投射された光の像を記録することができなかったからです。カメラの発明とは光の像を定着させる技術、すなわち撮影技術の発明に他なりません。

感光材料(光を感じて記録できる材料)による光の像の定着に初めて成功したのはフランスの発明家ニセフォール・ニエプス(Joseph Nicehore Niepce)であり、それは1820年代のことでした。彼はアスファルトを感光材料として用いることでカメラ・オブスキュラが映し出す像の撮影に成功しました。1826年に撮影された写真「ル・グラの窓からの眺め(View from the Window a Le Gras)」は現存する最古の写真の一つです(下図)。ただ、撮影に8時間以上の露出が必要であることなど、実用的なレベルに達していませんでした。

図:ル・グラの窓からの眺め
図:ル・グラの窓からの眺め

その後、フランス人のダゲール(Louis Jacques Mande Daguerre)が、銀メッキされた銅板を感光材料として用いる撮影技術「ダゲレオタイプ(daguerretype)」を発明します。銀板に写しだされた写真は鮮明で美しく、露出時間を30分にまで短縮することに成功します(下図)。初めて実用的な撮影技術が発明された年ということもあり、彼がダゲレオタイプを発表した1839年を写真発明の年とする見方もあります。

図:ダゲレオタイプによって1839年に撮影された写真
図:ダゲレオタイプによって1839年に撮影された写真

ただ、ダゲレオタイプには写真の焼き増しができないという欠点がありました。フィルムに相当する銅板の表面に像を直接焼き付けるため、複製ができなかったのです。この問題を解決したのがイギリスのウイリアム・タルボット(William Henry Fox Talbot)です。彼が1841年に発表した「カロタイプ(calotype)」は撮影時に「ネガ」を作り、それを感光材料を塗った印画紙に写すことで写真を作り出す技術であり、ネガポジ法の起源として知られています。カロタイプの発明により写真を容易に複製し、また拡大できるようになりました。

図:カロタイプによって1845年に撮影された写真
図:カロタイプによって1845年に撮影された写真

写真の大衆化を決定づけたのはカルテ・ド・ビジット(carte-de-visite)と呼ばれる写真入り名刺の流行です。写真が登場する以前の西欧社会では、社会的地位のある人にとって画家に肖像画を描いてもらうことは一つのステータスでした。また、ヨーロッパの貴族の間には社交用の名刺を交換する文化がありました。カメラの発明を背景に、肖像画と名刺の大衆化を推進したのがフランスの写真家アンドレ・ディスデリ(Andre Adolphe Eugene Disderi)です。彼は4つのレンズがついた特殊なカメラを使って1枚の写真乾板に8枚の写真を撮影する技術を発明し、1854年に特許を取得します。一度に多数の写真を撮影できれば大幅なコスト削減になりますし、レンズごとにカバーを外すタイミングを変えれば異なる構図の写真を一度に撮影することもできます。撮影した写真は切り分けられ、台紙に貼り付けて名刺として使われたり、肖像画として交換・収集の対象になるなど、幅広い階層の間で大ブームとなりました。今日で言うところのブロマイド写真やプリクラのようなものです。

図:1862年に撮影されたカルテ・ド・ビジット
図:1862年に撮影されたカルテ・ド・ビジット

 

印象派の特徴

18世紀の末、フランス革命によって絶対王政が崩れると、芸術においても貴族的で優雅なロココ主義(rococo)が衰退し、ルネサンスの古典美術や、さらにその源流である古代ギリシアやローマを見直そうという機運が高まります。このような懐古主義を背景に誕生したのが新古典主義(neoclassicism)です。華美な装飾に彩られたロココ主義とは対照的に、新古典主義では写実性が重視されます。画家たちは様々な色の絵の具を混ぜて対象の色を忠実に再現し、ブラシの跡が残らないように滑らかなタッチで絵とは思えないようなリアルな作品、完成度の高い作品の制作を志すようになります。モチーフとしては歴史的な題材や宗教的なテーマ、肖像画などが好まれました。

図:「ソクラテスの死」1787年・ルイ・ダヴィッド
図:「ソクラテスの死」1787年・ルイ・ダヴィッド

写実主義が依然としてメインストリームであった19世紀の後半、フランスのパリにおいて絵画を中心に印象派(impressionism)と呼ばれる芸術運動が始まります。新古典主義の画家たちがパレットの上で絵の具を混ぜてあらかじめ色を作ってから、滑らかな線で境界のはっきりした作品、精密かつ写実的な作品を描いていたのとは対照的に、印象派の画家たちは絵の具を混ぜずにそのままカンヴァスの上に置いていき、境界が曖昧な点画のような作品を描き始めました。モチーフはより現代的かつ自由になり、街や自然の風景画や日常の一コマなどが積極的に描かれるようになりました。

図:「印象・日の出」1872年・クロード・モネ
図:「印象・日の出」1872年・クロード・モネ

新古典主義の流れを汲む主流派の画家たちにとって印象派の作品群は技術的に未完成であり、モチーフは低俗で、侮蔑の対象でした。現在でこそクロード・モネ(Claude Monet)は印象派の巨匠として広く知られていますが、彼が1873年に「印象・日の出(Impression, Sunrise)」を発表した当時(上図)、この作品は主流派の画家たちから辛辣な批判を受けました。この作品こそが「印象派」の語源であることが知られていますが、現在の状況とは異なり、当時は「印象派」という表現が侮蔑的なニュアンスを含んでいたということです。

 

写真の発明と印象派の関係

電球が発明されたのは19世紀末になってからであり、初期の写真撮影は屋外の自然光に依存していました。太陽光は不安定で制御ができず、光が足りなければ写真は暗くなり、逆に光が多すぎると写真が白飛びしてしまいます。現在のデジタル一眼レフカメラには写真の明るさが適正になるように露出(取り込む光の量)を自動でコントロールする機能が搭載されていますが、当時のカメラにそのような機能はありません。露出は「シャッタースピード」と「絞り値」のバランスによって決まります。シャッタースピードは光を取り込む時間の長さであり、絞り値は単位時間あたりに取り込む光の量です。両者の最適なバランスを発見するために数多くの実験が行われました。

撮影技術の進歩と並行する形で、カメラや写真が社会に広く普及するようになります。先に述べたように、社会的地位のある人にとって画家に肖像画を描いてもらうことは一つのステータスでしたが、写真が普及したことにより、画家たちがわざわざ肖像画を描く必要性が薄れました。写真であれば長々とポーズをとる必要はないことに加え、安価であり、なおかつ正確だからです。仕事を失った画家たちの中には、写真に対してネガティブな印象を抱いた人は少なからずいたはずです。その一方で、写真に触発されて新たな表現領域を開拓しようと意気込む画家たちも現れました。

カメラや写真が大衆の間に普及するようになると、日常的な被写体をラフな雰囲気で早撮りするスナップショット(snapshot)の時代が始まりました。ただ、当時のカメラは機能的に優れていたとは言えず、適切な露出を得るためにシャッター速度を長くとる必要があったため、被写体のブレ、すなわちモーションブラー(motion blur)の発生が課題になりました。その一方で、交通機関などテクノロジーの発達により、都市における人々の動き、景色の変化が加速化する中、被写体の動きを表現するために意図的にモーションブラーを利用する撮影手法も確立されていきます。

図:モーション・ブラー
図:モーション・ブラー

写真から新たな創作意欲を刺激された画家たちは、それまでのようにスタジオに籠って歴史的な絵画や肖像画を製作するのではなく、屋外に出て自然光の下で絵を描くこと、日常的なモチーフをスナップショットのように描くことに興味を持ち始めます。ただ、当時の画家たちはパレット上で顔料と油を混ぜて絵の具を作ってから製作に取り掛かる必要があったため、スタジオの外で絵を描くことは実質的に不可能でした。絵の具の作成には時間がかかりますし、苦労して作った絵の具もすぐに乾いてしまうからです。ただ、1841年にジョン・ランド(John G. Rand)がチューブ絵の具(color tube)を発明して以降、画家たちは屋外で簡単に絵を描けるようになりました。印象派の画家ルノワール(Perre Renoir)は、「チューブ絵の具が発明されなかったら印象派も生まれなかった」とまで評しています。

図:チューブ絵の具
図:チューブ絵の具

いずれにせよ、太陽光は時間や大気の状態によって刻々と変化し、それにともない対象の色彩やコントラスト、雰囲気もまた大きく変化していきます。画家たちは急速に変化する光を捉えるため、パレットの上で色を混ぜてから描き始めるのではなく、カンバスの上に色を並べるようにして素早く描いていきました。また、時間をかけて細部を観察しながら写実的に描くのではなく、時間とともに移ろいゆく日常の情景の瞬間の姿を印象として捉え、モーションブラーのような表現を用いながら全体を全体として描いていきました。

最後に印象派の特徴を体現した作品を紹介して終わりたいと思います。モネは自然光の効果を研究するために同じ場所に座って一日中絵を描き、膨大な連作を残しています(下図)。

図:「ルーアン大聖堂(朝)」1892-1894年・クロード・モネ
図:「ルーアン大聖堂(朝)」1892-1894年・クロード・モネ
図:「ルーアン大聖堂(陽光)」1893年・クロード・モネ
図:「ルーアン大聖堂(陽光)」1893年・クロード・モネ
図:「ルーアン大聖堂(昼下り)」1893年・クロード・モネ
図:「ルーアン大聖堂(昼下り)」1893年・クロード・モネ
Share on twitter
Twitterで共有
Share on email
メールで共有
PICK UP

人気のテキスト

ユダヤ教が規範宗教であり民族宗教であることの意味

ユダヤ教はキリスト教やイスラム教徒と同様、唯一絶対の神から与えられた啓典を信仰の基盤にする啓典宗教です。ユダヤ教の特徴は、集団救済の宗教であり、外的規範の実践を重視する規範宗教であるという点です。その意味を解説します。

指数関数

感染症の拡大プロセスと指数関数の関係

感染症が拡大していくプロセスは指数関数を用いて記述できます。感染症が急速に拡大する背景には複利の効果と同様のメカニズムが存在します。

ボランティアのジレンマ

ボランティアのジレンマ

自身がわずかなコストを負担して全員に利益をもたらすか、もしくは他の人が行動するのかを待つか、以上の選択肢に直面したプレイヤーたちの間に成立する戦略的状況を描写するゲームをボランティアのジレンマと呼びます。

写真の発明が印象派の画家たちに与えた影響

写真が本格的に発達した19世紀の中頃は、絵画を中心に印象派が勃興した時代でもあります。印象派の作風は写実主義の対極にあるように見えますが、実は、その成り立ちは写真の発明や普及と深い関係があることが指摘されています。写真が普及するまでの歴史的経緯を追いながら、印象派に及ぼした影響について解説します。

単一財オークション

1つの商品をめぐって複数の買い手たちが入札を行うオークションにおいて、それぞれの入札者は商品に対する評価額、すなわち商品に対して支払ってもよい金額を持っていますが、これは私的情報です。以上の状況において望ましいオークションルールを考察します。

囚人のジレンマ

囚人のジレンマの例:軍拡競争

冷戦期に行われた米ソ間の軍拡競争は囚人のジレンマとしての側面を持っていることを解説した上で、そこでのナッシュ均衡を求めます。

アメリカの西進を支えた「明白な使命」とは何か?

もともとメキシコ領であったカリフォルニアからテキサスへ至る領域は、テキサス併合やメキシコ・アメリカ戦争(米墨戦争)などを経てアメリカへ編入されます。こうした動きを正当化するスローガンとして叫ばれたのが「明白な使命(マニフェスト・デスティニー)」。その意味を、時代背景やアメリカという国の成り立ちとともに解説します。

ランチェスターの法則を包括的に分かりやすく解説

ランチェスターの第 1 法則(一騎打ちの法則)と第 2 法則(確率戦の法則)それぞれについて、その前提・導出方法・インプリケーションなどを分かりやすくかつ包括的に解説します。また、ランチェスターの法則をビジネスに応用した場合のインプリケーションについても触れます。

イロ・レーティングの意味と求め方を完全解説

対戦競技におけるプレイヤーの実力を表す指標をレーティングと呼びます。対戦競技には相手がいるため、レーティングは実際の対戦結果から決定すべきです。イロ・レーティングシステムは1対1の対戦競技におけるレーティング決定ルールであり、チェスや将棋、囲碁、アメフト、サッカー、テニスなどの様々な対戦競技において採用されています。

日本銀行

金融緩和とは何か?:金利引き下げと量的緩和

金利とは何でしょうか?また、経済に大きな影響を与える金利は長期の実質金利ですが、それはなぜでしょうか?金利の水準はどのように決まるでしょうか?また、中央銀行である日銀が行う金利引き下げと量的緩和とはどのような政策であり、それはどのような効果を持つのでしょうか。以上のポイントについて分かりやすく解説します。

オイラー

数学者がオイラーの等式の美しさを称える理由

オイラーの数、三角関数、虚数単位、円周率などの概念は互いに独立しているようで実は相互に関係しており、オイラーの等式はその関係をシンプルな 1 つの式で綺麗に表現しています。オイラーの等式の意味と、その導出方法を解説します。

実数の定義

実数を無限小数として定義する場合、実数に関する議論はすべて無限小数に関する議論として行うことになり面倒です。そこで代替的な方法として公理主義的なアプローチのもとで実数を定義します。ここでは実数を特徴づける公理について解説します。

LATEST MATERIALS

最新の教材

行列式

行列式の行または列に関する加法性

行列式の1つの行(列)のそれぞれの成分が2つの実数の和に分解されているならば、この行列式を、それぞれの数を成分とする2つの行列式の和に分解できます。また、1つの行(列)の定数倍を別の行(列)に加えても、行列式の値は変化しません。

行列式

行列式の行または列に関する斉次性

正方行列の1つの行(列)のすべての成分をk倍すると、その前後において、行列式の値はk倍になります。以上の事実は、正方行列のある行(列)が共通因数を持つ場合、それを行列式の外にくくり出せることを同時に意味します。

行列式

行列式の行または列に関する交代性

正方行列の2つの行(列)を入れ替えると、その前後において、行列式の値は符号だけが変化します。以上の事実を利用すると、同じ行(列)を持つ正方行列の行列式の値はゼロになることが示されます。

行列式

転置行列の行列式の値

行列のij成分とji成分を入れ替えることで得られる行列を転置行列と呼びます。正方行列の行列式の値と、その転置行列の行列式の値は一致します。

置換の符号

逆置換の符号

順列の置換は全単射と同一視できるため、その逆写像に相当する全単射が存在し、それを逆置換と呼びます。置換と逆置換の符号は一致します。

置換の合成

置換の積(合成)の符号

順列の置換は全単射と同一視できるため、複数の置換の合成写像を定義でき、これを置換の積と呼びます。置換の積の符号は、置換の符号どうしの積と一致します。

サラスの公式

サラスの公式

次数が2または3であるような正方行列に関しては、その行列式の値を求める際にサラスの公式と呼ばれる指針を利用することができます。

行列式

行列式の定義

実数を正方形に配置したものを正方行列と呼びます。正方行列に対して行列式と呼ばれる値を定義し、それを具体的に求める方法を解説します。

置換の符号

順列の置換の符号

1以上n以下の自然数を何らかの順番のもとで並べて列にしたものを順列と呼びます。小さい順番に並んでいる自然数の順列の成分を並び替える操作を置換と呼びます。

ワイズの理念とサービス内容。

REGISTER

プレミアム会員登録はこちらから。