WIIS

教材一覧
教材一覧
教材検索
VECTOR VALUED FUNCTION

ベクトル値関数による逆像と定義域

目次

Share on twitter
Twitterで共有
Share on email
メールで共有

ベクトル値関数による点の逆像

ベクトル値関数\(f:\mathbb{R} \supset X\rightarrow \mathbb{R} ^{m}\)が与えられたとき、終集合の要素\(y\in \mathbb{R} ^{m}\)を任意に選ぶと、これに対して\(y=f\left( x\right) \)を満たす始集合の要素\(x\in X\)は存在するとは限りませんし、存在する場合にも一意的であるとは限りません。そこで、\(y\in \mathbb{R} ^{m}\)に対して\(y=f\left( x\right) \)を満たすような\(x\in X\)からなる集合を、\begin{equation*}f^{-1}\left( y\right) =\left\{ x\in X\ |\ y=f\left( x\right) \right\}
\end{equation*}と表記し、これを\(f\)による\(y\)の逆像(inverse image)や原像(preimage)などと呼びます。

ベクトル値関数\(f:\mathbb{R} \supset X\rightarrow \mathbb{R} ^{m}\)は始集合\(X\)のそれぞれの要素に対して\(\mathbb{R} ^{m}\)上の点を1つずつ定めます。したがって、それぞれの\(x\in X\)に対して\(f\)が定める値\(f\left( x\right) \)は\(\mathbb{R} ^{m}\)の「要素」です。一方、終集合のそれぞれの要素\(y\in \mathbb{R} \)に対して\(y=f\left( x\right) \)を満たす始集合の要素\(x\in X\)は存在するとは限らず、また、存在する場合も一意的であるとは限らないため、逆像\(f^{-1}\left( y\right) \)は\(X\)の「部分集合」であることに注意が必要です。

ベクトル値関数\(f\)による点\(y\)の逆像と、\(f\)の成分関数\(f_{i}\)による点\(y\)の成分\(y_{i}\)の逆像の間には以下の関係が成り立ちます。

命題(ベクトル値関数による点の逆像)
ベクトル値関数\(f:\mathbb{R} \supset X\rightarrow \mathbb{R} ^{m}\)が与えられたとき、任意の点\(y\in \mathbb{R} ^{m}\)について、\begin{equation*}f^{-1}\left( y\right) =\bigcap_{i=1}^{m}f_{i}^{-1}\left( y_{i}\right)
\end{equation*}という関係が成り立つ。ただし、\(f_{i}:\mathbb{R} \supset X\rightarrow \mathbb{R} \ \left( i=1,\cdots ,m\right) \)は\(f\)の成分関数である。
証明

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録

つまり、ベクトル値関数\(f\)による点\(y\)の逆像は、それぞれの成分関数\(f_{i}\)による\(y\)の成分\(y_{i}\)の逆像の共通部分と一致します。

例(ベクトル値関数による点の逆像)
関数\(f:\mathbb{R} \rightarrow \mathbb{R} ^{2}\)はそれぞれの\(x\in \mathbb{R} \)に対して、\begin{equation*}f\left( x\right) =\left( x^{2}-x,x+1\right)
\end{equation*}を定めるものとします。\(f\)による点\(\left( 0,0\right) \in \mathbb{R} ^{2}\)の逆像を求めます。成分関数\(f_{1}\)に関しては、\begin{eqnarray*}f_{1}^{-1}\left( 0,0\right) &=&\left\{ x\in \mathbb{R} \ |\ x^{2}-x=0\right\} \\
&=&\left\{ 0,1\right\}
\end{eqnarray*}である一方で、成分関数\(f_{2}\)に関しては、\begin{eqnarray*}f_{2}^{-1}\left( 0,0\right) &=&\left\{ x\in \mathbb{R} \ |\ x+1=0\right\} \\
&=&\left\{ -1\right\}
\end{eqnarray*}であるため、\begin{eqnarray*}
f^{-1}\left( 0,0\right) &=&f_{1}^{-1}\left( 0,0\right) \cap
f_{2}^{-1}\left( 0,0\right) \\
&=&\left\{ 0,1\right\} \cap \left\{ -1\right\} \\
&=&\phi
\end{eqnarray*}となります。\(f\)による点\(\left( 0,2\right) \in \mathbb{R} ^{2}\)の逆像を求めます。成分関数\(f_{1}\)に関しては、\begin{eqnarray*}f_{1}^{-1}\left( 0,2\right) &=&\left\{ x\in \mathbb{R} \ |\ x^{2}-x=0\right\} \\
&=&\left\{ 0,1\right\}
\end{eqnarray*}である一方で、成分関数\(f_{2}\)に関しては、\begin{eqnarray*}f_{2}^{-1}\left( 0,2\right) &=&\left\{ x\in \mathbb{R} \ |\ x+1=2\right\} \\
&=&\left\{ 1\right\}
\end{eqnarray*}であるため、\begin{eqnarray*}
f^{-1}\left( 0,2\right) &=&f_{1}^{-1}\left( 0,2\right) \cap
f_{2}^{-1}\left( 0,2\right) \\
&=&\left\{ 0,1\right\} \cap \left\{ 1\right\} \\
&=&\left\{ 1\right\}
\end{eqnarray*}となります。

例(ベクトル値関数による点の逆像)
太陽の位置を原点とする3次元空間\(\mathbb{R} ^{3}\)について考えます。関数\(f:\mathbb{R} _{+}\rightarrow \mathbb{R} ^{3}\)はそれぞれの時点\(t\in \mathbb{R} _{+}\)における惑星の位置\begin{equation*}f\left( x\right) =\left( x\left( t\right) ,y\left( t\right) ,z\left(
t\right) \right)
\end{equation*}を与えるものとします。\(f\)による点\(\left( x,y,z\right) \in \mathbb{R} ^{3}\)の逆像\begin{equation*}f^{-1}\left( x,y,z\right) =\left\{ t\in \mathbb{R} _{+}\ |\ \left( x\left( t\right) ,y\left( t\right) ,z\left( t\right) \right)
=\left( x,y,z\right) \right\}
\end{equation*}は、この惑星の位置が点\(\left( x,y,z\right) \)であるような時点\(t\)からなる集合です。点\(\left( x,y,z\right) \)が惑星の軌道上の点であれば\(f^{-1}\left( x,y,z\right) \not=\phi \)であり、逆に点\(\left( x,y,z\right) \)が惑星の軌道外の点であれば\(f^{-1}\left( x,y,z\right) =\phi \)となります。

繰り返しになりますが、関数\(f:\mathbb{R} \supset X\rightarrow \mathbb{R} ^{m}\)による終集合の要素\(y\in \mathbb{R} ^{m}\)の逆像は、\begin{equation*}f^{-1}\left( y\right) =\left\{ x\in X\ |\ y=f\left( x\right) \right\}
\end{equation*}と定義されるため、任意の\(\left( x,y\right) \in X\times \mathbb{R} ^{m}\)に対して、\begin{equation}x\in f^{-1}\left( y\right) \Leftrightarrow y=f\left( x\right) \quad \cdots (1)
\end{equation}という関係が成り立ちます。つまり、\(x\)が\(f\)による\(y\)の逆像の要素であることと、\(f\)による\(x\)の像が\(y\)であることは必要十分です。さらに、\(f\)のグラフは、\begin{equation}G\left( f\right) =\left\{ \left( x,y\right) \in X\times \mathbb{R} ^{m}\ |\ y=f\left( x\right) \right\} \quad \cdots (2)
\end{equation}と定義されるため、任意の\(\left( x,y\right) \in X\times \mathbb{R} ^{m}\)に対して、\begin{eqnarray*}x\in f^{-1}\left( y\right) &\Leftrightarrow &f\left( x\right) =y\quad
\because \left( 1\right) \\
&\Leftrightarrow &\left( x,y\right) \in G\left( f\right) \quad \because
\left( 2\right)
\end{eqnarray*}すなわち、\begin{equation*}
x\in f^{-1}\left( y\right) \Leftrightarrow \left( x,y\right) \in G\left(
f\right)
\end{equation*}という関係もまた成り立ちます。つまり、\(x\)が\(f\)による\(y\)の逆像の要素であることと、\(\left( x,y\right) \)が\(f\)のグラフの要素であることは必要十分です。

 

ベクトル値関数による集合の逆像・写像の定義域

関数\(f:\mathbb{R} \supset X\rightarrow \mathbb{R} ^{m}\)が与えられたとき、終集合の部分集合\(B\subset \mathbb{R} ^{m}\)を任意に選びます。\(f\)は\(X\)のそれぞれの要素\(x\)に対してその値\(f\left(x\right) \in \mathbb{R} ^{m}\)を定めますが、これは\(B\)の要素であるか否かのどちらか一方です。そこで、\(f\left( x\right) \)が\(B\)の要素になるような\(x\)からなる集合を、\begin{equation*}f^{-1}\left( B\right) =\left\{ x\in X\ |\ f\left( x\right) \in B\right\}
\end{equation*}と表記し、これを\(f\)による\(B\)の逆像(inverse image)や原像(preimage)などと呼びます。\(f^{-1}\left(B\right) \)は\(f\)の始集合\(X\)の部分集合です。

ベクトル値関数\(f\)による集合の逆像と、\(f\)の成分関数\(f_{i}\)による集合の逆像の間には以下の関係が成り立ちます。

命題(ベクトル値関数による集合の逆像)
ベクトル値関数\(f:\mathbb{R} \supset X\rightarrow \mathbb{R} ^{m}\)が与えられたとき、任意の集合\(B\subset \mathbb{R} ^{m}\)について、\begin{equation*}f^{-1}\left( B\right) =\bigcap_{i=1}^{m}f_{i}^{-1}\left( B_{i}\right)
\end{equation*}という関係が成り立つ。ただし、\(f_{i}:\mathbb{R} \supset X\rightarrow \mathbb{R} \ \left( i=1,\cdots ,m\right) \)は\(f\)の成分関数であり、集合\(B_{i}\subset \mathbb{R} \)は任意の\(y\in \mathbb{R} ^{m}\)について、\begin{equation*}y\in B\Leftrightarrow y_{i}\in B_{i}
\end{equation*}を満たすものとして定義される。

証明

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録

つまり、ベクトル値関数\(f\)による集合\(B\)の逆像は、それぞれの成分関数\(f_{i}\)による集合\(B_{i}\)の逆像の共通部分と一致します。

関数\(f:\mathbb{R} \supset X\rightarrow \mathbb{R} ^{m}\)の終集合\(\mathbb{R} ^{m}\)は\(\mathbb{R} ^{m}\)自身の部分集合であるため、\(f\)による\(\mathbb{R} ^{m}\)の逆像\(f^{-1}\left( \mathbb{R} ^{m}\right) \)を考えることもできます。これを\(f\)の定義域(domain)と呼び、\(D\left( f\right) \)と表記します。つまり、\begin{eqnarray*}D\left( f\right) &=&f^{-1}\left( \mathbb{R} ^{m}\right) \quad \because \text{定義域の定義} \\
&=&\left\{ x\in X\ |\ f\left( x\right) \in \mathbb{R} ^{m}\right\} \quad \because \text{逆像の定義}
\\
&=&\bigcap_{i=1}^{m}f_{i}^{-1}\left( \mathbb{R} \right) \\
&=&\bigcap_{i=1}^{m}D\left( f_{i}\right)
\end{eqnarray*}です。つまり、関数\(f\)の定義域とは、\(f\left( x\right) \)がとり得るすべての値からなる集合であり、これは\(f\)のすべての成分関数の定義域の共通部分と一致します。

例(ベクトル値関数の定義域)
関数\(f:\mathbb{R} \rightarrow \mathbb{R} ^{2}\)はそれぞれの\(x\in \mathbb{R} \)に対して、\begin{equation*}f\left( x\right) =\left( x^{2}-x,x+1\right)
\end{equation*}を定めるものとします。\(f\)の定義域を求めます。成分関数\(f_{1}\)に関しては、\begin{eqnarray*}D\left( f_{1}\right) &=&\left\{ x\in \mathbb{R} \ |\ x^{2}-x\in \mathbb{R} \right\} \\
&=&\mathbb{R} \end{eqnarray*}である一方で、成分関数\(f_{2}\)に関しては、\begin{eqnarray*}D\left( f_{2}\right) &=&\left\{ x\in \mathbb{R} \ |\ x+1\in \mathbb{R} \right\} \\
&=&\mathbb{R} \end{eqnarray*}であるため、\begin{eqnarray*}
D\left( f\right) &=&D\left( f_{1}\right) \cap D\left( f_{2}\right) \\
&=&\mathbb{R} \cap \mathbb{R} \\
&=&\mathbb{R} \end{eqnarray*}となります。

例(ベクトル値関数の定義域)
関数\(f:\mathbb{R} \supset X\rightarrow \mathbb{R} ^{2}\)はそれぞれの\(x\in X\)に対して、\begin{equation*}f\left( x\right) =\left( \sqrt{x},\ln \left( x+1\right) \right)
\end{equation*}を定めるものとします。\(f\)の定義域\(X\)を求めます。成分関数\(f_{1}\)に関しては、\begin{eqnarray*}D\left( f_{1}\right) &=&\left\{ x\in \mathbb{R} \ |\ \sqrt{x}\in \mathbb{R} \right\} \\
&=&[0,+\infty )
\end{eqnarray*}である一方で、成分関数\(f_{2}\)に関しては、\begin{eqnarray*}D\left( f_{2}\right) &=&\left\{ x\in \mathbb{R} \ |\ \ln \left( x+1\right) \in \mathbb{R} \right\} \\
&=&\left\{ x\in \mathbb{R} \ |\ x+1>0\right\} \\
&=&\left( -1,+\infty \right)
\end{eqnarray*}であるため、\begin{eqnarray*}
D\left( f\right) &=&D\left( f_{1}\right) \cap D\left( f_{2}\right) \\
&=&[0,+\infty )\cap \left( -1,+\infty \right) \\
&=&[0,+\infty )
\end{eqnarray*}となります。

例(ベクトル値関数による集合の逆像)
空集合は任意の部分集合であるため、関数\(f:\mathbb{R} \supset X\rightarrow \mathbb{R} ^{m}\)による空集合\(\phi \subset \mathbb{R} ^{m}\)の逆像を考えることもできます。関数による集合の逆像の定義より、これは、\begin{equation*}f^{-1}(\phi )=\{x\in X\ |\ f\left( x\right) \in \phi \}
\end{equation*}となりますが、\(f\left( x\right)\in \phi \)は恒偽式であるため、\begin{equation*}f^{-1}\left( \phi \right) =\phi
\end{equation*}となります。つまり、関数による空集合の逆像は空集合です。

繰り返しになりますが、関数\(f:\mathbb{R} \supset X\rightarrow \mathbb{R} ^{m}\)による終集合の部分集合\(B\subset \mathbb{R} ^{m}\)の逆像は、\begin{equation*}f^{-1}\left( B\right) =\left\{ x\in X\ |\ f\left( x\right) \in B\right\}
\end{equation*}と定義されるため、任意の\(x\in X\)について、\begin{eqnarray*}x\in f^{-1}\left( B\right) &\Leftrightarrow &f\left( x\right) \in B\quad
\because \text{関数による逆像の定義} \\
&\Leftrightarrow &\exists y\in B:y=f\left( x\right) \quad \because \text{関数の定義} \\
&\Leftrightarrow &\exists y\in B:\left( x,y\right) \in G\left( f\right)
\quad \because \text{関数のグラフの定義}
\end{eqnarray*}という関係が成り立ちます。以上を踏まえると、\(f\)による\(B\subset \mathbb{R} ^{m}\)の逆像を、\begin{eqnarray*}f^{-1}\left( B\right) &=&\left\{ x\in X\ |\ f\left( x\right) \in B\right\}
\\
&=&\left\{ x\in X\ |\ \exists y\in B:y=f\left( x\right) \right\} \\
&=&\left\{ x\in X\ |\ \exists y\in B:\left( x,y\right) \in G\left( f\right)
\right\}
\end{eqnarray*}など様々な形で表現できます。特に、\(B=\mathbb{R} ^{m}\)の場合には、\begin{eqnarray*}D\left( f\right) &=&f^{-1}\left( \mathbb{R} ^{m}\right) \\
&=&\left\{ x\in X\ |\ f\left( x\right) \in \mathbb{R} ^{m}\right\} \\
&=&\left\{ x\in X\ |\ \exists y\in \mathbb{R} ^{m}:y=f\left( x\right) \right\} \\
&=&\left\{ x\in X\ |\ \exists y\in \mathbb{R} ^{m}:\left( x,y\right) \in G\left( f\right) \right\}
\end{eqnarray*}となり、\(f\)の定義域\(D\left(f\right) \)を上のように様々な形で表現できます。

 

演習問題

問題(関数の定義域)
関数\(f:\mathbb{R} \supset X\rightarrow \mathbb{R} \)はそれぞれの\(x\in X\)に対して、\begin{equation*}f\left( x\right) =\left( x^{2}-3x,4x+1\right)
\end{equation*}を定めるものとします。\(f\)の定義域\(X\)を特定してください。
解答を見る

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録

問題(関数の定義域)
関数\(f:\mathbb{R} \supset X\rightarrow \mathbb{R} \)はそれぞれの\(x\in X\)に対して、\begin{equation*}f\left( x\right) =\left( \sqrt{2-x},\ln \left( x+3\right) ,e^{x}\right)
\end{equation*}を定めるものとします。\(f\)の定義域\(X\)を特定してください。
解答を見る

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録

問題(関数の定義域)
関数\(f:\mathbb{R} \supset X\rightarrow \mathbb{R} \)はそれぞれの\(x\in X\)に対して、\begin{equation*}f\left( x\right) =\left( \frac{x-1}{x+1},\frac{e^{x}-1}{x},\frac{1}{2x^{2}-\pi }\right)
\end{equation*}を定めるものとします。\(f\)の定義域\(X\)を特定してください。
解答を見る

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録

次回はベクトル値関数との合成関数について解説します。

Share on twitter
Twitterで共有
Share on email
メールで共有
RELATED KNOWLEDGE

関連知識

ベクトル値関数
ベクトル値関数(曲線)の定義

実数空間もしくはその部分集合を定義域とし、値としてユークリッド空間の点をとる写像をベクトル値関数や曲線などと呼びます。

スカラー場
多変数関数による逆像と定義域

多変数関数(スカラー場)による点の逆像(等位集合)、集合の逆像、定義域などの概念を定義します。また、多変数関数のグラフと平面が交わる領域を特定する方法を解説します。

グラフ
ベクトル値関数のグラフ

ベクトル値関数 f が与えられたとき、y=f(x) を満たすベクトル (x,y) からなる集合を f のグラフと呼びます。

定義域
関数による逆像と定義域

関数による実数の逆像や、関数による実数集合の逆像、また、関数の定義域などについて解説した上で、それらの概念が満たす性質について整理します。

ベクトル値関数
ベクトル値関数の極限

1変数のベクトル値関数(曲線)が収束することの意味を解説した上で、さらにイプシロン・デルタ論法を用いて厳密に定義します。

ベクトル値関数
成分関数を用いたベクトル値関数の収束判定

ベクトル値関数(曲線)が収束することと、そのすべての成分関数が収束することは必要十分です。したがって、ベクトル値関数の収束可能性に関する議論は、1変数関数である成分関数の収束可能性に関する議論に帰着させられます。

ベクトル値関数
点列を用いたベクトル値関数の収束判定

ベクトル値関数(曲線)の収束可能性に関する議論は点列の収束可能性に関する議論に置き換えられます。さらに、点列の収束可能性に関する議論は座標数列の収束可能性に関する議論に置き換えることができるため、結局、ベクトル値関数の収束可能性に関する議論を数列の収束可能性に関する議論に帰着させることができます。

ベクトル値関数
ベクトル値関数の片側極限

1変数のベクトル値関数(曲線)の変数が点に限りなく近づいていく際の経路を指定する形で定義される極限概念を片側極限と呼びます。

DISCUSSION

質問とコメント

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録

ベクトル値関数