WIIS

単一財オークション

単一財オークションにおける準線型環境

目次

Twitter
Mailで保存

非外部性の仮定

分割不可能な1つの商品を売りに出すオークションを単一財オークションと呼ばれる環境として定式化しました。単一財オークションにおいて、それぞれの入札者は商品の評価額\(\theta _{i}\in \mathbb{R} \)に加えて、オークションの結果どうしを比較する結果集合\(A\times \mathbb{R} ^{n}\)上の利得関数\begin{equation*}u_{i}\left( \cdot ,\theta _{I}\right) :A\times \mathbb{R} ^{n}\rightarrow \mathbb{R} \end{equation*}を持っているものとみなしました。つまり、利得関数\(u_{i}\left( \cdot ,\theta_{I}\right) \)は結果\(\left( a_{I},t_{I}\right) \in A\times \mathbb{R} ^{n}\)を変数として持つ関数です。以上の事実は、入札者がオークションの結果から得る利得は、オークションの結果において自身が直面する結果\(\left(a_{i},t_{i}\right) \)だけに依存するのではなく、その結果において他の入札者たちが直面する結果\(\left( a_{-i},t_{-i}\right) \)にも依存することを意味します。ただ、単一財オークションの分析では多くの場合、入札者\(i\)にとって重要であるのはそれぞれの結果\(\left( a_{I},t_{I}\right) \)において自身が直面する結果\(\left(a_{i},t_{i}\right) \)だけであり、他のエージェントたちが直面する結果\(\left(a_{-i},t_{-i}\right) \)は入札者\(i\)による結果\(\left( a_{I},t_{I}\right) \)の評価に影響を与えないものと仮定します。このような仮定を非外部性(non-externality)の仮定と呼びます。

入札者\(i\)に関して非外部性の仮定が成り立つこととは、利得関数\(u_{i}\left( \cdot ,\theta _{I}\right) :A\times \mathbb{R} ^{n}\rightarrow \mathbb{R} \)に対してある関数\(u_{i}\left( \cdot ,\theta _{I}\right) :\left[ 0,1\right] \times \mathbb{R} \rightarrow \mathbb{R} \)が存在して、任意の結果\(\left( a_{I},t_{I}\right) \in A\times \mathbb{R} ^{n}\)に対して、\begin{equation*}u_{i}\left( a_{I},t_{I},\theta _{I}\right) =u_{i}\left( a_{i},t_{i},\theta
_{I}\right)
\end{equation*}という関係が成り立つことを意味します。つまり、入札者\(i\)が結果\(\left( a_{I},t_{I}\right) \)から得る利得\(u_{i}\left( a_{I},t_{I},\theta _{I}\right) \)は、他の入札者たちが直面する結果\(\left( a_{-i},t_{-i}\right) \)に依存せず\(u_{i}\left( a_{i},t_{i},\theta_{I}\right) \)で一定であるということです。

例(非外部性の仮定)
入札者集合が、\begin{equation*}
I=\left\{ 1,2,3\right\}
\end{equation*}であるものとします。その上で、以下2つの結果\begin{eqnarray*}
\left( a_{I},t_{I}\right) &=&\left(
a_{1},a_{2},a_{3},t_{1},t_{2},t_{3}\right) =\left( 0,1,0,0,100,0\right) \\
\left( a_{I}^{\prime },t_{I}^{\prime }\right) &=&\left( a_{1}^{\prime
},a_{2}^{\prime },a_{3}^{\prime },t_{1}^{\prime },t_{2}^{\prime
},t_{3}^{\prime }\right) =\left( 0,0,1,0,0,100\right)
\end{eqnarray*}に注目します。つまり、結果\(\left( a_{I},t_{I}\right) \)において入札者\(2\)が商品を落札して\(100\)だけ支払う一方で、結果\(\left( a_{I}^{\prime},t_{I}^{\prime }\right) \)において入札者\(3\)が商品を落札して\(100\)だけ支払うということです。その一方で、双方において入札者\(1\)は商品を得られず所得移転も課されません。仮に、入札者\(1\)の利得関数が、\begin{equation*}u_{i}\left( a_{I},t_{I},\theta _{I}\right) >u_{i}\left( a_{I}^{\prime
},t_{I}^{\prime },\theta _{I}\right)
\end{equation*}を満たす場合、入札者\(1\)の利得関数は非外部性の仮定を満たしません。なぜなら、自身とは異なる入札者たちが直面する結果によって自身の利得関数が影響を受けているからです。非外部性の仮定と整合的であるためには、\begin{equation*}u_{i}\left( a_{I},t_{I},\theta _{I}\right) =u_{i}\left( a_{I}^{\prime
},t_{I}^{\prime },\theta _{I}\right)
\end{equation*}である必要があります。

 

私的価値の仮定

単一財オークションを描写する環境において、入札者\(i\)が結果どうしを比較する利得関数を\(u_{i}\left( \cdot \right) \)ではなく\(u_{i}\left( \cdot ,\theta _{I}\right) \)と表現する理由は、入札者\(i\)による結果の評価は自身にとっての商品の評価額\(\theta _{i}\)や他の入札者たちにとっての商品の評価額\(\theta _{-i}\)に依存するという状況が起こり得るからです。ただ、単一財オークションの分析では多くの場合、入札者の利得関数の形状は\(\theta _{i}\)のみに依存し、\(\theta _{-i}\)には依存しないものと仮定します。このような仮定を私的価値(private value)の仮定と呼びます。例えば、入札者はオークションを通じて得た商品を転売せずに自身でそのまま消費する場合、他の入札者による商品の評価は重要ではないため、このような状況は私的価値の仮定と整合的です。

入札者\(i\)に関して私的価値の仮定が成り立つこととは、利得関数\(u_{i}\left( \cdot ,\theta _{I}\right) :A\times \mathbb{R} ^{n}\rightarrow \mathbb{R} \)に対してある関数\(u_{i}\left( \cdot ,\theta _{i}\right) :A\times \mathbb{R} ^{n}\rightarrow \mathbb{R} \)が存在して、任意の結果\(\left( a_{I},t_{I}\right) \in A\times \mathbb{R} ^{n}\)に対して、\begin{equation*}u_{i}\left( a_{I},t_{I},\theta _{I}\right) =u_{i}\left( a_{I},t_{I},\theta
_{i}\right)
\end{equation*}という関係が成り立つことを意味します。つまり、入札者\(i\)が結果\(\left( a_{I},t_{I}\right) \)から得る利得\(u_{i}\left( a_{I},t_{I},\theta _{I}\right) \)は、他の入札者たちにとっての商品の評価額\(\theta _{-i}\)に依存せず\(u_{i}\left(a_{I},t_{I},\theta _{i}\right) \)で一定であるということです。

例(私的価値の仮定)
入札者集合が、\begin{equation*}
I=\left\{ 1,2,3\right\}
\end{equation*}であるものとします。その上で、以下の結果\begin{equation*}
\left( a_{I},t_{I}\right) =\left( a_{1},a_{2},a_{3},t_{1},t_{2},t_{3}\right)
=\left( 1,0,0,100,0,0\right)
\end{equation*}に注目します。つまり、結果\(\left( a_{I},t_{I}\right) \)において入札者\(1\)は商品を落札して\(100\)だけ支払うということです。以下の2つの選好プロファイル\begin{eqnarray*}\theta _{I} &=&\left( \theta _{1},\theta _{2},\theta _{3}\right) =\left(
100,100,100\right) \\
\theta _{I}^{\prime } &=&\left( \theta _{1}^{\prime },\theta _{2}^{\prime
},\theta _{3}^{\prime }\right) =\left( 100,200,200\right)
\end{eqnarray*}に注目します。つまり、\(\theta _{I}\)と\(\theta _{I}^{\prime }\)を比較すると、後者において入札者\(2,3\)は商品を\(2\)倍に高く評価しているということです。その一方で、双方において入札者\(1\)にとっての商品の評価額は一定です。仮に、入札者\(1\)の利得関数が、\begin{equation*}u_{i}\left( a_{I},t_{I},\theta _{I}^{\prime }\right) >u_{i}\left(
a_{I},t_{I},\theta _{I}\right)
\end{equation*}を満たす場合、入札者\(1\)の利得関数は私的価値の仮定を満たしません。なぜなら、自身とは異なる入札者たちにとっての商品の評価額によって自身の利得関数が影響を受けているからです。私的価値の仮定と整合的であるためには、\begin{equation*}u_{i}\left( a_{I},t_{I},\theta _{I}^{\prime }\right) =u_{i}\left(
a_{I},t_{I},\theta _{I}\right)
\end{equation*}である必要があります。

 

準線型性の仮定

単一財オークションを描写する環境において、入札者\(i\)の利得関数\(u_{i}\left( \cdot ,\cdot ,\theta _{I}\right) :A\times \mathbb{R} ^{n}\rightarrow \mathbb{R} \)がそれぞれの結果\(\left(a_{I},t_{I}\right) \in A\times \mathbb{R} ^{n}\)に対して定める値が、ある関数\(W_{i}\left( \cdot ,\theta_{I}\right) :\mathbb{R} \rightarrow \mathbb{R} \)および\(v_{i}\left( \cdot ,\theta _{I}\right):A\rightarrow \mathbb{R} \)を用いて、\begin{equation*}u_{i}\left( a_{I},t_{I},\theta _{I}\right) =W_{i}\left( v_{i}\left(
a_{I},\theta _{I}\right) -t_{i},\theta _{I}\right)
\end{equation*}という形で表される場合には準線型性(quasi-linearity)の仮定が成り立つと言います。

準線型性の仮定は何を要求しているのでしょうか。まず、関数\(v_{i}\left( \cdot ,\theta _{I}\right) \)は評価関数(value function)と呼ばれるものであり、これは配分\(a_{I}\)に対して、それと等価値な金銭\(v_{i}\left( a_{I},\theta _{I}\right) \)を値として返す関数です。\(v_{i}\left( a_{I},\theta _{I}\right) \)は配分\(a_{I}\)を金銭評価したものであるため、そこから自身に課される所得移転\(t_{i}\)を引いて得られる\(v_{i}\left( a_{I},\theta _{I}\right) -t_{i}\)は自身が直面する結果\(\left( a_{I},t_{I}\right) \)を金銭評価したものに相当します。したがって、\(v_{i}\left(a_{I},\theta _{I}\right) -t_{i}\)を変数として持つ関数\(W_{i}\left( \cdot ,\theta_{I}\right) \)は所得を評価する関数であり、これはベルヌーイ関数(Bernolli function)やフォン・ノイマン=モルゲンシュテルン関数(v.N-Mfunction)などと呼ばれます。

一般に、入札者\(i\)が配分\(a_{I}\)の価値を金銭に置き換えて評価する場合、その評価は自身が直面する所得移転\(t_{i}\)の水準に依存します。一方、準線型性の仮定のもとでは、\begin{equation*}u_{i}\left( a_{I},t_{I},\theta _{I}\right) =W_{i}\left( v_{i}\left(
a_{I},\theta _{I}\right) -t_{i},\theta _{I}\right)
\end{equation*}となり、配分\(a_{I}\)の金銭価値\(v_{i}\left( a_{I},\theta _{I}\right) \)と所得移転\(t_{i}\)が独立した形で評価されます。加えて、準線型性の仮定のもとでは、ニュメレールではない商品に対する所得効果はゼロになるため、配分\(a_{I}\)の金銭価値\(v_{i}\left( a_{I},\theta _{I}\right) \)は入札者の所得水準にも依存しません。以上の事実は、入札者が所得上の制約に直面していないことを意味します。この場合、入札者はオークションの主催者から指示された任意の金額を支払うことができることになります。問題としているオークションにおいて売りに出されている商品がそれほど高額でない場合、これは現実的な仮定となります。

 

リスク中立性の仮定

繰り返しになりますが、準線型性を仮定する場合、入札者\(i\)が結果\(\left( a,t\right) \in A\times \mathbb{R} ^{n}\)から得る利得は、\begin{equation*}u_{i}\left( a_{I},t_{I},\theta _{I}\right) =W_{i}\left( v_{i}\left(
a_{I},\theta _{I}\right) -t_{i},\theta _{I}\right)
\end{equation*}となります。ただし、\(v_{i}\left( \cdot ,\theta _{I}\right) :A\rightarrow \mathbb{R} \)は配分の価値を金銭に置き換える評価関数であり、\(W_{i}\left( \cdot ,\theta_{I}\right) :\mathbb{R} \rightarrow \mathbb{R} \)は所得を評価するベルヌーイ関数です。

\(W_{i}\left( \cdot ,\theta _{I}\right) \)は所得を変数とする関数であり、通常、増加関数であるものと仮定します。さらに、\(W_{i}\)の形状によって入札者のリスク選好は、\begin{eqnarray*}W_{i}\text{は凹関数} &\Leftrightarrow &\text{入札者}i\text{はリスク回避的} \\
W_{i}\text{は線型関数} &\Leftrightarrow &\text{入札者}i\text{はリスク中立的} \\
W_{i}\text{は凸関数} &\Leftrightarrow &\text{入札者}i\text{のリスク愛好的}
\end{eqnarray*}と分類されます。単一財オークションの分析では多くの場合、入札者はリスク中立的であるものと仮定します。このような仮定をリスク中立性(risk-neutral)の仮定と呼びます。準線型性とリスク中立性を仮定する場合、入札者\(i\)が結果\(\left( a,t\right) \in A\times \mathbb{R} ^{n}\)から得る利得を、\begin{equation*}u_{i}\left( a_{I},t_{I},\theta _{I}\right) =v_{i}\left( a_{I},\theta
_{I}\right) -t_{i}
\end{equation*}と表現しても一般性は失われません。つまり、以上の仮定のもとでは、入札者\(i\)が結果\(\left( a_{I},t_{I}\right) \)から得る利得は、配分\(a_{I}\)を金銭評価\(v_{i}\left( a_{I},\theta _{I}\right) \)したものから自身に課される所得移転\(t_{i}\)を差し引いて得られる所得水準と一致します。

 

単一財オークションの準線型環境

一般に、単一財オークションを描写する環境は、\begin{equation*}
\left( I,\left\{ \theta _{i}\right\} _{i\in I},A\times \mathbb{R} ^{n},\left\{ u_{i}\left( \cdot ,\theta _{I}\right) \right\} _{i\in I}\right)
\end{equation*}と定式化されます。ただし、\(I\)は入札者集合、\(\theta _{i}\)は入札者\(i\)にとっての商品の評価額、\(A\times \mathbb{R} ^{n}\)は結果集合、\(u_{i}\left( \cdot,\theta _{I}\right) \)は入札者\(i\)が結果どうしを比較する利得関数です。

特に、任意のエージェントの利得関数に関して準線型性とリスク中立性に加えて私的価値を仮定する場合、そのような環境を準線型環境(quasi-linear environment)と呼びます。この場合、入札者\(i\in I\)が結果\(\left( a_{I},t_{I}\right) \in A\times \mathbb{R} ^{n}\)から得る利得は、\begin{eqnarray*}u_{i}\left( a_{I},t_{I},\theta _{I}\right) &=&u_{i}\left(
a_{I},t_{I},\theta _{i}\right) \quad \because \text{私的価値の仮定} \\
&=&W_{i}\left( v_{i}\left( a_{I},\theta _{i}\right) -t_{i},\theta
_{i}\right) \quad \because \text{準線型性の仮定} \\
&=&v_{i}\left( a_{I},\theta _{i}\right) -t_{i}\quad \because \text{リスク中立性の仮定}
\end{eqnarray*}となります。つまり、入札者\(i\)が結果\(\left(a_{I},t_{I}\right) \)から得る利得は、配分\(a_{I}\)を金銭評価\(v_{i}\left( a_{I},\theta _{i}\right) \)したものから自身に課される所得移転\(t_{i}\)を差し引いて得られる値と一致します。

単一財オークションの分析において準線型環境というとき、多くの場合、準線型性とリスク中立性と私的価値に加えて非外部性も仮定します。この場合、入札者\(i\in I\)が結果\(\left( a_{I},t_{I}\right) \in A\times \mathbb{R} ^{n}\)から得る利得は、\begin{eqnarray*}u_{i}\left( a_{I},t_{I},\theta _{I}\right) &=&v_{i}\left( a_{I},\theta
_{i}\right) -t_{i}\quad \because \text{私的価値・準線型性・リスク中立性の仮定} \\
&=&v_{i}\left( a_{i},\theta _{i}\right) -t_{i}\quad \because \text{非外部性の仮定}
\end{eqnarray*}となります。ただし、\(v_{i}\left( a_{i},\theta _{i}\right) \)は商品の評価額\(\theta _{i}\)を持つ入札者\(i\)が自身に割り当てられる配分\(a_{i}\)を金銭評価したものであり、さらに\(a_{i}\)は入札者\(i\)が商品を入手する確率であることを踏まえると、\begin{equation*}v_{i}\left( a_{i},\theta _{i}\right) =a_{i}\cdot \theta _{i}
\end{equation*}という関係が成り立ちます。したがって、この場合、\begin{equation*}
u_{i}\left( a_{I},t_{I},\theta _{I}\right) =a_{i}\cdot \theta _{i}-t_{i}
\end{equation*}となります。特に、入札者\(i\)が商品を確実に入手する場合(\(a_{i}=1\))には、\begin{equation*}u_{i}\left( a_{I},t_{I},\theta _{I}\right) =\theta _{i}-t_{i}
\end{equation*}となり、入札者\(i\)が商品を確実に入手できない場合(\(a_{i}=0\))には、\begin{equation*}u_{i}\left( a_{I},t_{I},\theta _{I}\right) =-t_{i}
\end{equation*}となります。

 

演習問題

問題(準線型環境)
入札者集合が、\begin{equation*}
I=\left\{ 1,2\right\}
\end{equation*}であるものとします。入札者\(1\)が結果\(\left(a_{I},t_{I}\right) \in A\times \mathbb{R} ^{2}\)から得る利得が、\begin{equation*}u_{1}\left( a_{I},t_{I},\theta _{I}\right) =\theta _{2}a_{1}-t_{1}
\end{equation*}であるものとします。この場合、問題としている単一財オークション市場は準線型環境でしょうか。

解答を見る

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録

問題(準線型環境)
入札者集合が、\begin{equation*}
I=\left\{ 1,2\right\}
\end{equation*}であるものとします。入札者\(1\)が結果\(\left(a_{I},t_{I}\right) \in A\times \mathbb{R} ^{2}\)から得る利得が、\begin{equation*}u_{1}\left( a_{I},t_{I},\theta _{I}\right) =\theta _{1}a_{1}+\theta
_{2}a_{2}-t_{1}-t_{2}
\end{equation*}であるものとします。この場合、問題としている単一財オークション市場は準線型環境でしょうか。

解答を見る

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録

問題(準線型環境)
入札者集合が、\begin{equation*}
I=\left\{ 1,2\right\}
\end{equation*}であるものとします。入札者\(1\)が結果\(\left(a_{I},t_{I}\right) \in A\times \mathbb{R} ^{2}\)から得る利得が、\begin{equation*}u_{1}\left( a_{I},t_{I},\theta _{I}\right) =\left( \frac{\theta _{1}+\theta
_{2}}{2}\right) a_{1}-t_{1}
\end{equation*}であるものとします。この場合、問題としている単一財オークション市場は準線型環境でしょうか。

解答を見る

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録

Twitter
Mailで保存

質問とコメント

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録

関連知識

組合せオークションのモデル

異なる種類の商品が同時に売りに出され、入札者が商品の組合せに対して入札を行うオークションを分析するにあたり、問題をモデル化します。

組合せオークションの準線型環境

組合せオークションを記述する環境において、任意の入札者の利得関数が非外部性、準線型性、リスク中立性、私的価値の仮定を満たす場合、そのような環境を準線型環境と呼びます。

単一財オークションにおけるメカニズムのもとでのベイジアンゲーム

単一財オークション市場においてメカニズムを提示された入札者たちが直面する戦略的状況はベイジアンゲームとして定式化されます。そのようなゲームにおいて、それぞれの入札者は自身のタイプと信念にもとづいて他の入札者たちのタイプを予想し、その予想から算出される中間期待利得を最大化するような純粋戦略を採用するものとします。

単一財オークションのIPVモデル(分布独立性の仮定)

単一オークション環境において入札者たちの利得関数に関して非外部性、準線型性、リスク中立性、私的価値を仮定するとともに、入札者たちのタイプに関して共通事前分布と分布独立性を仮定する場合、そのような環境をIPVモデルと呼びます。

単一財オークションのSIPVモデル(分布対称性の仮定)

単一オークション環境において入札者たちの利得関数に関して非外部性、準線型性、リスク中立性、私的価値を仮定するとともに、入札者たちのタイプに関して共通事前分布、分布独立性、分布対称性を仮定する場合、そのような環境をSIPVモデルと呼びます。

選好の準線型性

選好関係が準線型性を満たすことの意味を解説するとともに、準線型な効用関数によって表現される選好関係が準線型性を満たすことを示します。

単一財オークションにおけるVCGオークション

クラークのピボットルールによって特徴づけられるグローヴスメカニズムをVCGオークションと呼びます。一定の条件のもと、VCGオークションは耐戦略性、配分効率性、事後個人合理性、弱予算均衡性を満たします。

単一財オークション