教材一覧
教材一覧
教材検索
SEQUENCE OF NUMBERS

区間列

目次

Share on twitter
Twitterで共有
Share on email
メールで共有

区間列

実数空間\(\mathbb{R} \)上の区間を順番に並べたもの\begin{equation*}I_{1},I_{2},\cdots ,I_{n},\cdots
\end{equation*}を区間列(sequence of interval)と呼びます。数学では有限個の区間を並べたものを区間列として扱いません。区間列は無限に続く区間の列です。

区間列をフォーマルな形で表現します。区間列とは無限個の区間を順番に並べたものであるため、それを総体的に表現するためには区間列を構成する\(1\)番目の区間\(I_{1}\)、\(2\)番目の区間\(I_{2}\)、\(3\)番目の区間\(I_{3}\)、\(\cdots \)などをすべて特定する必要があります。区間列は無限個の区間の並びですが、このような作業を実際に無限回行うことは不可能です。ただ、このような作業を「それぞれの自然数\(n\in \mathbb{N} \)に対して区間\(I_{n}\)を1つずつ定めること」として一般化できます。区間は\(\mathbb{R} \)の部分集合、すなわち\(\mathbb{R} \)のベキ集合\(2^{\mathbb{R} }\)の要素であることを踏まえると、区間列を表現することとは、\(\mathbb{N} \)から\(2^{\mathbb{R} }\)への写像を与えることと実質的に同じです。そのようなこともあり、区間列を写像\begin{equation*}I:\mathbb{N} \rightarrow 2^{\mathbb{R} }
\end{equation*}として定義することもできます。この写像\(I\)がそれぞれの自然数\(n\)に対して定める像\(I\left( n\right) \)は、区間列を構成する\(n\)番目の区間です。

通常、写像\(f:A\rightarrow B\)が定義域の値\(a\in A\)に対して定める像を\(f\left( a\right) \in B\)と表記しますが、区間列に相当する写像\(I:\mathbb{N} \rightarrow 2^{\mathbb{R} }\)が自然数\(n\in \mathbb{N} \)に対して定める像\(I\left(n\right) \in 2^{\mathbb{R} }\)に関しては、これを、\begin{equation*}I_{n}
\end{equation*}と表記し、区間列の(term)と呼びます。区間列を\(\left\{ I_{n}\right\}_{n=1}^{\infty }\)や\(\left\{ x_{n}\right\} _{n\in \mathbb{N} }\)、もしくはよりシンプルに\(\left\{ I_{n}\right\} \)と表記することもできます。

自然数を\(1\)から始まる整数と定義するのであれば、区間列を構成する前から\(n\)番目の項は\(I_{n}\)であり、これを区間列の第\(n\)項(\(n\)-th term)と呼びます。特に、区間列の最初の項\(I_{1}\)を初項(first term)と呼びます。

区間列の第\(n\)項\(I_{n}\)が具体的な形で与えられているならば、\(I_{n}\)中の\(n\)に具体的な自然数を代入することにより、すべての項を具体的な形で明らかにできます。つまり、\(I_{n}\)は区間列のすべての項を一般化した表現と考えられるため、これを一般項(general term)と呼ぶこともあります。区間列の一般項\(I_{n}\)の形が分かっている場合には、その区間列を「一般項が\(I_{n}\)の区間列」と呼ぶこともできます。

例(区間列)
区間列\(\left\{ I_{n}\right\} \)の一般項が、\begin{equation*}I_{n}=\left( -n,n\right)
\end{equation*}として与えられているとき、それぞれの項を具体的に列挙すると、\begin{eqnarray*}
I_{1} &=&\left( -1,1\right) \\
I_{2} &=&\left( -2,2\right) \\
I_{3} &=&\left( -3,3\right) \\
&&\vdots
\end{eqnarray*}などとなります。

例(区間列)
区間列\(\left\{ I_{n}\right\} \)の一般項が、\begin{equation*}I_{n}=[n,+\infty )
\end{equation*}として与えられているとき、それぞれの項を具体的に列挙すると、\begin{eqnarray*}
I_{1} &=&[1,+\infty ) \\
I_{2} &=&[2,+\infty ) \\
I_{3} &=&[3,+\infty ) \\
&&\vdots
\end{eqnarray*}などとなります。

例(区間列)
区間列\(\left\{ I_{n}\right\} \)の一般項が、\begin{equation*}I_{n}=\left[ \frac{1}{n+1},\frac{1}{n}\right] \end{equation*}として与えられているとき、それぞれの項を具体的に列挙すると、\begin{eqnarray*}
I_{1} &=&\left[ \frac{1}{2},1\right] \\
I_{2} &=&\left[ \frac{1}{3},\frac{1}{2}\right] \\
I_{3} &=&\left[ \frac{1}{4},\frac{1}{3}\right] \\
&&\vdots
\end{eqnarray*}などとなります。

 

単調な区間列

区間列\(\left\{ I_{n}\right\} \)の項に関して、\begin{equation*}\forall n\in \mathbb{N} :I_{n}\subset I_{n+1}
\end{equation*}すなわち、\begin{equation*}
I_{1}\subset I_{2}\subset I_{3}\subset \cdots
\end{equation*}が成り立つ場合、この区間列を単調増加列(monotone increasing sequence)と呼びます。

区間列\(\left\{ I_{n}\right\} \)が単調増加であることを示すための最もシンプルな方法は、隣り合う2つの区間の包含関係を確認するというものです。つまり、番号\(n\in \mathbb{N} \)を任意に選んだ上で、\begin{equation*}I_{n}\subset I_{n+1}
\end{equation*}が成り立つことを示せば\(\left\{ I_{n}\right\} \)が単調増加であることを示したことになります。

例(単調増加列)
区間列\(\left\{ I_{n}\right\} \)の一般項が、\begin{equation*}I_{n}=\left( -n,n\right)
\end{equation*}として与えられているものとします。番号\(n\in \mathbb{N} \)を任意に選んだとき、\begin{equation*}\left( -n,n\right) \subset \left( -\left( n+1\right) ,n+1\right)
\end{equation*}すなわち、\begin{equation*}
I_{n}\subset I_{n+1}
\end{equation*}が成り立つため、この区間列は単調増加です。

例(単調増加列)
区間列\(\left\{ I_{n}\right\} \)の一般項が、\begin{equation*}I_{n}=\left[ 0,n\right] \end{equation*}として与えられているものとします。番号\(n\in \mathbb{N} \)を任意に選んだとき、\begin{equation*}\left[ 0,n\right] \subset \left[ 0,n+1\right] \end{equation*}すなわち、\begin{equation*}
I_{n}\subset I_{n+1}
\end{equation*}が成り立つため、この区間列は単調増加です。

区間列\(\left\{ I_{n}\right\} \)の項に関して、\begin{equation*}\forall n\in \mathbb{N} :I_{n}\supset I_{n+1}
\end{equation*}すなわち、\begin{equation*}
I_{1}\supset I_{2}\supset I_{3}\supset \cdots
\end{equation*}が成り立つ場合、この区間列を単調減少列(monotone decreasing sequence)と呼びます。

区間列\(\left\{ I_{n}\right\} \)が単調減少であることを示す方法は単調増加の場合と同様です。つまり、番号\(n\in \mathbb{N} \)を任意に選んだ上で、\begin{equation*}I_{n}\supset I_{n+1}
\end{equation*}が成り立つことを示せば\(\left\{ I_{n}\right\} \)が単調減少であることを示したことになります。

例(単調減少列)
区間列\(\left\{ I_{n}\right\} \)の一般項が、\begin{equation*}I_{n}=[n,+\infty )
\end{equation*}として与えられているものとします。番号\(n\in \mathbb{N} \)を任意に選んだとき、\begin{equation*}\lbrack n,+\infty )\supset \lbrack n+1,+\infty )
\end{equation*}すなわち、\begin{equation*}
I_{n}\supset I_{n+1}
\end{equation*}が成り立つため、この区間列は単調減少です。

例(単調減少列)
区間列\(\left\{ I_{n}\right\} \)の一般項が、\begin{equation*}I_{n}=\left[ 0,\frac{1}{n}\right] \end{equation*}として与えられているものとします。番号\(n\in \mathbb{N} \)を任意に選んだとき、\begin{equation*}\left[ 0,\frac{1}{n}\right] \supset \left[ 0,\frac{1}{n+1}\right] \end{equation*}すなわち、\begin{equation*}
I_{n}\supset I_{n+1}
\end{equation*}が成り立つため、この区間列は単調減少です。

単調増加列と単調減少列を総称して単調列(monotone sequence)と呼びます。言い換えると、ある区間列が単調列であることとは、その区間列が単調増加もしくは単調減少の少なくとも一方であることを意味します。ちなみに、以下の例のように、単調増加かつ単調減少であるような区間列も存在します。

例(単調列)
区間列\(\left\{ I_{n}\right\} \)の一般項が、\begin{equation*}I_{n}=\left[ 0,1\right] \end{equation*}として与えられているものとします。番号\(n\in \mathbb{N} \)を任意に選んだとき、\begin{eqnarray*}I_{n} &=&\left[ 0,1\right] \subset \left[ 0,1\right] =I_{n+1} \\
I_{n} &=&\left[ 0,1\right] \supset \left[ 0,1\right] =I_{n+1}
\end{eqnarray*}がともに成り立つため、この区間列は単調増加かつ単調減少であるような区間列です。

区間列は単調であるとは限りません。以下は単調列ではない区間列の例です。

例(単調ではない区間列)
区間列\(\left\{ I_{n}\right\} \)の一般項が、\begin{equation*}I_{n}=\left[ \frac{1}{n+1},\frac{1}{n}\right] \end{equation*}で与えられているものとします。例えば、最初の2つの項\(I_{1},I_{2}\)に注目すると、\begin{eqnarray*}I_{1} &=&\left[ \frac{1}{2},1\right] \\
I_{2} &=&\left[ \frac{1}{3},\frac{2}{1}\right] \end{eqnarray*}となりますが、\(I_{1}\subset I_{2}\)と\(I_{2}\subset I_{1}\)がともに成り立たないため、この区間列は単調増加列と単調減少列のどちらでもありません。

 

区間列の共通部分と和集合

区間列\(\left\{ I_{n}\right\} \)は可算個の区間を順番に並べたものですが、区間は\(\mathbb{R} \)の部分集合であるため、区間列を可算個の\(\mathbb{R} \)の部分集合を要素として持つ\(\mathbb{R} \)の部分集合族とみなすこともできます。すると区間列の共通部分や和集合などについて考えることができrます。具体的には、区間列\(\left\{ I_{n}\right\} \)の共通部分とは、\(\left\{I_{n}\right\} \)の要素であるすべての区間の要素であるような実数からなる集合であり、これを、\begin{equation*}\bigcap\limits_{n=1}^{\infty }I_{n}=\left\{ x\in \mathbb{R} \ |\ \forall n\in \mathbb{N} :x\in I_{n}\right\}
\end{equation*}で表記します。また、区間列\(\left\{ I_{n}\right\} \)の和集合とは、\(\left\{ I_{n}\right\} \)の要素である少なくとも1つの区間の要素であるような実数からなる集合であり、これを、\begin{equation*}\bigcup\limits_{n=1}^{\infty }I_{n}=\left\{ x\in \mathbb{R} \ |\ \exists n\in \mathbb{N} :x\in I_{n}\right\}
\end{equation*}で表記します。

例(区間列の共通部分と和集合)
区間列\(\left\{ I_{n}\right\} \)の一般項が、\begin{equation*}I_{n}=\left( -n,n\right)
\end{equation*}として与えられているとき、その共通部分は、\begin{equation*}
\bigcap\limits_{n=1}^{\infty }I_{n}=\left( -1,1\right)
\end{equation*}であり、和集合は、\begin{equation*}
\bigcup\limits_{n=1}^{\infty }I_{n}=\mathbb{R} \end{equation*}となります。

例(区間列の共通部分と和集合)
区間列\(\left\{ I_{n}\right\} \)の一般項が、\begin{equation*}I_{n}=\left[ 0,n\right] \end{equation*}として与えられているとき、その共通部分は、\begin{equation*}
\bigcap\limits_{n=1}^{\infty }I_{n}=\left[ 0,1\right] \end{equation*}であり、和集合は、\begin{equation*}
\bigcup\limits_{n=1}^{\infty }I_{n}=\mathbb{R} _{+}
\end{equation*}となります。

例(区間列の共通部分と和集合)
区間列\(\left\{ I_{n}\right\} \)の一般項が、\begin{equation*}I_{n}=[n,+\infty )
\end{equation*}として与えられているとき、その共通部分は、\begin{equation*}
\bigcap\limits_{n=1}^{\infty }I_{n}=\phi
\end{equation*}であり、和集合は、\begin{equation*}
\bigcup\limits_{n=1}^{\infty }I_{n}=[1,+\infty )
\end{equation*}となります(演習問題にします)。

例(区間列の共通部分と和集合)
区間列\(\left\{ I_{n}\right\} \)の一般項が、\begin{equation*}I_{n}=\left[ 0,\frac{1}{n}\right] \end{equation*}として与えられているとき、その共通部分は、\begin{equation*}
\bigcap\limits_{n=1}^{\infty }I_{n}=\left\{ 0\right\}
\end{equation*}であり、和集合は、\begin{equation*}
\bigcup\limits_{n=1}^{\infty }I_{n}=\left[ 0,1\right] \end{equation*}となります(演習問題にします)。

 

演習問題

問題(区間列の共通部分と和集合)
区間列\(\left\{ I_{n}\right\} \)の一般項が、\begin{equation*}I_{n}=\left[ 0,\frac{1}{n}\right] \end{equation*}として与えられているものとします。この区間列の共通部分と和集合をそれぞれ求めてください。

解答を見る

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録

問題(区間列の共通部分と和集合)
区間列\(\left\{ I_{n}\right\} \)の一般項が、\begin{equation*}I_{n}=[n,+\infty )
\end{equation*}として与えられているものとします。この区間列の共通部分と和集合をそれぞれ求めてください。

解答を見る

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録

次回はカントールの区間縮小定理について学びます。

Share on twitter
Twitterで共有
Share on email
メールで共有
DISCUSSION

質問とコメント

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録

RELATED KNOWLEDGE

関連知識

カントールの縮小区間定理
カントールの縮小区間定理

実数の連続性を公理として認めるとき、そこから区間列に関するカントールの縮小区間定理という命題を示すことができます。これは、有界閉区間からなる単調減少列について、その区間の長さが 0 に収束する場合には、その区間列に属するすべての区間に属する実数は1つだけであるという主張です。

カントールの縮小区間定理
区間列と実数の連続性

実数空間が全順序体としての公理を満たすことを認める場合、実数の連続性の公理と、カントールの縮小区間定理およびアルキメデスの性質が成り立つことは必要十分になります。

数列