教材一覧
教材一覧
教材検索
LATEST MATERIALS

経済学 | 最新の教材

消費者余剰

消費者余剰

補償変分と等価変分はいずれも価格変化がもたらす消費者厚生の変化を測る指標として十分な根拠がありますが、実際に計測するのは困難です。そこで、多くの場合、より計測しやすい消費者余剰と呼ばれる指標を採用します。

Read More »
等価変分

等価変分

消費者の効用関数は一意的に定まらないため、価格変化がもたらす消費者厚生の変化を測る指標として効用の変化量を採用することはできません。代替的な指標として等価変分と呼ばれる指標を定義します。

Read More »
補償変分

補償変分

消費者の効用関数は一意的に定まらないため、価格変化がもたらす消費者厚生の変化を測る指標として効用の変化量を採用することはできません。代替的な指標として補償変分と呼ばれる指標を定義します。

Read More »
レント・シーキング

独占市場の問題:レント・シーキング

独占企業が得る超過利潤をレントと呼びます。独占企業の絶対的費用優位性が行政の許認可などに由来する場合、独占企業はレントを維持するためロビー活動や政治献金など市場外で活動を行います。

Read More »
サンク費用

独占力の源泉:規模の経済性と自然独占

独占市場が形成される理由は参入障壁に限定されません。参入と退出が自由であり、企業どうしが対等な立場で競争を行う市場においても一定の条件のもとでは独占が形成されます。コンテスタブル・マーケットの理論を用いて自然独占について解説します。

Read More »
市場支配力

独占力の源泉:絶対的費用優位性

ある市場において既存企業が参入企業よりも常により少ない費用で商品を生産できる場合、既存企業は絶対的費用優位性を持つと言います。独占企業が絶対的費用優位性を持つ場合、それは参入障壁として機能します。

Read More »
X-非効率性

独占市場の問題:X-非効率性

独占市場などの不完全競争市場において、企業が競争圧力にさらされていないことに起因して発生する非効率性をX-非効率性と呼びます。X-非効率性は社会的な厚生の損失をもたらし得ます。

Read More »
参入ゲーム

参入ゲーム(市場参入のパラドクス)

2つの企業が新規市場へ参入するかどうかを決定する戦略的状況を参入ゲームと呼ばれる完備情報の静学ゲームとして記述するとともに、そこでのナッシュ均衡を求めます。加えて、均衡において市場参入のパラドクスと呼ばれる現象が起こること解説します。

Read More »
硬貨合わせゲーム

硬貨合わせゲーム

硬貨合わせと呼ばれるゲームを完備情報の静学ゲームとして定式化した上で、そこでのナッシュ均衡を求めます。

Read More »
クジ

不確実性を評価する選好関係の連続性

不確実性に直面する意思決定主体がクジどうしを比較する選好が連続的に変化することを保証するために、選好関係に対して連続性と呼ばれる性質を要求します。選好関係を表す連続な効用関数や期待効用関数が存在する場合、その選好は連続性を満たします。

Read More »
クジ

不確実性を評価する選好関係の推移性

不確実性に直面する意思決定主体がクジどうしを比較する選好が循環しないことを保証するために、選好関係に対して推移性と呼ばれる性質を要求します。選好関係を表す効用関数が存在する場合、その選好は推移性を満たします。

Read More »
クジ

期待効用関数の定義とその性質

リスクが存在する状況において、意思決定主体がクジどうしを比較する選好を表現する効用関数が線型性と呼ばれる性質を満たす場合、そのような効用関数を期待効用関数と呼びます。通常の効用関数とは異なり、期待効用関数は一定の基数性を満たします。

Read More »
クジ

不確実性を評価する効用関数

リスクが存在する状況において、意思決定主体がクジどうしを比較する選好を表現する効用関数が存在する場合には、クジの間の相対的な望ましさを、実数の大小関係として表現することができます。

Read More »
クジ

期待値最大化原理の妥当性

行動を選択した場合に起こり得る結果が数値として表現できる場合には、クジを選択すれば結果の期待値を計算できます。ただ、人は期待値を最大化するような選択を行うとは限りません。

Read More »
クジ

不確実性を評価する選好関係

リスクが存在する状況における意思決定は、その人が持つ不確実性に対する好みの体系によって左右されます。そこで、そのような好みをクジどうしを比較する選好関係として定式化します。

Read More »
クジ

複合クジと結果主義の仮定

リスクが存在する状況における選択肢をクジと呼ばれる概念として表現しましたが、何らかの確率分布にもとづいてクジをランダムに選ぶことも考えられるため、そのような意思決定を複合クジと呼ばれる概念として表現します。

Read More »
SIPVモデル

SIPVモデルにおける収入同値定理

単一オークションのSIPVモデルにおいて異なるメカニズムを採用した場合においても、メカニズムの均衡においてオークションの主催者が直面する事前期待収入が等しくなるための条件を明らかにします。

Read More »
SIPVモデル

SIPVモデルにおける支払い同値定理

単一オークションのSIPVモデルにおいて異なるメカニズムを採用した場合においても、メカニズムの均衡において入札者が直面する期待支払いが等しくなるための条件を明らかにします。

Read More »
1生産物モデル

1生産物モデルにおけるホテリングの補題

1生産物モデルにおいてもホテリングの補題は成立します。つまり、利潤関数を生産物の価格に関して偏微分すれば供給関数が得られ、利潤関数を生産要素の価格に関して偏微分すれば要素需要関数が得られます。

Read More »
完全代替財

線型生産関数

線型生産関数と呼ばれるクラスの生産関数を定義するとともに、その基本的な性質について解説します。

Read More »
不完全記憶ゲーム

完全記憶ゲームと不完全記憶ゲーム

動学ゲームに参加するすべてのプレイヤーが、自身が意思決定をおこなうすべての時点において、それ以前に観察した情報をすべて記憶しているならば、そのようなゲームを完全記憶ゲームと呼びます。一方、完全記憶ゲームではない動学ゲームを不完全記憶ゲームと呼びます。

Read More »
クールノー競争

シュタッケルベルグ競争(シュタッケルベルグ均衡)

複占市場においてカルテルを形成せずに競争する企業が商品の供給量を同時に決定する状況をクールノー競争と呼ばれるモデルを用いて記述しましたが、同様の市場において2つの企業が商品の供給量を順番に決定する場合には何が起こるでしょうか。

Read More »
ナッシュの要求ゲーム

最後通牒ゲーム(最終通告ゲーム)

資源量が所与である状況において一方のプレイヤーが資源の配分割合を提案し、他方のプレイヤーがその提案を受け入れるかどうかを決定する動学ゲームを最後通牒ゲームと呼びます。

Read More »
展開型ゲーム

展開型ゲームの縮約ゲーム

展開型ゲームの部分ゲームにおいてプレイヤーたちが選択する戦略を指定すれば、もとのゲームの縮約ゲームと呼ばれる新たな展開型ゲームを構成できます。

Read More »
展開型ゲーム

展開型ゲームの部分ゲーム

展開型ゲームに含まれる特定の手番を初期点とする一部分が単独で展開型ゲームとして分析可能である場合、そのような一部分を部分ゲームと呼びます。

Read More »
利潤最大化問題

価格決定を通じた独占均衡

独占企業が利潤を最大化するために価格を決定する場合の独占均衡は、独占均衡が利潤を最大化するために供給量を決定する場合の独占均衡と一致します。

Read More »
ラーナー指数

独占企業の市場支配力とラーナー指数

企業が限界費用を上回る市場価格を設定することを可能にする力を市場支配力と呼びます。市場支配力を測る指標の1つがラーナー指数です。独占企業のラーナー指数は市場の需要の価格弾力性の逆数と一致します。

Read More »

ワイズの理念とサービス内容。

REGISTER

プレミアム会員登録はこちらから。

CONTACT

メールフォームをご利用ください。