予算集合の0次同次性

すべての商品の価格と所得が同じ割合で増加する場合、その変化の前後において予算集合が変化しないのであれば、予算対応は0次同次性を満たすと言います。関連して、ニュメレール(価値尺度財)についても解説します。
< 前のページ
次のページ >

予算対応が0次同次であることの意味

復習になりますが、消費集合\(X\subset \mathbb{R} ^{N}\)と価格ベクトル\(p\in \mathbb{R} _{++}^{N}\)、そして所得\(w\in \mathbb{R} _{++}\)が与えられると、予算集合は、\begin{equation*}
B\left( p,w\right) =\{x\in X\ |\ p\cdot x\leq w\}
\end{equation*}と定義されます。予算集合\(B\left( p,w\right) \)は価格ベクトル\(p\)と所得\(w\)の水準に依存して変化し得ることを踏まえた上で、それぞれの\(\left( p,w\right) \in \mathbb{R} _{++}^{N}\times \mathbb{R} _{++}\)に対して、そこでの予算集合\(B\left( p,w\right) \)を像として定める予算対応\(B:\mathbb{R} _{++}^{N}\times \mathbb{R} _{++}\twoheadrightarrow X\)と呼ばれる概念を導入しました。

消費者理論では予算対応\(B:\mathbb{R} _{++}^{N}\times \mathbb{R} _{++}\twoheadrightarrow X\)が0次同次(homogeneous of degree 0)であるものと仮定することがあります。ただし、\(B\)が0次同次であるとは、\begin{equation*}
\forall \left( p,w\right) \in \mathbb{R} _{++}^{N}\times \mathbb{R} _{++},\ \forall \alpha \in \mathbb{R} _{++}:B\left( \alpha p,\alpha w\right) =B\left( p,w\right)
\end{equation*}が成り立つことを意味します。価格ベクトルと所得の組\(\left( p,w\right) \)を任意に選んだとき、そこで消費者が直面する予算集合は\(B\left( p,w\right) \)です。すべての商品の価格と所得を同じ割合\(\alpha \)で増加させると、価格ベクトルと所得の組は\(\left( \alpha p,\alpha w\right) \)に変化し、消費者が直面する予算集合も\(B\left( \alpha p,\alpha w\right) \)に変化します。予算対応\(B\)が0次同次である場合には、この2つの予算集合が一致します。つまり、すべての商品の価格と所得が同じ割合で増加する場合には、その変化の前後において、予算制約を満たす消費ベクトルからなる集合、すなわち消費者が選択可能な消費ベクトルからなる集合は変化しないということです。

予算対応が0次同次であるという仮定をなぜ設ける必要があるのでしょうか。消費者理論では、消費者は自身が直面する予算集合の中から、自身にとって最も望ましい消費ベクトルを選ぶものと仮定します。このような形で消費者の意思決定を最適化問題として定式化し、それを解くと、消費者行動に関する理論的な解が得られます。続いて問題になるのは理論の検証です。理論から得られた解が、現実の消費者による消費行動をどの程度上手く説明できているのか、それを統計的手法を用いて検証する際に、0次同次性を仮定すると検証が容易になります。この点については、場を改めて詳しく解説します。

 

予算対応が0次同次であるための条件

予算対応が0次同次であることを天下り的に仮定してもよいのですが、よりシンプルな仮定をもとに、予算対応が0次同次であることを保証することもできます。

命題(予算対応が0次同次であるための条件)
消費集合が\(X=\mathbb{R} _{+}^{N}\)であるならば、予算対応\(B:\mathbb{R} _{++}^{N}\times \mathbb{R} _{++}\twoheadrightarrow X\)は0次同次性を満たす。
証明を見る(プレミアム会員限定)

 

ニュメレール(価値尺度財)

予算対応\(B:\mathbb{R} _{++}^{N}\times \mathbb{R} _{++}\twoheadrightarrow X\)は0次同次性を満たすものとします。\(\left( p,w\right) \in \mathbb{R} _{++}^{N}\times \mathbb{R} _{++}\)を任意に選んだとき、そこでの予算集合は、\begin{equation*}
B\left( p,w\right) =\left\{ x\in X\ |\ \sum_{n=1}^{N}p_{n}x_{n}\leq
w\right\}
\end{equation*}となります。

ある商品\(m\)に注目します。その価格は\(p_{m}>0\)です。\(\left( p,w\right) \)において、すべての商品の価格と所得を\(\frac{1}{p_{m}}>0\)倍すると、新たな予算集合は、\begin{equation*}
B\left( \frac{p}{p_{m}},\frac{w}{p_{m}}\right) =\left\{ x\in X\ |\
x_{m}+\sum_{n\not=m}^{N}\frac{p_{n}}{p_{m}}x_{n}\leq \frac{w}{p_{m}}\right\}
\end{equation*}となりますが、\(B\)の0次同次性より、これは\(B\left( p,w\right) \)と一致します。\(B\left( \frac{p}{p_{m}},\frac{w}{p_{m}}\right) \)を規定する予算制約式\begin{equation*}
x_{m}+\sum_{n\not=m}^{N}\frac{p_{n}}{p_{m}}x_{n}\leq \frac{w}{p_{m}}
\end{equation*}では、商品\(m\)の価格は\(1\)へと基準化され、その他の任意の商品\(n\)の価格は商品\(m\)の価格に対する相対価格\(\frac{p_{n}}{p_{m}}\)として表現され、所得は商品\(n\)で測った実質所得\(\frac{w}{p_{m}}\)として表現されています。つまり、予算対応が0次同次である場合には、何らかの商品の価格を\(1\)に基準化し、それと整合的な形で他の任意の商品の価格と所得を相対的な形で表現しても、予算集合は変化しません。

相対価格・実質所得について復習する

所得\(w\)に注目します。\(w>0\)です。\(\left( p,w\right) \)において、すべての商品の価格と所得を\(\frac{1}{w}>0\)倍すると、新たな予算集合は、\begin{equation*}
B\left( \frac{p}{w},1\right) =\left\{ x\in X\ |\ \sum_{n=1}^{N}\frac{p_{n}}{w}x_{n}\leq 1\right\}
\end{equation*}となりますが、\(B\)の0次同次性より、これは\(B\left( p,w\right) \)と一致します。\(B\left( \frac{p}{w},1\right) \)を規定する予算制約式\begin{equation*}
\sum_{n=1}^{N}\frac{p_{n}}{w}x_{n}\leq 1
\end{equation*}では、所得\(w\)は\(1\)へと基準化され、任意の商品\(n\)の価格が貨幣に対する相対価格\(\frac{p_{n}}{w}\)として表現されています。つまり、予算対応が0次同次である場合には、所得を\(1\)に基準化し、それと整合的な形で任意の商品の価格を相対的な形で表現しても、予算集合は変化しません。

相対価格・実質所得について復習する

何らかの商品(貨幣を含む)の価格を\(1\)へと基準化するとき、その商品をニュメレール(numeraire)や価値尺度財などと呼びます。ニュメレールの価格をニュメレール価格(numeraire price)と呼びます。先の予算集合\(B\left( \frac{p}{p_{m}},\frac{w}{p_{m}}\right) \)におけるニュメレールは商品\(m\)であり、ニュメレール価格は\(p_{m}\)です。また、予算集合\(B\left( \frac{p}{w},1\right) \)におけるニュメレールは貨幣であり、ニュメレール価格は\(1\)です。ニュメレールを設定することは、その価格を\(1\)へ基準化し、その他の任意の価格をニュメレール価格を用いて相対的な形で表現することを意味します。すでに明らかになったように、ニュメレールを設定しても、消費者が選択可能な消費ベクトルからなる集合は変化しません。

予算集合\(B\left( p,w\right) \)は\(N\)種類の商品の価格\(p=\left( p_{1},\cdots ,p_{N}\right) \)と所得\(w\)の計\(N+1\)個の外生変数によって定義されますが、予算対応の0次同次性のもと、なんらかの商品(貨幣を含める)をニュメレールと定めることにより、外生変数を1つ減らすことができます。実際、商品\(m\)をニュメレールと定めた場合の予算集合\(B\left( \frac{p}{p_{m}},\frac{w}{p_{m}}\right) \)は商品\(m\)以外の\(N-1\)種類の商品の価格と所得の合計\(N\)個の外生変数を持ち、貨幣をニュメレールと定めた場合の予算集合\(B\left( \frac{p}{w},1\right) \)は\(N\)種類の商品の価格を外生変数として持ちます。

予算対応の0次同次性は、貨幣単位の付け替えは経済学的な意味を持たないことも示唆しています。所得\(w\)の単位が「円」であるときの予算集合\(B\left( p,w\right) \)が与えられたとき、所得\(w\)の単位を「銭」に変換すると新たな予算集合\(B\left( 100p,100w\right) \)が得られますが、予算対応\(B\)が0次同次であるならば、これらは等しい集合であることが保証されます。通貨を「円」から「ドル」や「ユーロ」などに変更する場合にも同様の議論が成り立ちます。つまり、予算対応が0次同次である場合には、貨幣単位や貨幣の種類を変更しても、消費者が選択可能な消費ベクトルからなる集合は変化しません。

 

現実の経済においてニュメレール・貨幣が使われる理由

有限\(N\)個の商品が存在する経済において、ニュメレールが存在しないと何が起こるでしょうか。2つの商品\(i,j\)を任意に選んだ上で、商品\(i\)の商品\(j\)に対する交換比率を、\begin{equation*}
\frac{p_{i}}{p_{j}}
\end{equation*}で表します。これは、この経済において\(1\)単位の商品\(i\)と交換可能な商品\(j\)の数量を表します。

\(N=2\)の場合について考えます。商品\(1\)はコート(着)、商品\(2\)はニワトリ(羽)であり、両者の交換比率は\(\frac{p_{1}}{p_{2}}=3\)であるものとします。つまり、\(1\)着のコートと\(3\)羽のニワトリが交換可能であるということです。\(1\)羽のニワトリと\(\frac{1}{3}\)着のコートが交換可能であるとも言えます(\(\frac{p_{2}}{p_{1}}=\frac{1}{3}\))。いずれにせよ、コートを持っている人がそれをニワトリと交換しようとするとき、もしくは、ニワトリを持っている人がそれをコートと交換しようとするとき、彼らは交換比率\(\frac{p_{1}}{p_{2}}=3\)を参照しながら意思決定を行います。

\(N=3\)の場合にはどうなるでしょうか。先のコートとニワトリに加え、商品\(3\)をリンゴ(キログラム)とします。コートとリンゴの交換比率は\(\frac{p_{1}}{p_{3}}=10\)であるものとします。つまり、\(1\)着のコートと\(10\)キロのリンゴが交換可能であるということです。\(1\)キロのリンゴと\(\frac{1}{10}\)着のコートが交換可能であるとも言えます(\(\frac{p_{3}}{p_{1}}=\frac{1}{10}\))。このとき、ニワトリとリンゴの交換比率は\(\frac{p_{2}}{p_{3}}=\frac{p_{2}}{p_{1}}\cdot \frac{p_{1}}{p_{3}}=\frac{1}{3}\cdot 10=\frac{10}{3}\)であると計算できます。つまり、\(1\)羽のニワトリと\(\frac{10}{3}\)キロのリンゴが交換可能であるということです。ただ、取引の度にこのような計算を行っていては面倒です。商品の種類が増えればなおさらです。一般に、\(N\)種類の商品が存在する経済には\(\binom{N}{1}=\frac{N\left( N-1\right) }{2}\)個の交換比率が存在し、取引の度にそれらを参照ないし計算する必要があります。

何らかの商品をニュメレールと定めることにより、人々はそのような面倒からは解放されます。例えば、リンゴをニュメレールとして採用するという合意が成立した場合、もしくは、そのような慣習が人々の間に広がった場合、それぞれの商品の市場価値は、リンゴとの交換比率によって表現されることになります。つまり、コート\(1\)着の市場価値はリンゴ\(10\)キロ分(\(\frac{p_{1}}{p_{3}}=10\))、ニワトリ\(1\)羽の市場価値はリンゴ\(\frac{10}{3}\)キロ分(\(\frac{p_{2}}{p_{3}}=\frac{10}{3}\))などという具合に、それぞれの商品にはリンゴで測った価格がつけられるようになるということです。コートとニワトリを交換する場合、それらの市場価値はリンゴ基準で表現されているため、コートとニワトリの交換比率\(\frac{p_{1}}{p_{2}}\)をわざわざ計算する必要はありません。一般に、\(N\)種類の商品が存在する経済において何らかの商品をニュメレールと定めたとき、考慮すべき交換比率は\(N-1\)個だけになります。これがニュメレールの利点です。

では、どのような商品をニュメレールとして利用すべきでしょうか。現実の経済において、私たちはリンゴをニュメレールとして利用していません。そもそも、取引の度にリンゴを持ち運ぶのは大変ですし、時間が経てばリンゴは腐ってしまいます。また、例えば、ある商品の価格がリンゴ\(\frac{1}{3}\)個分であるとき、その商品を購入するためには手持ちのリンゴを\(3\)分割する必要があります。つまり、リンゴはニュメレールの単位として大きすぎるため、取引によってはリンゴを分割する必要があるのですが、そうした作業は面倒ですし、そもそも分割するとリンゴの価値がなくなってしまいます。以上の問題を考慮すると、ニュメレールとしては、持ち運びが容易であり、時間が経っても劣化せず、また、細かく分割できる商品が最適です。歴史的には、牛、オリーブ油、ワイン、銅、鉄、金、銀、指輪、ダイアモンドなど、様々なものがニュメレールとして使われています。これらは一長一短であり、最終的には金属がニュメレールとして定着するようになりました。私たちは現在、すべての商品の価格を貨幣基準で表現しています。ある商品が\(100\)円であることは、ニュメレールが貨幣(円)であり、その商品は\(100\)単位の貨幣と交換可能であることを意味します。貨幣は持ち運びが容易で、時間が経っても劣化しづらく、また、細かく分割できるという特性があります。

次回から消費者の選好について学びます。

次へ進む 質問・コメントを投稿する 演習問題(プレミアム会員限定)
Share on facebook
Share on twitter
Share on email
< 前のページ
次のページ >

プレミアム会員になると、質問やコメントの投稿と閲覧、プレミアムコンテンツ(命題の証明や演習問題とその解答)へのアクセスなどが可能になります。プレミアム会員の方は以下からログインしてください。

会員登録 | パスワードを忘れましたか?

有料のプレミアム会員になると、質問やコメントの投稿と閲覧、プレミアムコンテンツ(命題の証明や演習問題とその解答)へのアクセスなどが可能になります。

ワイズのユーザーは年齢・性別・学歴・社会的立場などとは関係なく「学ぶ人」として対等であり、お互いを人格として尊重することが求められます。ユーザーが快適かつ安心して「学ぶ」ことに集中できる環境を整備するため、広告やスパム投稿、他のユーザーを貶めたり威圧する発言、学んでいる内容とは関係のない不毛な議論などはブロックすることになっています。詳細はガイドラインをご覧ください。

本サイトは MathJax を実装しているため、コメント文中で LaTex コマンドを利用することで美しい数式を入力できます。その際、インライン数式は\(数式\)で、ディスプレイ数式は$$数式$$という形式でそれぞれ入力してください。 例えば、\(ax^{2}+bx+c=0\)と入力すると\(ax^{2}+bx+c=0\)と表示され、$$ax^{2}+bx+c=0$$と入力すると$$ax^{2}+bx+c=0$$と表示されます。MathJax(LaTex)の文法については次のサイト( https://easy-copy-mathjax.xxxx7.com )などを参照してください。 紙に手書きした数式や図をカメラやスマホで撮影した上で、コメント欄に張り付けることもできます。その場合、コメント入力欄にある「ファイルを選択」ボタンをクリックした上で画像をアップロードしてください。アップロード可能な画像フォーマットは jpg, gif, png の 3 種類、ファイルサイズの上限は 5 MB です。PDF ファイルの添付も可能です。

誤字脱字、リンク切れ、内容の誤りを発見した場合にはコメントに投稿するのではなく、以下のフォームからご連絡をお願い致します。

プレミアム会員だけが質問やコメントを投稿・閲覧できます。

現在地
目次
アカウント
ログイン