教材一覧
教材一覧
教材検索
CONSUMER THEORY

選好関係

目次

< 前のページ
次のページ >
Share on twitter
Twitterで共有
Share on email
メールで共有

選好関係

消費者が直面する選択肢を消費集合予算集合などとして定式化しましたが、続いて問題になるのは、選択肢の集合を与えられた消費者がどのように意思決定を行うかという点です。一般に、複数の消費者に対して同一の選択肢集合を提示したとき、彼らはその中から同じものを選ぶとは限りません。商品に対する好みの体系は人それぞれだからです。例えば、食に興味があるがファッションに興味がない人は、新しい服を購入するよりも高級レストランへ行くことを選びます。また、食に興味を持つ人の中にも、料理に興味がある人、スイーツに興味がある人、アルコールに興味がある人など様々な人がおり、好みの体系の違いが消費行動の違いとして反映されます。いずれにせよ、消費者による意思決定は、その人が持つ好みの体系によって左右されることには疑いの余地はありません。そこで、消費者理論では、消費者が持つ好みの体系を選好関係(preference relation)や効用関数(utility function)などの概念を用いてモデル化します。

消費集合\(X\subset \mathbb{R} ^{N}\)に直面した消費者は、\(X\)の要素である消費ベクトルどうしを比較しながら、自身にとって最も望ましい何らかの消費ベクトルを選択します。そこで、消費者が持つ好みの体系を\(X\)上の二項関係\(\succsim \)として定式化し、これを選好関係(preference relation)や弱い意味の選好関係(weak preference relation)などと呼びます。具体的には、消費ベクトルからなる任意の順序対\(\left( x,y\right) \in X\times X\)に対して、\begin{equation*}
x\succsim y\ \Leftrightarrow \ \text{消費者は}x\text{を}y\text{以上に好む}
\end{equation*}を満たすものとして\(\succsim \)を定義します。つまり、比較対象として2つの消費ベクトル\(x,y\)が提示されたとき、消費者が\(x\)を\(y\)以上に好むとき、そしてその場合にのみ、\(x\succsim y\)が成り立つものとして\(\succsim \)を定義するということです。ただし、\(x\)を\(y\)以上に好むとは、\(x\)を\(y\)よりも好むか、または\(x\)と\(y\)を同じ程度好むことを意味します。ちなみに、\(x\succsim y\)が成り立つ場合には、消費者は\(x\)を\(y\)以上に好む(\(x\) is at least as good as \(y\))とか、\(x\)を\(y\)よりも弱く選好する(weakly prefer \(x\) to \(y\))などと言います。

例(選好関係)
ある学生はランチの予算として\(500\)円持っています。ただ、売店に残っているのはサンドイッチとコーラだけです。サンドイッチは1つ\(300\)円、コーラは一本\(180\)円です(いずれも税込)。サンドイッチの消費量を\(x_{1}\)で表し、コーラの消費量を\(x_{2}\)で表すのであれば、この学生が直面する予算集合\(B\)は、\begin{eqnarray*}
B &=&\left\{ \left( x_{1},x_{2}\right) \in \mathbb{Z} _{+}^{2}\ |\ 300x_{1}+180x_{2}\leq 500\right\} \\
&=&\left\{ \left( 1,1\right) ,\left( 1,0\right) ,\left( 0,2\right) ,\left(
0,1\right) ,\left( 0,0\right) \right\}
\end{eqnarray*}となります。この学生はお腹を空かせており、なおかつサンドイッチとコーラを好むものとします。ただ、サンドイッチとコーラのどちらか一方だけを選べと言われればサンドイッチを選びたい気分です。また、コーラを2本も飲みたい気分ではありませんが、何も食べない・飲まないよりはマシであると考えているものとします。このとき、この学生の選好\(\succsim \)は、\begin{equation*}
\left( 1,1\right) \succsim \left( 1,0\right) \succsim \left( 0,1\right)
\succsim \left( 0,2\right) \succsim \left( 0,0\right)
\end{equation*}と記述されます。別の学生は満腹であり、飲食をしたい気分ではなく、より多くのお金を節約したいと考えているのであれば、この学生の選好\(\succsim \)は、\begin{equation*}
\left( 0,0\right) \succsim \left( 0,1\right) \succsim \left( 1,0\right)
\succsim \left( 0,2\right) \succsim \left( 1,1\right)
\end{equation*}と記述されます。さらに別の学生はお腹を空かせてはいるものの、コーラを見たくないほど嫌っているのであれば、この学生の選好\(\succsim \)は、\begin{equation*}
\left( 1,0\right) \succsim \left( 0,0\right) \succsim \left( 1,1\right)
\succsim \left( 0,1\right) \succsim \left( 0,2\right)
\end{equation*}と記述されます。
例(選好関係)
家計によるひと月当たりのコメ消費量を\(x_{1}\)(キログラム)で表し、同時期におけるコメ以外のすべての商品への消費を合成財への支出\(x_{2}\)(円)として表現します。消費集合を\(\mathbb{R} _{+}^{2}\)と定めます。何も消費しないという選択肢は消費ベクトル\(\left( x_{1},x_{2}\right) =\left( 0,0\right) \)として表現されます。消費者は何らかの商品を消費することを何も消費しないこと以上に好むのであれば、それは、\begin{equation*}
\left( x_{1},x_{2}\right) \succsim \left( 0,0\right)
\end{equation*}と表現されます。ただし、\(x_{1}\geq 0\)かつ\(x_{2}\geq 0\)です。また、すべての商品について、消費量は多ければ多い方がよいと思っているのであれば、それは、\(0\leq x_{1}\leq x_{1}^{\prime }\)かつ\(0\leq x_{2}\leq x_{2}^{\prime }\)である場合に、\begin{equation*}
\left( x_{1}^{\prime },x_{2}^{\prime }\right) \succsim \left(
x_{1},x_{2}\right)
\end{equation*}が成り立つこととして表現されます。
例(選好関係)
労働者が1日の時間(24時間)を余暇と労働に配分し、労働から得た所得で商品を購入する状況を想定します。1日あたり余暇に割り当てる時間を\(h\)(時間)で表します。ただし、\(0\leq h\leq 24\)です。1日あたりの労働時間は\(24-h\)(時間)ですが、法律により、1日あたりの労働時間は\(14\)時間までと定められているのであれば、\(10\leq h\leq 24\)となります。商品の消費を合成財への支出として表現します。つまり、商品の消費量を\(x\)(円)で表し、その価格を\(1\)とみなすということです。消費集合を、\begin{equation*}
X=\{\left( h,x\right) \in \mathbb{R} _{+}^{2}\ |\ 10\leq h\leq 24\}
\end{equation*}と定めます。労働者が余暇と商品はともに多ければ多い方がよいと考えているのであれば、それは、\(10\leq h\leq h^{\prime }\leq 24\)かつ\(0\leq x\leq x^{\prime }\)である場合に、\begin{equation*}
\left( h^{\prime },x^{\prime }\right) \succsim \left( h,x\right)
\end{equation*}が成り立つこととして表現されます。
例(選好関係)
消費集合が\(\mathbb{R}_{+}^{n}\)で与えられているものとします。つまり、問題としているモデルには\(n\)種類の商品が存在し、それらをいずれも任意の非負の実数量だけ消費できるということです。このモデルには\(n\)種類の商品が存在しますが、その中から特定の2つの商品に注目し、それらを比較することもできます。つまり、2種類の商品\(i,j\)に注目したとき、「商品\(i\)を\(x_{i}\)だけ消費する」という選択肢は「第\(i\)成分が\(x_{i}\)で他の任意の成分が\(0\)であるような\(n\)次元の消費ベクトル」として表現される一方で、「商品\(j\)を\(x_{j}\)だけ消費する」という選択肢は「第\(j\)成分が\(x_{j}\)で他の任意の成分が\(0\)であるような\(n\)次元の消費ベクトル」として表現されます。したがって、2つの商品\(i,j\)を比較する状況は、以上のような2つの消費ベクトルを比較することとして表現可能です。

 

狭義選好関係

消費者の選好関係\(\succsim \)は消費集合\(X\)上の二項関係として定義されるため、数学的にはそこから\(\succsim \)の非対称部分(asymmetric component)を定義できます。具体的には、\(X\)上に\(\succsim \)が定義されているとき、消費ベクトルからなる任意の順序対\(\left( x,y\right) \in X\times X\)に対して、\begin{equation*}
x\succ y\ \Leftrightarrow \ \left[ x\succsim y\ \wedge \ \lnot (y\succsim x)\right] \end{equation*}を満たすものとして\(\succ \)を定義します。これを狭義選好関係(strict preference relation)と呼びます。つまり、比較対象として2つの消費ベクトル\(x,y\)が提示されたとき、消費者が\(x\)を\(y\)以上に好むが\(y\)を\(x\)以上には好まないとき、そしてその場合にのみ、\(x\succ y\)が成り立つものとして\(\succ \)を定義するということです。\(x\succ y\)が成り立つ場合には、消費者は\(x\)を\(y\)よりも選好する(prefer \(x\) to \(y\))と言います。

 

無差別関係

消費者の選好関係\(\succsim \)は消費集合\(X\)上の二項関係として定義されるため、数学的にはそこから\(\succsim \)の対称部分(symmetric component)を定義できます。具体的には、\(X\)上に\(\succsim \)が定義されているとき、消費ベクトルからなる任意の順序対\(\left( x,y\right) \in X\times X\)に対して、\begin{equation*}
x\sim y\ \Leftrightarrow \ \left( x\succsim y\ \wedge \ y\succsim x\right)
\end{equation*}を満たすものとして\(\sim \)を定義します。これを無差別関係(indifference relation)と呼びます。つまり、比較対象として2つの消費ベクトル\(x,y\)が提示されたとき、消費者が\(x\)を\(y\)以上に好むと同時に\(y\)を\(x\)以上に好むとき、そしてその場合にのみ、\(x\sim y\)が成り立つものとして\(\sim \)を定義するということです。\(x\sim y\)が成り立つ場合には、消費者にとって\(x\)と\(y\)は無差別である(indifferent between \(x\) and \(y\))と言います。

 

選好関係の特徴づけ

選好関係\(\succsim \)から派生的に狭義選好関係\(\succ \)や無差別関係\(\sim \)を定義しましたが、\(\succ \)と\(\sim \)の定義を踏まえると、消費ベクトル\(x,y\in X\)を任意に選んだときに、\begin{equation*}
x\succsim y\Leftrightarrow \left( x\succ y\vee x\sim y\right)
\end{equation*}という関係が成り立つことが示されます(証明は演習問題にします)。つまり、\(x\succsim y\)が成り立つことは、\(x\succ y\)と\(x\sim y\)の少なくとも一方が成り立つための必要十分条件です。直感的には、\(x\)を\(y\)以上に好むことは、\(x\)を\(y\)よりも好むか、または\(x\)と\(y\)を同じ程度好むことを意味しますが、上の関係はそのような直感と整合的です。

命題(選好関係の特徴づけ)
消費集合\(X\subset \mathbb{R}^{N}\)の要素である消費ベクトル\(x,y\in X\)を任意に選んだとき、\begin{equation*}
x\succsim y\Leftrightarrow \left( x\succ y\vee x\sim y\right)
\end{equation*}が成り立つ。
解答を見る

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録

当初の話の流れでは最初に選好関係\(\succsim \)を先に定義し、そこから派生的に狭義選好関係\(\succ \)や無差別関係\(\sim \)を定義しました。以上の命題は、そのような話の流れとは逆に、先に\(\succ \)と\(\sim \)を定義した上で、そこから派生的に\(\succsim \)を定義することも可能であることを示唆しています。具体的には、消費集合\(X\subset \mathbb{R}^{N}\)上の二項関係である\(\succ \)と\(\sim \)がそれぞれ与えられたとき、任意の\(x,y\in X\)に対して、\begin{equation*}
x\succsim y\Leftrightarrow \left( x\succ y\vee x\sim y\right)
\end{equation*}を満たすものとして\(X\)上の新たな二項関係である\(\succsim \)を定義することもできるということです。

ちなみに、上の命題をもう少し精緻化できます。上の命題によると、\(x\succsim y\)が成り立つことは、\(x\succ y\)と\(x\sim y\)の「少なくとも一方」が成り立つことと必要十分です。つまり、\(x\succsim y\)が成り立つ場合に\(x\succ y\)と\(x\sim y\)の両方がともに成り立つことを可能性を含んでいます。しかし実際には、\(x\succ y\)と\(x\sim y\)が同時に成り立つことはありません(証明は演習問題にします)。したがって、上の命題において論理和\(\vee \)を排他的論理和\(\veebar \)に置き換えることができます。つまり、\(x\succsim y\)が成り立つことは、\(x\succ y\)と\(x\sim y\)の「どちらか一方」が成り立つことと必要十分です。

命題(選好関係の特徴づけ)
消費集合\(X\subset \mathbb{R}^{N}\)の要素である消費ベクトル\(x,y\in X\)を任意に選んだとき、\begin{equation*}
x\succsim y\Leftrightarrow \left( x\succ y\veebar x\sim y\right)
\end{equation*}という関係が成り立つ。
解答を見る

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録

例(選好関係の特徴づけ)
消費ベクトル\(x,y,z\in X\)が与えられたとき、消費者の選好関係\(\succsim \)は、\begin{equation*}
x\succsim y\succsim z
\end{equation*}を満たすものとします。上の命題より、このことは、以下の4つの場合\begin{eqnarray*}
&&\left( a\right) \ x\succ y\succ z \\
&&\left( b\right) \ x\succ y\sim z \\
&&\left( c\right) \ x\sim y\succ z \\
&&\left( d\right) \ x\sim y\sim z
\end{eqnarray*}の中のいずれかであることを意味します。

 

演習問題

問題(狭義選好の性質)
消費集合\(X\subset \mathbb{R}^{N}\)の要素である消費ベクトル\(x\in X\)を任意に選んだとき、\begin{equation*}
\lnot \left( x\succ x\right)
\end{equation*}が成り立つことを示した上で、その意味を説明してください。
解答を見る

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録

問題(無差別関係の性質)
消費集合\(X\subset \mathbb{R}^{N}\)の要素である消費ベクトル\(x,y\in X\)を任意に選んだとき、\begin{equation*}
x\sim y\Leftrightarrow y\sim x
\end{equation*}が成り立つことを示した上で、その意味を説明してください。
解答を見る

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録

問題(狭義選好の性質)
消費集合\(X\subset \mathbb{R}^{N}\)の要素である\(x,y\in X\)を任意に選んだとき、\begin{equation*}
y\succ x\Leftrightarrow \left[ y\succsim x\wedge \lnot \left( y\sim x\right) \right] \end{equation*}という関係が成り立つことを示した上で、その意味を説明してください。
解答を見る

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録

次回は効用関数について学びます。

< 前のページ
次のページ >
Share on twitter
Twitterで共有
Share on email
メールで共有
DISCUSSION

質問とコメント

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録

RELATED KNOWLEDGE

関連知識

二項関係
関係

複数の物事が互いに関わり合っている状態を関係と呼びますが、数学において関係とは、2つの集合の直積の部分集合として定式化されます。

二項関係
二項関係

始集合と終集合が一致する関係を二項関係と呼びます。二項関係は与えられた集合の直積の部分集合として定義されます。

完備律
選好関係の完備性

2つの消費ベクトル x,y を任意に選んだとき、消費者は x を y 以上に選好するか、y を x 以上に選好するか、その少なくとも一方が成り立つ場合には、消費者の選好関係は完備性を満たすと言います。

推移律
選好関係の推移性

3つの消費ベクトル x,y,z が任意に与えられたとき、消費者は x を y 以上に好みし、y を z 以上に好む場合、x を z 以上に好むことが保証される場合には、消費者の選好関係は推移性を満たすと言います。

選好関係
選好の合理性

完備性と推移性をともに満たす選好関係を合理的な選好関係や選好順序などと呼びます。合理性を満たす選好関係のもとではすべての消費ベクトルを最も望ましいものから最も望ましくないものまで順番に並べることができます。

選好関係
非合理的な選好

合理性の仮定はそれほど無理のない仮定ですが、それでも実際の消費者の選好は合理性を満たさないケースがあります。コンドルセの逆説や消費者の選択肢が連続的に変化する場合などが典型的なケースです。

上方位集合
選好の連続性

ある選好関係のもとで任意の消費ベクトルに関する狭義の上方位集合と狭義の下方位集合がともに消費集合上で開集合である場合、その選好関係は連続性を満たすと言います。連続性の仮定のもとでは消費者の選好が連続的に変化することが保証されます。また、連続な効用関数によって表現される選好は連続性を満たします。

消費者理論