教材一覧
CONSUMER THEORY

予算集合の非空性

< 前のページ
次のページ >

予算集合が空集合ではないことの意味

消費者に課される様々な制約を踏まえた上で、消費者がなおも選択可能な消費ベクトルからなる集合が消費集合です。さらに、消費集合に属する消費ベクトルの中でも経済的制約を満たすもの、すなわち、支出額が所得の範囲内に収まるような消費ベクトルからなる集合が予算集合です。消費者は予算集合に属する消費ベクトルの中から何らかの消費ベクトルを選びます。したがって、仮に予算集合が空集合であるならば、消費者がどのような選択を行うかという問題を検討する余地がなくなってしまいます。消費者行動を分析するためには、そもそも予算集合が空集合ではないことを保証する必要があるということです。

例(非空な予算集合)
2財モデルにおいて消費集合が\(\mathbb{R}_{+}^{2}\)である場合の予算集合\(B\left( p_{1},p_{2},w\right) \)が下図のグレーの領域として描かれています(境界を含む)。商品の価格\(p_{1},p_{2}\)と所得\(w\)はいずれも正の実数を値としてとるため、予算線の端点である切片\(\frac{w}{p_{1}},\frac{w}{p_{2}}\)はともに正の実数です、したがって、\(p_{1},p_{2},w\)の値に関わらず原点\(\left( 0,0\right) \)は予算集合\(B\left( p_{1},p_{2},w\right) \)の要素であるため、予算集合は空集合ではありません。
図:予算集合
図:予算集合

 

予算対応が非空値をとるための条件

消費者が直面する予算集合\(B\left( p,w\right) \)は価格ベクトル\(p\)と所得\(w\)に依存して変化します。消費者行動を分析する際には\(p\)や\(w\)の変化にともない消費者による選択がどのように変化するかを考察することも重要になります。したがって、そのような分析を意味ある形で行うためには、\(p\)や\(w\)がどのような値をとる場合でも予算集合\(B\left( p,w\right) \)が非空であることを保証する必要があります。つまり、予算対応\(B:\mathbb{R}_{++}^{N}\times \mathbb{R}_{++}\twoheadrightarrow X\)はそれぞれの組\(\left( p,w\right) \in \mathbb{R}_{++}^{N}\times \mathbb{R}_{++}\)に対して、\begin{equation*}
B\left( p,w\right) \not=\phi
\end{equation*}を満たす必要があるということです。予算対応\(B\)が以上の条件を満たすとき、\(B\)は非空値をとる(nonempty valued)と言います。

予算対応が非空値をとることを天下り的に仮定してもよいのですが、よりシンプルな仮定をもとに、予算対応が非空値をとることを保証することもできます。具体的には、先の例が示唆するように、消費集合が\(\mathbb{R}_{+}^{N}\)である場合には予算対応\(B:\mathbb{R}_{++}^{N}\times \mathbb{R}_{++}\twoheadrightarrow \mathbb{R}_{+}^{N}\)が非空値をとることが保証されます。

命題(予算対応が非空値をとるための条件)
消費集合が\(\mathbb{R}_{+}^{N}\)であるならば、予算対応\(B:\mathbb{R}_{++}^{N}\times \mathbb{R}_{++}\twoheadrightarrow \mathbb{R}_{+}^{N}\)は非空値をとる。
証明
プレミアム会員専用コンテンツです。下にあるフォームからログインすると内容が表示されます。

次回は予算集合が凸集合であることの意味を解説します。

質問・コメント(プレミアム会員限定) 次へ進む
Share on facebook
Share on twitter
Share on email
< 前のページ
次のページ >

プレミアム会員だけが質問やコメントを投稿・閲覧できます。

消費者理論