教材一覧
教材一覧
教材検索
FUNCTION

無限大における関数の無限極限

目次

Share on twitter
Twitterで共有
Share on email
メールで共有

正の無限大において発散する関数

関数\(f:\mathbb{R} \supset X\rightarrow \mathbb{R} \)の定義域\(X\)が限りなく大きい任意の実数を要素として持つとき、変数\(x\)が\(X\)上の点をとりながら限りなく大きくなるにつれて\(f\left( x\right) \)の値もまた限りなく大きくなるならば、\(x\)が限りなく大きくなるときに\(f\)は正の無限大に発散する(diverge)と言い、このことを、\begin{equation*}
\lim_{x\rightarrow +\infty }f\left( x\right) =+\infty
\end{equation*}で表記します。これはどのような形で厳密に表現できるでしょうか。まず、\(x\rightarrow +\infty \)が成り立つこと、すなわち、\(x\)が限りなく大きいと言うためには、\(x\)の大きさを表す指標が必要です。そこで、\(x\)の大きさを表す指標として正の実数\(N>0\)を導入したとき、\begin{equation*}
x>N
\end{equation*}が成り立つならば、「\(x\)は\(N\)よりも大きい」と言えます。また、\(f\left( x\right) \rightarrow +\infty \)が成り立つこと、すなわち、\(f\left( x\right) \)の値が限りなく大きいと言うためには、\(f\left( x\right) \)の大きさを表す指標も必要です。そこで、\(f\left( x\right) \)の大きさを表す指標として正の実数\(M>0\)を導入したとき、\begin{equation*}
f\left( x\right) >M
\end{equation*}が成り立つならば、「\(f\left( x\right) \)は\(M\)よりも大きい」と言えます。\(x\rightarrow +\infty \)のときに\(f\left( x\right) \rightarrow +\infty \)であることは、以上のような2つの実数\(N,M\)の関係として表現することになります。

具体的には、まず、\(f\left( x\right) \)の大きさを表す値\(M\)を任意に選びます。今、\(x\rightarrow +\infty \)のときに\(f\left( x\right) \rightarrow +\infty \)が成り立つのであれば、ある値\(N\)より大きい任意の\(x\)について\(f\left( x\right) \)は\(M\)よりも大きくなるはずです。これを定式化すると、\begin{equation*}
\exists N>0,\ \forall x\in X:\left( x>N\Rightarrow f\left( x\right)
>M\right)
\end{equation*}となります。\(x\rightarrow +\infty \)のときに\(f\left( x\right) \rightarrow +\infty \)となる場合には、最初に設定する\(M\)をどれほど大きくしても同様の議論が成立するはずです。そこで、\begin{equation*}
\forall M>0,\ \exists N>0,\ \forall x\in X:\left( x>N\Rightarrow f\left(
x\right) >M\right)
\end{equation*}が成り立つこととして、\(x\rightarrow +\infty \)のときに\(f\left( x\right) \rightarrow +\infty \)が成り立つことの定義とします。つまり、関数\(f:\mathbb{R} \supset X\rightarrow \mathbb{R} \)に対して\(\lim\limits_{x\rightarrow +\infty }f\left( x\right) =+\infty \)が成り立つことの意味をイプシロン・デルタ論法にもとづいて定義したものが上の論理式です。

例(正の無限大において正の無限大に発散する関数)
関数\(f:\mathbb{R} \rightarrow \mathbb{R} \)はそれぞれの\(x\in \mathbb{R} \)に対して、\begin{equation*}
f\left( x\right) =x^{2}
\end{equation*}を定めるものとして定義されているとき、\begin{equation*}
\lim_{x\rightarrow +\infty }x^{2}=+\infty
\end{equation*}が成り立つことを示します。これを厳密に表現すると、\begin{equation*}
\forall M>0,\ \exists N>0,\ \forall x\in
\mathbb{R} :\left( x>N\Rightarrow x^{2}>M\right)
\end{equation*}となります。この論理式を示すことが目標です。\(M>0\)を任意に選びます。結論の式を変形すると、\begin{equation*}
x^{2}>M\Rightarrow x>\sqrt{M}
\end{equation*}を得るため、\(M\)に対する\(N\)の候補として\(N=\sqrt{M}\)を選びます。実際、\(x>\sqrt{M}\)を満たす任意の\(x\)について、\begin{equation*}
x>\sqrt{M}\Rightarrow x^{2}>M
\end{equation*}が成り立つため目標は達成されました。

関数\(f:\mathbb{R} \supset X\rightarrow \mathbb{R} \)の定義域\(X\)が限りなく大きい任意の実数を要素として持つとき、変数\(x\)が\(X\)上の点をとりながら限りなく大きくなるにつれて\(f\left( x\right) \)の値が限りなく小さくなるならば、\(x\)が限りなく大きくなるときに\(f\)は負の無限大に発散する(diverge)と言い、このことを、\begin{equation*}
\lim_{x\rightarrow +\infty }f\left( x\right) =-\infty
\end{equation*}で表記します。これはどのような形で厳密に表現できるでしょうか。まず、\(x\rightarrow +\infty \)が成り立つこと、すなわち、\(x\)が限りなく大きいと言うためには、\(x\)の大きさを表す指標が必要です。そこで、\(x\)の大きさを表す指標として正の実数\(N>0\)を導入したとき、\begin{equation*}
x>N
\end{equation*}が成り立つならば、「\(x\)は\(N\)よりも大きい」と言えます。また、\(f\left( x\right) \rightarrow -\infty \)が成り立つこと、すなわち、\(f\left( x\right) \)の値が限りなく小さいと言うためには、\(f\left( x\right) \)の大きさを表す指標も必要です。そこで、\(f\left( x\right) \)の大きさを表す指標として負の実数\(L<0\)を導入したとき、\begin{equation*}
f\left( x\right) <L
\end{equation*}が成り立つならば、「\(f\left( x\right) \)は\(L\)よりも小さい」と言えます。\(x\rightarrow +\infty \)のときに\(f\left( x\right) \rightarrow -\infty \)であることは、以上のような2つの実数\(N,L\)の関係として表現することになります。

具体的には、まず、\(f\left( x\right) \)の大きさを表す値\(L\)を任意に選びます。今、\(x\rightarrow +\infty \)のときに\(f\left( x\right) \rightarrow -\infty \)が成り立つのであれば、ある値\(N\)より大きい任意の\(x\)について\(f\left( x\right) \)は\(L\)よりも小さくなるはずです。これを定式化すると、\begin{equation*}
\exists L<0,\ \forall x\in X:\left( x>N\Rightarrow f\left( x\right)
<L\right)
\end{equation*}となります。\(x\rightarrow +\infty \)のときに\(f\left( x\right) \rightarrow -\infty \)となる場合には、最初に設定する\(L\)をどれほど小さくしても同様の議論が成立するはずです。そこで、\begin{equation*}
\forall L<0,\ \exists N>0,\ \forall x\in X:\left( x>N\Rightarrow f\left(
x\right) <L\right)
\end{equation*}が成り立つこととして、\(x\rightarrow +\infty \)のときに\(f\left( x\right) \rightarrow -\infty \)が成り立つことの定義とします。つまり、関数\(f:\mathbb{R} \supset X\rightarrow \mathbb{R} \)に対して\(\lim\limits_{x\rightarrow +\infty }f\left( x\right) =-\infty \)が成り立つことの意味をイプシロン・デルタ論法にもとづいて定義したものが上の論理式です。

例(正の無限大において負の無限大に発散する関数)
関数\(f:\mathbb{R} \rightarrow \mathbb{R} \)はそれぞれの\(x\in \mathbb{R} \)に対して、\begin{equation*}
f\left( x\right) =-3x^{2}
\end{equation*}を定めるものとして定義されているとき、\begin{equation*}
\lim_{x\rightarrow +\infty }\left( -3x^{2}\right) =-\infty
\end{equation*}が成り立つことを示します。これを厳密に表現すると、\begin{equation*}
\forall L<0,\ \exists N>0,\ \forall x\in
\mathbb{R} :\left( x>N\Rightarrow -3x^{2}<L\right)
\end{equation*}となります。この論理式を示すことが目標です。\(L<0\)を任意に選びます。\(x>0\)については、結論の式を変形すると、\begin{eqnarray*}
-3x^{2}<L &\Rightarrow &x^{2}>\frac{-L}{3} \\
&\Rightarrow &x>\sqrt{\frac{-L}{3}}\quad \because L<0
\end{eqnarray*}を得るため、\(L\)に対する\(N\)の候補として\(N=\sqrt{\frac{-L}{3}}\)を選びます。実際、\(x>\sqrt{\frac{-L}{3}}\)を満たす任意の\(x\)について、\begin{eqnarray*}
x>\sqrt{\frac{-L}{3}} &\Rightarrow &x^{2}>\frac{-L}{3} \\
&\Rightarrow &-3x^{2}<L
\end{eqnarray*}となるため目標が達成されました。

 

負の無限大において発散する関数

関数\(f:\mathbb{R} \supset X\rightarrow \mathbb{R} \)の定義域\(X\)が限りなく小さい任意の実数を要素として持つとき、変数\(x\)が\(X\)上の点をとりながら限りなく小さくなるにつれて\(f\left( x\right) \)の値が限りなく大きくなるならば、\(x\)が限りなく小さくなるときに\(f\)は正の無限大に発散する(diverge)と言い、このことを、\begin{equation*}
\lim_{x\rightarrow -\infty }f\left( x\right) =+\infty
\end{equation*}で表記します。これはどのような形で厳密に表現できるでしょうか。まず、\(x\rightarrow -\infty \)が成り立つこと、すなわち、\(x\)が限りなく小さいと言うためには、\(x\)の大きさを表す指標が必要です。そこで、\(x\)の大きさを表す指標として負の実数\(N<0\)を導入したとき、\begin{equation*}
x<N
\end{equation*}が成り立つならば、「\(x\)は\(N\)よりも小さい」と言えます。また、\(f\left( x\right) \rightarrow +\infty \)が成り立つこと、すなわち、\(f\left( x\right) \)の値が限りなく大きいと言うためには、\(f\left( x\right) \)の大きさを表す指標も必要です。そこで、\(f\left( x\right) \)の大きさを表す指標として正の実数\(M>0\)を導入したとき、\begin{equation*}
f\left( x\right) >M
\end{equation*}が成り立つならば、「\(f\left( x\right) \)は\(M\)よりも大きい」と言えます。\(x\rightarrow -\infty \)のときに\(f\left( x\right) \rightarrow +\infty \)であることは、以上のような2つの実数\(N,M\)の関係として表現することになります。

具体的には、まず、\(f\left( x\right) \)の大きさを表す値\(M\)を任意に選びます。今、\(x\rightarrow -\infty \)のときに\(f\left( x\right) \rightarrow +\infty \)が成り立つのであれば、ある値\(N\)より小さい任意の\(x\)について\(f\left( x\right) \)は\(M\)よりも大きくなるはずです。これを定式化すると、\begin{equation*}
\exists N<0,\ \forall x\in X:\left( x<N\Rightarrow f\left( x\right)
>M\right)
\end{equation*}となります。\(x\rightarrow -\infty \)のときに\(f\left( x\right) \rightarrow +\infty \)となる場合には、最初に設定する\(M\)をどれほど大きくしても同様の議論が成立するはずです。そこで、\begin{equation*}
\forall M>0,\ \exists N<0,\ \forall x\in X:\left( x<N\Rightarrow f\left(
x\right) >M\right)
\end{equation*}が成り立つこととして、\(x\rightarrow -\infty \)のときに\(f\left( x\right) \rightarrow +\infty \)が成り立つことの定義とします。つまり、関数\(f:\mathbb{R} \supset X\rightarrow \mathbb{R} \)に対して\(\lim\limits_{x\rightarrow -\infty }f\left( x\right) =+\infty \)が成り立つことの意味をイプシロン・デルタ論法にもとづいて定義したものが上の論理式です。

例(負の無限大において正の無限大に発散する関数)
関数\(f:\mathbb{R} \rightarrow \mathbb{R} \)はそれぞれの\(x\in \mathbb{R} \)に対して、\begin{equation*}
f\left( x\right) =x^{4}
\end{equation*}を定めるものとして定義されているとき、\begin{equation*}
\lim_{x\rightarrow -\infty }x^{4}=+\infty
\end{equation*}が成り立つことを示します。これを厳密に表現すると、\begin{equation*}
\forall M>0,\ \exists N<0,\ \forall x\in
\mathbb{R} :\left( x<N\Rightarrow x^{4}>M\right)
\end{equation*}となります。この論理式を示すことが目標です。\(M>0\)を任意に選びます。\(x<0\)については、結論の式を変形すると、\begin{eqnarray*}
x^{4}>M &\Rightarrow &\left\vert x\right\vert ^{4}>M \\
&\Rightarrow &\left\vert x\right\vert >\sqrt[4]{M} \\
&\Rightarrow &-\left\vert x\right\vert <-\sqrt[4]{M} \\
&\Rightarrow &x<-\sqrt[4]{M}
\end{eqnarray*}を得るため、\(M\)に対する\(N\)の候補として\(N=-\sqrt[4]{M}\)を選びます。実際、\(x<-\sqrt[4]{M}\)を満たす任意の\(x\)について、\begin{eqnarray*}
x<-\sqrt[4]{M} &\Rightarrow &-x>\sqrt[4]{M} \\
&\Rightarrow &x^{4}>M
\end{eqnarray*}が成り立つため目標は達成されました。

関数\(f:\mathbb{R} \supset X\rightarrow \mathbb{R} \)の定義域\(X\)が限りなく小さい任意の実数を要素として持つとき、変数\(x\)が\(X\)上の点をとりながら限りなく小さくなるにつれて\(f\left( x\right) \)の値もまた限りなく小さくなるならば、\(x\)が限りなく小さくなるときに\(f\)は負の無限大に発散する(diverge)と言い、このことを、\begin{equation*}
\lim_{x\rightarrow -\infty }f\left( x\right) =-\infty
\end{equation*}で表記します。これはどのような形で厳密に表現できるでしょうか。まず、\(x\rightarrow -\infty \)が成り立つこと、すなわち、\(x\)が限りなく小さいと言うためには、\(x\)の大きさを表す指標が必要です。そこで、\(x\)の大きさを表す指標として負の実数\(N<0\)を導入したとき、\begin{equation*}
x<N
\end{equation*}が成り立つならば、「\(x\)は\(N\)よりも小さい」と言えます。また、\(f\left( x\right) \rightarrow -\infty \)が成り立つこと、すなわち、\(f\left( x\right) \)の値が限りなく小さいと言うためには、\(f\left( x\right) \)の大きさを表す指標も必要です。そこで、\(f\left( x\right) \)の大きさを表す指標として負の実数\(L>0\)を導入したとき、\begin{equation*}
f\left( x\right) <L
\end{equation*}が成り立つならば、「\(f\left( x\right) \)は\(L\)よりも小さい」と言えます。\(x\rightarrow -\infty \)のときに\(f\left( x\right) \rightarrow -\infty \)であることは、以上のような2つの実数\(N,L\)の関係として表現することになります。

具体的には、まず、\(f\left( x\right) \)の大きさを表す値\(L\)を任意に選びます。今、\(x\rightarrow -\infty \)のときに\(f\left( x\right) \rightarrow -\infty \)が成り立つのであれば、ある値\(N\)より小さい任意の\(x\)について\(f\left( x\right) \)は\(L\)よりも小さくなるはずです。これを定式化すると、\begin{equation*}
\exists N<0,\ \forall x\in X:\left( x<N\Rightarrow f\left( x\right)
<L\right)
\end{equation*}となります。\(x\rightarrow -\infty \)のときに\(f\left( x\right) \rightarrow -\infty \)となる場合には、最初に設定する\(L\)をどれほど小さくしても同様の議論が成立するはずです。そこで、\begin{equation*}
\forall L<0,\ \exists N<0,\ \forall x\in X:\left( x<N\Rightarrow f\left(
x\right) <L\right)
\end{equation*}が成り立つこととして、\(x\rightarrow -\infty \)のときに\(f\left( x\right) \rightarrow -\infty \)が成り立つことの定義とします。つまり、関数\(f:\mathbb{R} \supset X\rightarrow \mathbb{R} \)に対して\(\lim\limits_{x\rightarrow -\infty }f\left( x\right) =-\infty \)が成り立つことの意味をイプシロン・デルタ論法にもとづいて定義したものが上の論理式です。

例(負の無限大において負の無限大に発散する関数)
関数\(f:\mathbb{R} \rightarrow \mathbb{R} \)はそれぞれの\(x\in \mathbb{R} \)に対して、\begin{equation*}
f\left( x\right) =-3x^{2}
\end{equation*}を定めるものとして定義されているとき、\begin{equation*}
\lim_{x\rightarrow -\infty }\left( -3x^{2}\right) =-\infty
\end{equation*}が成り立つことを示します。これを厳密に表現すると、\begin{equation*}
\forall L<0,\ \exists N<0,\ \forall x\in
\mathbb{R} :\left( x<N\Rightarrow -3x^{2}<L\right)
\end{equation*}となります。この論理式を示すことが目標です。\(L<0\)を任意に選びます。\(x<0\)については、\begin{eqnarray*}
-3x^{2}<L &\Rightarrow &x^{2}>\frac{-L}{3} \\
&\Rightarrow &x<\sqrt{\frac{-L}{3}}\quad \because x<0,\ L<0
\end{eqnarray*}となります。そこで\(N=\sqrt{\frac{-L}{3}}\)とおくと、\(x<\sqrt{\frac{-L}{3}}\)を満たす任意の\(x\)について、\begin{eqnarray*}
x<\sqrt{\frac{-L}{3}} &\Rightarrow &x^{2}>\frac{-L}{3} \\
&\Rightarrow &-3x^{2}<L
\end{eqnarray*}が成り立つため目標は達成されました。

次回から収束する関数の性質について解説します。

Share on twitter
Twitterで共有
Share on email
メールで共有
DISCUSSION

質問とコメント

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録

RELATED KNOWLEDGE

関連知識

発散する関数
関数の無限極限

実数の区間上に定義された実数値関数が点において発散することや、無限大や無限小において発散することの意味を解説します。

関数の無限極限
関数の片側無限極限

関数の変数がある点に右側もしくは左側から近づくときに、変数の値が無限大や無限小へ発散する場合には、それらの極限を片側無限極限と呼びます。

無限大における関数の極限
無限大における関数の極限

実数の点集合上に定義された実数値関数について、変数の値が限りなく大きくなる場合や限りなく小さくなる場合の関数の極限を定義します。

関数