教材一覧
教材検索
FUNCTION

正弦関数(sin関数)

目次

< 前のページ
次のページ >
Share on twitter
Twitterで共有
Share on email
メールで共有

 

正弦関数

それぞれのラジアン\(\theta \in \mathbb{R} \)に対して、その正弦\begin{equation*}\sin \left( \theta \right) \in \mathbb{R} \end{equation*}を定める関数\(\sin :\mathbb{R} \rightarrow \mathbb{R} \)を正弦関数(sine function)やサイン関数などと呼びます。正弦の定義より、ラジアン\(\theta \)の動径と単位元が交わる点を\(P\)とするとき、\begin{equation*}\sin \left( \theta \right) =\text{点}P\text{の}y\text{座標}
\end{equation*}という関係が成り立ちます(下図)。

図:正弦関数
図:正弦関数
例(正弦関数)
正弦関数\(\sin :\mathbb{R} \rightarrow \mathbb{R} \)に関して、\begin{eqnarray*}\sin \left( 0\right) &=&\sin \left( 0^{\circ }\right) =0 \\
\sin \left( \frac{\pi }{6}\right) &=&\sin \left( 30^{\circ }\right) =\frac{1}{2} \\
\sin \left( \frac{\pi }{4}\right) &=&\sin \left( 45^{\circ }\right) =\frac{\sqrt{2}}{2} \\
\sin \left( \frac{\pi }{3}\right) &=&\sin \left( 60^{\circ }\right) =\frac{\sqrt{3}}{2} \\
\sin \left( \frac{\pi }{2}\right) &=&\sin \left( 90^{\circ }\right) =1 \\
\sin \left( \pi \right) &=&\sin \left( 180^{\circ }\right) =0
\end{eqnarray*}などが成り立ちます。

 

正弦曲線

正弦関数\(\sin \left( \theta \right) \)のグラフを正弦曲線(sine curve)やサイン・カーブなどと呼びます。ラジアン\(\theta \)の値が\(0\)以上\(2\pi \)以下の値をとる場合、正弦\(\sin \left( \theta \right) \)の値は以下のように変化します。$$\begin{array}{cccccccccc}\hline
\theta ラジアン & 0 & \cdots & \frac{\pi }{2} & \cdots & \pi & \cdots & \frac{3}{2}\pi & \cdots & 2\pi
\\ \hline
\theta 度 & 0^{\circ } & \cdots & 90^{\circ } & \cdots & 180^{\circ } & \cdots & 270^{\circ } & \cdots & 360^{\circ } \\
\hline
\sin \left( \theta \right) & 0 & \nearrow & 1 & \searrow & 0 & \searrow & -1 & \nearrow & 0 \\ \hline
\end{array}$$

表:正弦関数の変化

以上を踏まえた上で、ラジアン\(\theta \)の値が\(0\)以上\(2\pi \)以下の値をとる場合の正弦曲線を描くと以下が得られます。

図:正弦関数のグラフ
図:正弦関数のグラフ

 

正弦関数の周期性

ラジアン\(\theta \)の動径と単位円が交わる点が\(P\)であるとき、任意の整数\(n\in \mathbb{Z} \)について、ラジアン\(\theta +2n\pi \)の動径と単位円が交わる点もまた\(P\)です。これは正弦関数が周期\(2\pi \)の周期関数であることを意味します。したがって、正弦曲線は下図のように\(2\pi \)ごとに同じ形を繰り返す形状をしています。

図:正弦関数のグラフ
図:正弦関数のグラフ
命題(正弦関数の周期性)
正弦関数\(\sin :\mathbb{R} \rightarrow \mathbb{R} \)が与えられたとき、任意の\(\theta \in \mathbb{R} \)と任意の\(n\in \mathbb{Z} \)に対して、\begin{equation*}\sin \left( \theta +2n\pi \right) =\sin \left( \theta \right)
\end{equation*}という関係が成り立つ。

例(正弦関数の周期性)
上の命題より、\begin{eqnarray*}
\sin \left( 0\right) &=&\sin \left( \pm 2\pi \right) =\sin \left( \pm 4\pi
\right) =\cdots =0 \\
\sin \left( \frac{\pi }{2}\right) &=&\sin \left( \frac{\pi }{2}\pm 2\pi
\right) =\sin \left( \frac{\pi }{2}\pm 4\pi \right) =\cdots =1 \\
&&\vdots
\end{eqnarray*}などが成り立ちます。

ラジアン\(\theta \)は任意の実数を値としてとり得るため、正弦関数は全区間\(\mathbb{R} \)上に定義可能です。正弦曲線の形状から明らかであるように、正弦\(\sin \left( \theta \right) \)は\(-1\)以上\(1\)以下の任意の値をとり得るため、全区間上に定義された正弦関数\(\sin :\mathbb{R} \rightarrow \mathbb{R} \)の値域は有界閉区間\(\left[ -1,1\right] \)です。

 

正弦関数は奇関数

ラジアン\(\theta \)の動径と単位元が交わる点を\(P\)で表し、ラジアン\(-\theta \)の動径と単位円が交わる点を\(P^{\prime }\)でそれぞれ表すとき、これらの2つの点は始線(\(x\)軸の正の部分)に対して対象の位置にあるため、\begin{equation*}-\left( P\text{の}y\text{座標}\right) =P^{\prime }\text{の}y\text{座標}
\end{equation*}という関係が成り立ちます。正弦の定義より、これは、\begin{equation*}
\sin \left( -\theta \right) =-\sin \left( \theta \right)
\end{equation*}が成り立つことを意味します。一般に、任意の\(x\)に対して、\begin{equation*}f\left( -x\right) =-f\left( x\right)
\end{equation*}を満たす関数を奇関数(odd function)と呼びますが、上の事実は正弦関数が奇関数であることを示唆しています。

命題(正弦関数は奇関数)
正弦関数\(\sin :\mathbb{R} \rightarrow \mathbb{R} \)は奇関数である。すなわち、任意の\(\theta \in \mathbb{R} \)に対して、\begin{equation*}\sin \left( -\theta \right) =-\sin \left( \theta \right)
\end{equation*}が成り立つ。

ラジアン\(\theta \)の動径と単位元が交わる点を\(P\)で、ラジアン\(\theta +\pi \)の動径と単位円が交わる点を\(P^{\prime }\)でそれぞれ表すとき、これらの2つの点は原点に対して対象の位置にあるため、\begin{equation*}P^{\prime }\text{の}y\text{座標}=-\left( P\text{の}y\text{座標}\right)
\end{equation*}という関係が成り立ちます。正弦の定義より、これは、\begin{equation*}
\sin \left( \theta +\pi \right) =-\sin \left( \theta \right)
\end{equation*}が成り立つことを意味します。

命題(正弦関数の性質)

正弦関数\(\sin :\mathbb{R} \rightarrow \mathbb{R} \)は任意の\(\theta \in \mathbb{R} \)に対して、\begin{equation*}\sin \left( \theta +\pi \right) =-\sin \left( \theta \right)
\end{equation*}が成り立つ。

次回は三角関数の1つである余弦関数(コサイン関数)について学びます。

< 前のページ
次のページ >
Share on twitter
Twitterで共有
Share on email
メールで共有
RELATED KNOWLEDGE

関連知識

ラジアン

三角比

直角三角形を用いて三角比(正弦・余弦・正接)を定義した上で、それを一般化する形で三角比を定義します。

正弦関数

正弦関数の微分

正弦関数は数直線上の任意の点において微分可能であるとともに、その導関数は余弦関数と一致します。したがって、任意の微分可能な関数と正弦関数の合成関数もまた微分可能です。

sin関数

正弦関数(sin関数)の極限

正弦関数(sin関数・サイン関数)について、その極限、片側極限、および無限大における極限を求める方法を解説します。

三角関数

三角関数の極限公式

関数 sin(x)/x の点0における極限および無限大における極限を求めます。この関数の極限を利用することにより正弦関数に関する様々な関数の極限を容易に導出できるようになります。加えて、三角関数の微分について考える際にもこの関数は重要な役割を果たします。

DISCUSSION

質問とコメント

プレミアム会員専用コンテンツです
ログイン】【会員登録

関数